カテゴリー「コミック」の99件の記事

2017.04.21

亜人ちゃんは語りたい 第1~5巻

いやーそういえば第1巻から読んでたんだけど、レビュー書いてなかったことに気が付きませんでした。もうアニメ化もされたのに。

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス) 亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤングマガジンコミックス)
亜人ちゃんは語りたい(3) (ヤングマガジンコミックス) 亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス)
亜人ちゃんは語りたい(5) (ヤングマガジンコミックス)(amazon)

ペトス先生の漫画です。過去の伝承としてしか伝えられてなかったような、特殊能力を持つ人間、「亜人」(デミ)が高校生活を送るという、ファンタジー系の日常系漫画です。特殊能力をもつのは、この作品内では女生徒だけなのですが、この女生徒の面倒を見る高橋鉄男先生が、実は学生時代からデミの存在に興味津々で、彼女らに接していきます。ヴァンパイアのひかり、雪女の雪、デュラハンの町、そしておまけに同じ教師のサキュバスの佐藤先生。彼女らの伝承には、暗くなってしまうことも多いのですが、彼女らはとても楽しく生きています。そしてこれがこの漫画の一番の見どころですが、デミ好きの高橋先生が実際にデミちゃんたちの行動を目の前にして、これはどんな時に、どういう現象で、何が起こるのか、それはなぜなのか、というのを実に理屈っぽく頭を働かせていきます。このシーンがなんか微笑ましい。そしてそういう目で見て話してくれる高橋先生のことが、デミちゃんたちは大好き、というところがいいんですね。

4巻のラストに、番外編として透明人間が出てきましたね。これははやり番外編オンリーなのかな。ほかのデミちゃんたちとドタバタやってくれると面白そうだけどなぁ。あと5巻には新しいデミちゃんとして座敷わらしがでてきました。この子はこれからも出てくれそうです。楽しみですね。

あともちろん、デュラハンサキュバス佐藤先生の高橋先生催淫メロメロ作戦、がんばってくださいね。
アニメ化はまだ見てませんが録画済みなので、見れる時を楽しみにしてます。

| | コメント (0)

2017.01.11

悪魔のメムメムちゃん 第1巻

これはツイートで知って買って読んでみました。面白いです。

悪魔のメムメムちゃん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)(amazon kindle)

男子高校生、小日向のもとに夜中来たのは淫魔(サキュバス)のメムメムちゃん。これがかなりのダメ悪魔で、悪魔らしいことが何もできない。幼児体形でエロいこともできない(まあ好きな人は好きだと思いますが)。というか、メムメムちゃんは小日向の住むアパートの家主の女性がエロいという理由で怖がり、気絶するほど。悪魔のくせに気が弱いというのも面白いです。で、ほかに相手もいないから、毎日小日向のもとに「魂くれませんか」と出てきます。いやなんかもうくだらなくて面白い。メムメムちゃんのダメっぷりがカワイイです。でもこんな悪魔が毎日来る小日向のほうにも同情しちゃいますね。次巻が楽しみです。

| | コメント (0)

2016.12.24

大正処女御伽話 第1~3巻

大正時代のラブコメです。タイトルの読み方は「たいしょうおとめおとぎばなし」。

[まとめ買い] 大正処女御伽話(ジャンプコミックスDIGITAL)(amazon kindle)

時は大正。富豪の家族に生まれた珠彦(たまひこ)は、交通事故で右手の自由を失い、父からも見捨てられて田舎の別荘でいわゆる「引きこもり」生活をしていた。そこに少女・夕月(ゆづき)がやってくる。彼女は珠彦の父から金で買われた少女で、珠彦の嫁となるべくやってきた。珠彦は父から見捨てられたショックでふさぎ込んでいたが、夕月の献身的な世話でだんだん心を開いていく・・・といった内容です。

とにかく夕月のいい子っぷりがいいですね。背は小さいですがくせっ毛と実は巨乳が悩み。素直で献身的な性格で、珠彦の家族や村の人々も、だんだんと夕月に心を開いていきます。読んでる自分のほうまで夕月に惹かれてしまいます。

