カテゴリー「AV・家電」の45件の記事

2017.06.17

バルミューダ The GreenFan

前からほしいと思っていたGreenFanを購入しました。

バルミューダ 省エネ 静音 リビング扇風機 The GreenFan(グリーンファン)| EGF-1600-WK(ホワイト×ブラック)(amazon)

バルミューダのDC扇風機ですね。前からずっと気になっていましたが、ちょっとお値段高めなので躊躇していました。でも前から使っていたシャープの扇風機ももう4年経つし、思い切って買い替えました。

デザインはさすがにキレイですね。LEDの派手さもないし、しばらく置くと暗くなってくれるのもいいです。大手家電メーカーにあるような余計な機能は一切ないというシンプルさもいいです。でもファンカバー含めて全部プラスチックなのがちょっと。これが軽さにも貢献しているんでしょうけど、年月が経つと劣化しそうな気がします。

音は流石に静か。首振りはさすがにちょっと音が出ますね。今はまだ気にならない程度。ファンの強さは4段階。それほどファンは強くないので、1~3まで臨機応変に使っています。
首振りは手で両端を教えるという、今までにない機能ですね。ただ使っている感じ、そんなに正確に覚えてくれる感じではないです。大体かな。止めると正面を向いたりするのは面白いですね。手間がかかっているなぁと思います。

まあ、あとは何年もってくれるかなぁというところですかね。劣化が気になります。

| | コメント (0)

2017.06.03

パナソニックゴリラ CN-SP507VL

悩んでいたカーナビですが、これを選びました。

パナソニック Gorilla SSDポータブルカーナビステーション 5v型 CN-SP507VL(amazon)

パナソニックのPND、ゴリラですが、これは2012年に発売されたもので、中古で手に入れました。14000円くらいだったかな。

なぜ最新ではなくコレを選んだかというと、それは、5インチの大きさでFM-VICSが使えるからです。最近のゴリラは、7インチでしかVICSに対応していません。私が知る限り、この機種が5インチでVICSが付く最新の機種だったと思います。車に合わせると、5インチのナビを選びたかったんですよね。

そしてこれを選んだ理由がもう一つ、それはゼンリンで最新の地図データが購入できることです。購入時についていた地図データは2012年度版で、まあ使えないことはないのですが、やはり最新の地図を使いたいですね。7月に2017年度版が出るらしいので、それを待とうと思っています。10000円弱といったところですが・・・

ナビを使ってみた感じですが、ちょっとタッチ画面の反応が悪いかな、という感じ。あと、起動からGPS捕捉まで数分かかりますね。最新の機種と比べると、捕らえる数も少ないし、みちびきも捕らえられないので、その辺は仕方がないかなぁと思います。でも捕らえてからの動きはきびきびしてるし、いいと思います。

性能面や地図の新しさから考えると、スマホカーナビのほうがよかったんですけど、やはり乗車してエンジンONですぐにナビが使えるのがいいですね。しばらくこれで行こうと思います。

| | コメント (0)

2016.09.06

バッファロー TV録画用外付けHDD HDV-SA2.0U3/V

今までブルーレイレコーダーの拡張用に外付けHDDをいろいろ使ってみたりしてたのですが、不満もありました。そんなとき下の記事を見て、「これはいいんじゃないか?」と思い選んでみました。
http://av.watch.impress.co.jp/topics/buffalo1603/
購入したのは2TBで、SeeQVault非対応のものです。ソニーのブルーレイレコーダーはSeeQVault非対応なので・・・。

BUFFALO 24時間連続録画対応 AV向けドライブ採用 高耐久 静音 3.5インチ外付けHDD 2TB HDV-SA2.0U3/V(amazon)

スペック的には、ただの3.5インチの外付けHDDだな、という感じですが、記事を読むと、TV録画用としてのコダワリというのがあるように感じました。で、実際に使ってみると、確かにコダワリを感じです。

第一に動作音の小ささですね。本当にほとんど動作音は感じません。回転音やシーク音も感じないですね。第二にLEDランプの控えめさ。今までの外付けHDDはアクセスに対して派手に点滅し、スリープ状態でも点滅してしまうものが多かったです。しかも明るすぎる青色LEDで。その点このHDDは、電源ONまたはリード時は緑色に、ライト時は赤色に点灯するだけ。スリープ時は消えています。明るさも控えめで、かなりの好印象です。

個人的に残念と思ったのは2点。一点は電源ですね。ACアダプタじゃなくて電源内蔵のほうが、電源タップにかさばらずに嬉しかったのですが。もう1点はUSBケーブル。珍しく長めの物が付いてきます。これは本当に個人的な理由ですが、私の場合はHDDをブルーレイレコーダの上に置くだけですので、短いほうが良かったです。長いのと短いの両方添付してくれたらよかったですね。

