« 海街diary 第9巻 行ってくる | トップページ | we are here / ゴンチチ »

2018.12.21

Wayfarer / 畠山美由紀

畠山美由紀さんのニューアルバムです。

Wayfarer(amazon)

「rain falls」以来5年半ぶりのニューアルバムです。結構長かったですね。今回はあの冨田ラボ、冨田恵一さんの全曲プロデュースです。「罌粟」「耐え難くも甘い季節」といった名曲を作った、私も大好きな方ですから、かなり期待していました。

今回のアルバムの詳しいことは音楽ナタリーのインタビューに書かれていますね。
https://natalie.mu/music/pp/hatakeyamamiyuki02

インタビューによると、今回のきっかけになったのは冨田さんがプロデュースしたbirdの「Lush」を畠山さんがとても気に入って(確かにラジオで大プッシュしてました)、それで畠山さんから冨田さんにアプローチした、とのこと。冨田さんは冨田ラボで「SUPERFINE」や「M-P-C」を作っていましたから、エレクトロニックやサンプリングを使うようになった、昔とは違う冨田さんのアレンジが今回のアルバムにも出ていて、それは今までの畠山さんの曲にはなかった雰囲気なので、すごく新鮮味があります。畠山さんの低めで芯のある歌声が、こういう感じになるのか!という感じ。インタビューでも、今までなかった歌い方をした、と話をしていて、面白いアルバムになったな、と思います。艶もあるし、今までになかったポップス感もあると思います。

このアルバムはお気に入りになりそうです。今一番のお気に入りは先行発表された「会いにいく」ですが、それ例外の曲もバリエーション豊かで聴いていて飽きないです。

|

« 海街diary 第9巻 行ってくる | トップページ | we are here / ゴンチチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海街diary 第9巻 行ってくる | トップページ | we are here / ゴンチチ »