« Wayfarer / 畠山美由紀 | トップページ

2018.12.29

we are here / ゴンチチ

こちらも久しぶり、ゴンチチの新譜が出ました。

「we are here」-40 years have passed and we are here-<UHQCD>(amazon)

オリジナルのアルバムは2011年の「humble music」以来、デュオでないアルバムは2008年の「VSOD」以来、10年ぶりですね。「VSOD」が30周年記念アルバムですから、今回のアルバムは40周年のアルバムとなります。
アレンジは羽毛田丈史さん、菅谷昌弘さんのほかに、初期の頃から久しぶりの清水一登さん、近藤達郎さん、そして新顔のドリアンさんとRaynosさんが参加しています。ゲストミュージシャンも小松亮太さんのほかにタブラにU-zhaanさん、コーラスにmei eharaさんといった若い方も。

で、以下は個人的な感想ですが。
「VSOD」よりは良かったと思うんですが、やはりちょっと物足りない感じ。アルバム全体的に穏やかな明るい曲が続いて、緊張感とかトゲ味、悲しみといった感じの曲がないんですよね。そういう意味では、バリエーションがある「あまんちゅ!」OSTのほうが聴いてて楽しかったなぁと思います。アレンジに新しい方が参加されたのには大賛成で、正直足りないくらい。もういい加減、羽毛田さんや菅谷さんに頼るのもね。あと、せっかくのゲストミュージシャンの音が薄いのが残念。もっと派手に音が入ってくれればなぁと思いました。

まあまだ聴き始めですから、時間が経つとまた印象が変わってくると思います。

今回のインタビュー記事です。
https://natalie.mu/music/pp/gontiti
http://www.e-onkyo.com/news/2251/
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/20130

|

« Wayfarer / 畠山美由紀 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wayfarer / 畠山美由紀 | トップページ