しかし問題の第3巻、東京に親友と会いに行った夕月、そのときに関東大震災が起こってしまいます。夕月は無事なのか?珠彦は悩みますが、決心して東京に夕月を探しに行きます。そしてさらに性格の悪そうな珠彦の兄と姉が出てきます。この辺りは読んでのお楽しみに、ということで。珠彦と夕月のハッピーエンドになってほしいですね。

| | コメント (0)

2016.04.09

ふらいんぐうぃっち 第1~4巻

評判がいいので最近買いましたが、アニメ化が決まってたんですね。

ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス) ふらいんぐうぃっち(2) (講談社コミックス)

ふらいんぐうぃっち(3) (講談社コミックス) ふらいんぐうぃっち(4) (講談社コミックス)(amazon)

横浜から青森に引っ越してきた高校生の少女、真琴。彼女は実は新人魔女でした。しかし魔女だからどうということはなく、青森での生活に溶け込んでいきます・・・という感じの、日常系の漫画です。この日常系、いいですよね。魔女は真琴の姉から、姉の友達や知人などたくさん出てきますが、誰もみな魔女だから派手な魔法をかけたり、ということはなく、ただ淡々と過ごしています。そして舞台となる青森の田舎感がいいですね。ゆったりした空気が流れます。
作画的には「よつばと!」っぽいですね。舞台的には「魔女の宅急便」が近い感じがします。でも個人的には大好きな「ヨコハマ買い出し紀行」に似てるなぁと思いました。このゆったり感が。

あと、個人的に4巻に出てくるハマベーというキャラクターが好きです。どこかで見たことのあるキャラクターですが、なんかかわいい。

アニメも楽しみです。

| | コメント (0)

2016.01.30

ぬこづけ! 第1~4巻

猫が出てくるマンガに本当に弱いんですが。

ぬこづけ! (花とゆめCOMICS)ぬこづけ! 2 (花とゆめCOMICS)

ぬこづけ! 3 (花とゆめCOMICS)ぬこづけ! 4 (花とゆめCOMICS)
(amazon)

「花とゆめ」や「花とゆめonline」に連載中のマンガです。なのでまあ少女マンガですね。このマンガでは「ぬこ」という、人間のように進化した猫がいる世界で、フリーターの悠哉が、捨てられていたぬこの「ケイ」と「ささめ」を拾って育てていくという内容になっています。ケイは見た目は女の子っぽいですがしっかりもののオス、ささめは男の子っぽいくどきセリフを天然で言っちゃうようなメスです。ぬこは頭は人間だが体が猫って感じで、猫らしい態度を取るところがどうにもカワイイ。こんな動物飼っていたらメロメロになるのは当たり前だろ!という感じです。しかもケイとささめはとても良い性格。いいなぁ。このあと、ぬこはケイの双子の姉であるカナも出てきます。できれば、もっと色んな種類のぬこたちを登場させて欲しいです。

個人的には、3巻から出てきた犬の銀次郎が好きですね。とても凛々しくてぬこたちの世話役にもなってくれそう。あと、単行本のカバー裏に掲載されている、登場人物の種族が入れ替わった「もしぬこ!」というショートマンガがお気に入りです。
このマンガ、少女マンガなので本屋さんじゃちょっと買いにくいんですけどね・・・。

| | コメント (0)

2015.03.27

しらたまくん 第1巻

こちらも猫マンガです。

しらたまくん 1 (ヤングジャンプコミックス)(amazon)

高校に、人間と同じ知性をもった猫が入学してきた、という話です。名前は白玉君。人間扱いされていますが正真正銘の猫なので、人間のように振舞おうとしても、どうしても猫の習性には逆らえないという白玉君の苦悩が書かれています。そして、今までは腫れ物に触るような感じで周りの人が接してきたのに対して、ヒロイン?の鈴川さんが白玉君に積極的にアプローチしていきます。ちょっとうっとおしく感じているような白玉君ですが、だんだん仲が良くなっていく感じです。1巻の最後は、白玉君が入れるような部活がないので、新たに部を作ろう!というところで終わっています。これはこれから部活マンガになっていくということなんでしょうかね。
まあ、なんにしてもノートパソコンの上で踊ったり、水を怖がったり、なでられてゴロゴロしちゃう白玉君かわいい。

| | コメント (0)