普通のHDDよりちょっとお高め感がありますが、信頼性も高そうですし、結構気に入りました。

| | コメント (0)

2016.07.02

洗濯機を買い替え

洗濯機を買い替えました。
今まで使っていた洗濯機は買ったのが2000年。もう15年以上使っていたのですが、実はまだ元気でした。でもそろそろ買い替えたいなぁ・・・、と思い。

今まで使っていたのはシャープですが、今回はAQUAにしました。5Kgのものです。

アクア 5.0kg 全自動洗濯機 ホワイトAQUA AQW-S50D-W(amazon)

今までの洗濯機と変わったところといえば、単純に洗濯時間でしょうか。今までは1時間近くかかっていたのですが、それが30分程度に収まるようになりました。汚れ落ちが良くなったか?というと、正直よくわかりませんね。音は静かになった気がします。説明書を読むと、洗い、すすぎ、脱水時間を細かく設定できるみたいで、それを記憶させることもできるみたいです。でも個人的には「おすすめコース」しか使わないなぁ、という感じ。

まあ物欲が満たせてよかったかな、という程度でした。

| | コメント (0)

2016.02.07

ソニーBDレコーダー BDZ-ET1200

またBDレコーダーを買い換えました。2013年11月に購入したBDZ-EW1000からの買い替えです。すでにBDZ-ET1100を持っているので、これで3チューナー2台体制となりました。ノジマでちょっと安くしてもらって63000円くらいでした。

SONY HDD1TB 3チューナー ブルーレイレコーダー BDZ-ET1200(amazon)

基本的な使い勝手は、BDZ-ET1100とたいして変わりませんね。本体の大きさも同じ。リモコンも同じ小型のスライド式のリモコンです。無線LANも標準搭載。本体のデザインはずいぶんシンプルになった感じです。悪い意味では安っぽい。電源とディスク開閉ボタンが本体上部についているのは変わってます。

画面操作もいつものクロスメディアバー。これも機能が増えてしまったぶん、項目が増えてしまってかえって使いにくくなってきた感じがします。初めて採用されたのはPSX、当時は斬新な画面操作ですごいと思ってましたが、もうそろそろ変換どきかも。

個人的に一番ショックだったのは、本体にLED画面がなくなってしまったこと。これ、購入するまで気が付きませんでした。録画再生中にチラチラと再生時間を見るクセがついている私としては、再生時間がわからないというのはどうにも不便。ローコストのためだとは思うんですけど、なくさないでほしかったなぁ。

追加された機能としては、ユーザー録画ランキングでしょうか。でもこれってボタン一つで見れるものでもないので使いにくいし、そもそも私にはあまり興味がないので、使わないでしょうね。

あと、いままで何とかしてほしかったレコーダ間の引っ越し機能、今回やっとLAN経由でできるようになりました。ですが今回はまだ過去の機種との引っ越しは不可ということで、残念ながら今回はいままで同様、録画番組をブルーレイディスクを使ってせっせと引っ越しすることになります。本当ならSeeQVault対応してほしかったんですが。

お店で展示を見る限り、ソニーのBDレコーダーの一番のウリポイントは、スマホやタブレットでのストリーミング視聴ができる点ですね。録画番組だけでなく、放送中の番組も見れるようになっています。ただ、私はテレビで普通に見ているので、ストリーミング視聴使ってないんですよね。なんというかもったいない。

この機種、発売開始が2014年の11月で、結局2015年は一度も新機種の発表がありませんでした。うわさによると、メインSoCを他のメーカーに変更するのに時間がかかっているという話も聞きます。その間に他のメーカーはほとんど全録がメインになりました。ソニーはもうここ5年くらいほとんど主な機能は変更してないように思います。全録レコーダーも出していませんし。

本当は今回、パナソニックが6チューナー2TBというすごいレコーダーを出したので、ソニー2台をそれ1台に変えちゃおうかなぁと思っていました。でも、個人的なレコーダー用途としている、深夜アニメを可能な限り録画して一気見する、という使い方では、やはりソニーのレコーダーが一番安心できるんですよね。特に放送時間がコロコロ変わりやすい深夜アニメに対して「番組名録画」ができるのが本当にありがたい。これができるのはソニーのレコーダーだけみたいなんですよね。なので今回もソニーにしてしまいました。

でも、ソニーも他のメーカーに合わせて、多チューナーとSeeQVault対応はお願いしたいです。

| | コメント (0)

2014.11.11

ソニーBDレコーダー BDZ-ET1100

またBDレコーダーを買い換えました。2年前に購入したBDZ-AT950Wからの買い替えです。せっかくなのでトリプルチューナー機にしてみました。買った時点ではまだ最新機種でしたが、つい最近次期モデルが発表されました。

