カテゴリー「演劇・舞台」の4件の記事

2015.04.08

4/5 が~まるちょばカンパニー@KAAT

サイレントコメディで有名なが~まるちょばのライブを見に行きました。tvkとかでCMとかよく流れていて、興味があったので。
今回はじめて、「が~まるちょばカンパニー」という6人組での公演だそうです。

Dsc_0288

2部構成になっていて、第1部は「HERO」というタイトルがついたサイレント劇です。昔ヒーローだった老人が主役という物語です。笑いあり、涙ありの面白い劇でした。予想以上にちゃんとした演劇という感じで、むしろストーリーに物足りなさを感じました。もっと複雑でもいいかも。でもサイレントだし難しいのかな、という感じもしますね。

第2部はチアリーディングのコメディとバンド。正直歌はアレですが、演奏はかなり本格的でしたね。

お客さんのいじり方とかも慣れていて、面白かったです。KAATでは結構演っている感じなので、また行ければいいなと思います。

| | コメント (0)

2012.01.15

第三舞台「深呼吸する惑星」ライブビューイング

80~90年代を代表する演劇集団、「第三舞台」がついに10年ぶりに復活、そして同時に解散となってしまいました。私もこの最終公演が見たかったのですが、チケットが取れず残念がっていたのですが、千秋楽をライブビューイングするというので行って来ました。

Dsc_0041

ストーリーは意外にもSF。地球の植民地となった辺境の星での話です。そして予想以上にわかりやすいストーリーで、久しぶりに演劇を見た私にもすんなりと入れました。ただ、この10年ですっかり丸くなったなぁという感じもしました。露骨にやばいネタもなかったし、脂の乗り切った俳優さんたちの演技にも安心して見れたという感じです。その分、物足りない感じも多少はありました。でもほっとしたという気持ちが大きかったです。

解散してしまうのは残念ですが、復活した後またやきもきさせるのもアレですから、正直解散してしまうのはいい判断だと思います。もう第三舞台なんていう名前に頼る方たちじゃありませんから。それぞれ、また元気な姿を見せて欲しいです。

| | コメント (0)

2008.01.28

ドラリオン

フジテレビでやたら宣伝しているアレです。東京最終とのことなので、観てきました。サイトはこちら

Dralion

「シルク・ドゥ・ソレイユ」が公演しているサーカスです。古くは「サルティンバンコ」とか「アレグリア」とか名前だけはフジのCMで頭にこびりついてますが、観に行ったのは今回が初めてです。サーカス自体、たぶん子供のときに一度観てから今回が二度目だと思います。

正直、あまり期待はしていなかったのですが、予想以上に面白かったです。やはり、体を張った芸というのは人を感動させます。いい歳して「オオーッ」と声を上げて楽しんでしまいました。ただ大道芸をするだけでなく、音楽や踊りなど、美術面でもみせてくれます。このへんは普通のサーカスと違うところですね。もちろん笑いもしっかり取ります。

ところで、いまだに「著名人を集めて応援団」とかやってるフジの宣伝手段は何とかなりませんか。こういうの効果ないしかっこ悪いと思うんですけど。

| | コメント (0)

2008.01.13

BLUE MAN GROUP

なんとなく面白そうだったので、衝動的に行ってきました。サイトはこちら

Bluemangroup

簡単に言うと「青塗り三人男のコメディショー」。内容は、パンフにも書いてある「MUSIC×ART×COMEDY」がまさにそのとおりだと思います。私はもっとパントマイム的な、大道芸的なものをイメージしていたんですが、芸としてはドリフのヒゲダンスのうまいやつって感じですね(30代以上限定ネタ)。それほど芸に感心するわけでもなく、面白いのはお客さんいじりのところくらいなので、終始爆笑というわけでもなく、ほとんど演出とキャラクターでみせてる感じがしました。

まあまあ面白かったです。暇つぶしにはなりました。

| | コメント (0)