« 2017年6月 | トップページ

2017年7月の3件の記事

2017.07.23

7/22 LISA ONO Summer Concert 2017@関内ホール

小野リサさんのコンサートに行ってきました。去年も関内ホールでしたね。

メンバーは小野リサさんのほか、ピアノ、ベース、ドラム、フルート/サックス、トランペットの5人構成。豪華です。

前半は日本の曲、ジャズ、そして大好きなボサノヴァという構成。やはり小野リサさんのボザノヴァはいいですね。ボサノヴァ講座もあったりして。特に前半最後のメドレーは気持ちが上がってきます。

後半はラテン音楽中心。これはいままでなかった感じがします。正直あまりラテン音楽は詳しくないのですが(知ってたのは「ベサメムーチョ」くらい)、でもすごくいいですね。小野リサさん、ラテンでも完璧だなぁと思いました。
ミュージシャンの方たちの演奏もすごかったです。特にホーンセクションのお二人は本場の方たち、ノリがいいです。

それにしても、ラテン音楽のリズムの取り方って難しいですね。観客のほうで手拍子がなかなか合わなくてちょっと笑っちゃいました。

| | コメント (0)

2017.07.13

新米姉妹のふたりごはん 第1~3巻

お気に入り飯テロ漫画レビュー、第二弾です。

新米姉妹のふたりごはん1 (電撃コミックスNEXT) 新米姉妹のふたりごはん2 (電撃コミックスNEXT)

新米姉妹のふたりごはん3 (電撃コミックスNEXT)(amazon)

お互い再婚の夫と妻、二人にはそれぞれ一人娘がいた。かくしてその一人娘は新米の姉妹になった。妹のあやりは料理好きだが人見知りで今まで一人でしか食べてこなかった。姉のサチは元気で料理はできないが食べるの大好き!というお料理漫画です。ストーリーは違えど、「甘々と稲妻」のように調理方法を紹介する内容になっています。これもサチとあやりの仲の良さがこの漫画のいいところです。あやりは自分の料理をサチに食べてもらえるのが好きで、サチはそんな美味しい料理をいつも作ってくれるあやりが好きなんですね。

料理の内容は家庭料理が中心ですが、ときどきちょっと上のものが出てきます。生ハムとかローストビーフとか。さすがにジビエ料理が出たときはちょっと引きましたね・・・こんなもの普通うちで料理しないだろう・・・

| | コメント (0)

2017.07.05

異世界居酒屋「のぶ」 第1~4巻

「甘々と稲妻」を読んだあたりから、料理が出てくる漫画が好きになりました。それも変なうんちくとかバトルとかがない、シンプルな漫画が。
そんな大好きな飯テロ漫画の一つです。

異世界居酒屋「のぶ」(1) (角川コミックス・エース) 異世界居酒屋「のぶ」(2) (角川コミックス・エース)

異世界居酒屋「のぶ」(3) (角川コミックス・エース) 異世界居酒屋「のぶ」(4) (角川コミックス・エース)(amazon)

小説(ライトノベルかな?)原作のコミカライズです。中世ヨーロッパのような異世界で、現代の日本居酒屋が店を出す、というお話です。唐揚げ、天ぷら、刺し身など、居酒屋では当たり前ですが、異世界からすると見たことのない料理が次々と出てきて、それを客が驚きつつうまそうに食べます。それが本当にうまそう。そしてトリアエズナマ、レーシュ、アツカンなどの酒がさらにうまそう。異世界といっても怪物や魔法が出てくる世界ではないし、ストーリーがとてもハートフルでシンプルなのがいいですね。そして腹が減る(笑)。

個人的にはお手伝いに来ている少女のエーファちゃん(2巻表紙の子です)が可愛くて好きですね。この子も料理を覚えていいお嫁さんになって欲しいです。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