SONY ブルーレイディスクレコーダー/DVDレコーダー HDD 1TB搭載 BDZ-ET1100(amazon)

去年買ったBDZ-EW1000との違いは、まず機器の大きさ。ダブルチューナー機は小さいんですが、トリプルチューナー機は大きめです。とはいっても今回買い換えるAT950Wと同じ大きさなので、気にはならないです。

付属のリモコンがリニューアルしました。小型になり、昔のケータイのようにスライドします。しかし私は付属のリモコンはほとんど使わず、マルチリモコンを使っているので、このリモコンの使い勝手はよくわかりません。

無線LANが標準搭載されています。これは嬉しいですね。ただ、自分はほとんどネットワークを使っていないのでもったいないです。時々、出先から番組予約をやりたくなることがあるので、それは使ってみたいと思います。あと、ネットに繋いでいると、もくじでジャンプというのが使えるようになります。これはBS放送にはつかないみたい?

トリプルチューナーの3番目のチューナーは、若干の機能制限があります。一度DRモードで保存されて、後からトランスコードする仕組みになっていたり。緊急用として使う分には問題はないと思いますが、常用する場合は注意が必要です。

ところで、相変わらずですがBDレコーダーの乗り換えは時間がかかります。外付けHDDも含めて録画データが1.5TBくらいあるのですが、それをすべてブルーレイディスク(BD-RE XL)を使って移動しなければなりません。これが何度もディスクを交換しなければならずとても面倒。それにデータを移動するとダビング10がなくなってしまうのも不満です。最近、著作権保護されたデータを保存する専用のHDDとしてSeeQVaultという規格ができて、パナソニックと東芝がさっそくこれに対応してきました。ソニーもぜひ対応してほしいですね。

| | コメント (0)

2014.09.26

オムロン ねむり時間計 HSL-002C

ここ数年、朝すっきり起きられないことがあることに悩んでました。すっきり起きられることもあるのですが、すっきり起きられないときはどうにもだるくて仕方がないという状態になります。で、これ使ったらすっきり起きられるかも?と思い、オムロンのねむり時間計を購入してみました。

オムロン SleepDesignlite Android&iPhone ねむり時間計 ホワイト HSL-002C-W(amazon)

これは、寝るときに枕元に置いておくと、布団の振動で深い眠りにあるか浅い眠りにあるかを判断して、設定した時間範囲内に浅い眠りにあると判断したときにアラームが鳴る仕組みになっています。そして、何時ごろから寝て、どれくらい寝返りを打って、何時ごろ目が覚めたかを記録してくれます。スマホにデータを転送すれば、グラフで表示してくれ、眠りのタイプを動物診断してくれます。布団の振動を検出するので、固い床に薄い布団といった場所だとうまく動作しない場合があるそうです。

とりあえず1か月ほど使ってみました。使ってみてわかったことは、まあうすうす気が付いてましたが、私は寝つきが悪いということ(寝るのに1時間くらいかかる)、そして眠りが浅めだということ、そして起きるときはとりあえずきっちり起きるということです。私の眠りのタイプは「きっちりモグラタイプ」だそうです。そこからジャンプできる「ねむりラボ」というサイトを見ると、寝つきがよくなるようなアロマオイルなどが紹介されます。

で、すっきり起きられるようになったかというと、まあまあ良くなったかな?という感じです。起きる時間を6:30~7:00に設定しているのですが、その時間内にアラームで起こされるというのは実はあまりなく、ほとんどの場合6:30よりちょっと早く自分で目が覚めます。で、6:30になったかなという頃にねむり時間計をコツンと叩くと、アラームが鳴る、といった感じです。これじゃ意味ないじゃんという気もしますが、強制的に同じ時間にアラームで起こされるよりは、自分の起きたい時間に起きられるぶん、それなりにすっきりと起きられます。ちなみに6:30~7:00に浅い眠りにならない場合ももちろんあり、その時は7:00に強制的にアラームが鳴ります。

私はそのあと、歩数計も体重計もオムロンのものに揃えてみました。これらはすべてNFCを使ってスマホにデータを転送でき、スマホアプリでログを見られるようになります。NFCは本体にスマホをタッチしないといけなくて、それが結構位置を厳密に合わせないといけないのが不満ですね。それ以外はデータが一括管理できてまあまあ満足です。

オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-215F-W ホワイト【ウェルネスリンク対応】 オムロン(OMRON) 活動量計 カロリスキャン WellnessLink ブルーベリー HJA-311-V(amazon)

| | コメント (0)

