« Kindle paperwhite マンガモデル | トップページ | 開設14周年 »

2017.12.22

covia FLEAZ Que+N

ちょっと緊急事態が起こり、見向きもしていなかったcoviaというメーカーのSIMフリースマホを購入しました。が、これが予想以上に悪くないスマホでした。

COVIA FLEAZ Que +N(フリーズキュープラスエヌ)/ 4.5インチIPS液晶 / SIMフリースマートフォン / micro SIM ×1 / RAM:2GB FLASH ROM:16GB /(amazon)

8月に購入したシャープのAQUOS mini SH-M03が突然壊れてしまいました。起動してそうなのですが、画面が出ずにうんともすんとも言わない状態。購入したお店に問い合わせたところ、購入6ヶ月以内なので保証が効くが、交換品がないため今回は返品手続きになるとのこと。損はしないけど、スマホが手元にないというのはどうにも心細い。そのため急遽新しいスマホを探すことになりました。で、coviaのFLEAZ Que+Nというスマホを選びました。

Dsc00483s

Dsc00481s Dsc00482s

選んだ理由は5インチ未満の小さくて安いスマホ。正直coviaってどこの会社?と思いましたが、国内の会社でした。値段は17000円ほど。MVNOのスマホセットなら更に安く買えるところもあります。大きさは今まで使っていたAQUOS mini SH-M03とほぼ変わらずちょっと厚いくらい。重さもほとんど同じ。手に馴染む大きさです。性能はどうだろうと思いましたが、使ってみた感じはモッサリ感もなくて予想以上にキビキビ動きます。

大きなデメリットは2つ。一つは画面の解像度が荒い点。スマホにフルHDなんていらないと思っていますが、かといってHD以下というのもキツい。デフォルトフォントが大きいので画面が狭く感じ、フォントを小さくすると文字がぼやけてくるという感じです。でも別にそれでも慣れれば大したことありませんでした。もう一つのデメリットはカメラ。イマドキ500万画素しかありません。でも個人的にはたまにしかカメラを使わないので、今のところ全然問題なしです。使ったときに気になるのかも。

隠れたメリットもあります。まずは「+N」のNFC。Felicaではないのでおサイフケータイにはなりませんが、NFC通信ができます。オムロンの歩数計や体重計ともアクセスできました。あとはイマドキ珍しいバッテリー取り外しができるところ。これが必要!という人はいるでしょうね。あとGPSに「みちびき」が使えるようになったり、FMチューナーがあったりと、欲しい人にはコレ!といった機能が結構ついてきますね。

というわけで、コレでいいんだよ、というかこの機能がいいんだよ、という人にはバシッとくるスマホだと思います。私は概ね満足です。壊れなければいいな・・・

|

« Kindle paperwhite マンガモデル | トップページ | 開設14周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kindle paperwhite マンガモデル | トップページ | 開設14周年 »