« 開設14周年 | トップページ | Lotus music & book cafe '18 »

2017.12.30

ソニーBDレコーダー BDZ-ZT1500

BDレコーダーはソニーのBDZ-ET1100とET1200の2台体制で使っていますが、そろそろ新しい機種も気になるところ、でお値段も下がってきたので、BDZ-ZT1500を購入してみました。55000円くらい。

ソニー SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダー 1TB 3チューナー 3番組同時録画 外付けHDD対応 無線LAN内蔵モデル BDZ-ZT1500

インターフェースをいろいろと変えてきたソニーのBDレコーダー、結論から言うと「前のほうがよかった」ですかね。思った理由をいろいろ書きたいと思います。


  • 奥行きは小さくなりましたね。ダブルチューナー機と変わらない大きさです。デザインもいいと思います。
  • 大きく変わったUI、ぶっちゃけていうと他社のUIに合わせた感じかな、と思います。これは、今までのUI、クロスメディアバー(XMB)に使い慣れた身からすると、個人的には逆に使いづらく感じてしまいました。
  • 過去機種から比べるとメニュー画面の解像度を大きく上げて、文字も美しく、情報量も増えました。でもその分文字が小さくなってしまいました。50型のような大画面テレビならよいですが、私のような32型テレビを持っている人にはきついですね。メニュー画面全体のフォントサイズを変えられる機能があればいいのになと思いました。
  • 画面の解像度を上げたせいか、全体的に操作がもっさりしています。XMBはキビキビ動いてたのにな。これも既存ユーザーからすると減点課題かも。
  • 待望のSeeQVault対応ですが、ちょっと思ってたのと違う?使えなかったのでわからないのですが、後面USBと前面USBで違うところがマニュアルを読んでもよくわからなかったです。

こんな感じで、個人的にはイマイチNGでした。新規で大画面テレビ向けに買う人にとっては悪くないとは思いますが、ソニー機の買い替え、または32型程度のテレビを使っている人は、もうちょっとお店で使ってみて判断したほうがよいかと思います。

|

« 開設14周年 | トップページ | Lotus music & book cafe '18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開設14周年 | トップページ | Lotus music & book cafe '18 »