2015.03.19

ODETTE 第1巻

猫?マンガです。コミックナタリーで紹介されていて面白かったので。一話分が読めます。

オデット ODETTE(1) (ポラリスCOMICS)

猫顔の「彼」氏と、ちょっとドジな普通の女の子のデートマンガです。彼氏はまんま猫顔なんですが、別に猫という設定ではないようで、普通に生活しています。ほとんどしゃべらず、ダンディな感じで、猫ではないので猫らしいしぐさはほとんどないんですが、それでもたまに猫っぽいしぐさが入ると「あ、猫っぽい!」と思わずニヤリとしてしまいます。あとはラブラブな感じがいいですね。読んでいてほほえましいです。

| | コメント (0)

2014.11.28

うどんの国の金色毛鞠 第1~4巻

なんか「育児」と「タヌキ」というのが個人的には好きなようで・・・

うどんの国の金色毛鞠 1 (BUNCH COMICS) うどんの国の金色毛鞠  2 (BUNCH COMICS)
うどんの国の金色毛鞠  3 (BUNCH COMICS) うどんの国の金色毛鞠 4 (BUNCH COMICS)(amazon)

月刊コミック@バンチに連載されているマンガです。東京から実家の香川県のうどん屋に戻ってきた主人公の宗太、そこには子供が住み着いてた。実はその子供はタヌキが化けた姿だった。そして宗太とタヌキのポコの共同生活が始まって・・・という感じのストーリーです。

とにかくタヌキのポコがかわいい。タヌキ姿もかわいいけど、人間の姿もかわいい。そしてポコを育てる宗太の姿はモロに育児ですね。こういうの好きなんですよ。そして宗太の周りにはいろいろな人がいますが、ポコがタヌキであることをほかの誰かにばらしてはいけません。このあたりのポコの健気さもかわいいんです。

そして香川県という舞台をうまく表現しているのもいいですね。うどんをはじめとする郷土料理やローカルネタなどがたくさん出てきます。舞台訪問とかもしてみたい。

| | コメント (0)

2014.10.31

ハクメイとミコチ 第1~2巻

こういうのが好きなんです。

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) ハクメイとミコチ 2巻 (ビームコミックス)(amazon)

前から表紙を見て「これ面白そうだなぁ、でも外すことも多いからなぁ」となんとなく食わず嫌いをしていたのですが、kindleで安売りしていたので買ってみました。予想以上に面白かった。
男まさりのハクメイと料理と裁縫にうるさいミコチという二人の小人?コロボックル?の物語です。二人は森のなかに住んでいて、この世界では小人のほか、小動物や昆虫とも共生しているようです。そんななかで起こる物語。基本的に1話完結です。ストーリーはまったり。そして絵の描き込みがものすごい。なんかとても読んでいて楽しいマンガです。

| | コメント (0)

2014.08.26

姫さま狸の恋算用 第1~2巻

ミヨちゃんかわいい。

姫さま狸の恋算用(1) (アクションコミックス) 姫さま狸の恋算用(2) (アクションコミックス)(amazon)

漫画アクションに連載中のコミックです。男子高校生の大和陸が、ある日狸のミヨちゃんが自分の許嫁だと両親に告げられ、さらにご先祖様より、狸を助けることで徳を集め、狸界の長となることを命じられる、という話です。
まああと幼馴染に片思いな設定とか、狸と人との間に起こった過去とかいろいろあるんですが、そんなことはどうでもよくて、狸のミヨちゃんが超かわいい!特にキラキラした瞳とフサフサの尻尾が。ミヨちゃんは人間の姿にも化けられますが、むしろ狸のままでいいです(ヒドイ)。ミヨちゃんがユルく大活躍する漫画になってください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