2014.04.03

パイオニア Wi-Fiスピーカー XW-SMA1-K

ワイヤレススピーカーが欲しいなと思い、Bluetoothでもよかったんですが、DLNAを体験したくて、Wi-Fiで接続できるスピーカーを買ってみました。Amazonで6700円程度でした。安い。

Pioneer スマートモバイルオーディオ XW-SMA1-K(amazon)

最初は、DLNAを使ってみました。RockDiskというアイ・オー・データが出してた組み立て式のNASを使っていたのでこれをサーバーにして、Androidタブレットをコントローラーにして、このスピーカーで聞いてみました。やってみると、再生が途中で止まることがあってなんか不安定。どうもこれはサーバーのNASの問題みたいでした(PCでコントロールしてもNGだったので)。なので、次にAndroidタブレットにMP3ファイルをいれて、タブレットからスピーカーに音を飛ばして聞いてみました。これはOK。ただ、DLNAだと曲間の無音時間が結構長いのが気になりました。

そのあと、iPod touchを使って、AirPlayで繋いで聞いてみました。これだと追加のアプリも必要ないので便利です。曲間の無音時間もありません。さすがApple専用仕様。ただ、時々再生が止まるときがありました。どうもこれは無線LANルーターの問題ではないかなという気がします。

音は低音もよく出てなかなかいい音です。個人的にはスピーカー単体で音質が変更できるとよかったんですが、それができないのは残念です。あと、外部入力とMIXして出力する機能とか欲しかったです。そうすればPCやTVのスピーカーとしても使えるので。

本当にこれならBluetoothでも大差ないんですけどね。まあ安かったのでいいです。

| | コメント (0)

2014.01.21

Bluetoothレシーバー DRC-BTN40

今までスマホ用のBluetoothレシーバーにJabraのCLIPPERというのを使ってました。形がクールでかっこよかったので気に入っていたのですが、しかしこいつがどうにも通信が安定せず、ぶちぶちと途切れます。で、ソニーのDRC-BTN40に乗り換えました。

SONY ワイヤレスオーディオレシーバー ブラック DRC-BTN40/B(amazon)

DRC-BTN40を選んだのは、値段の面もありますが、イヤホンジャックがついていて、好きなイヤホンが使えること。私はコードを首に回すU型(ネックチェーン型)ケーブルのイヤホンが好きなのですが、最近ソニーも巷によくあるY型ケーブルに変えてしまいました。なので、お気に入りのイヤホンが使えることは結構重要です。

使ってみて素晴らしいのは、接続が全然切れないこと。まだ使用中に音が切れたことは一度もありません。残念なのはやはりデザインかなぁ。無骨すぎるというか、面白味のないデザインですよね。あとはちょっと他のレシーバーと比べると値段が高め。でもこれは品質のためだということで仕方がないんでしょうね。長く使える製品だと思います。

| | コメント (0)

2013.11.15

BDZ-EW1000購入

私の持っているブルーレイレコーダーはソニーのBDZ-AT900とBDZ-AT950Wの2台体制でしたが、AT900が購入から2年経って、そろそろ新しいのに買い換えたいなぁと思って、EW1000を購入しました。もう次のEW1100が発表されているので型落ち同然なのですが。AT900同様、ダブルチューナーの1TBモデルです。49800円で購入。

ソニー デジタルHDチューナー内蔵HDD 1TB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-EW1000(amazon)

まずはデザインから。大きさは、AT950Wからさらに一回り小さくなった感じです。幅は同じですが、奥行きと厚さが小さくなりました。どんどん小さくなっていきますね。今までは前面のカバーとブルーレイドライブの口が別々だったのですが、今回は一緒になっていて、ドライブの開閉時にB-CASカードが見えちゃったりするのはちょっと格好悪い感じがしますね。あと、前面が天井の灯りの反射が目立ちやすいデザインがなっているのがちょっと気になります(次機では変わっているようですが)。

機能的にはAT900、AT950Wとほとんど変わりません。AT900では外付けUSBドライブに対応していなかったので、そこが大きな変更点です。細かいところではいろいろ使い勝手がよくなってますね。フォルダ表示にしたときにフォルダのファイルサイズが表示されるようになっているのと、番組表から日時指定をしたときにグラフィカルに日時を指定できるようになったのが気が付いた変更点です。

買い換えの時にいつも悩むのが、録りためた番組の移行なんですが、ソニーのブルーレイレコーダーはブルーレイディスクでデータの移動ができるので、今回はBDXL-REディスクを買って番組を移行しています。時間がかかるのがちょっと難点ですが。

個人的にはソニーのブルーレイレコーダーが一番使いやすいし、録り逃しもなくて安心です。そろそろ2台体制じゃなくて、トリプルチューナー機1台でもいいような気がしますが、定期的に買い換えるのが物欲を満たせるので。

| | コメント (0)