« パソコン工房 11.6インチノートPC Stl-11HP012-C-CE | トップページ | arrows M03購入。Android復活。 »

2017.02.07

ルノー トゥインゴを注文する。

スズキのスイフトに乗ってから5年になろうとしています。スイフトは装備が充実していて、とても便利な車でした。でも、これに乗ってドライブしたことはほとんどありませんでした。不満はなかったんですが、どうも乗っていても楽しくないというか、面白みがなかったんです。で、これの原因は滑らかすぎるCVTかなぁと思うようになりました。スイフトの前まで乗っていた車はマニュアル車だったし、特に前乗っていたBMWミニはとても面白かった。じゃあマニュアル車を選ぶかというと、オートマの便利さというか楽さからすると、もう選べないなぁという気持ちでした。なので、マニュアルっぽいオートマ車、そして面白そうな車を探していました。

ニューモデル速報 インポート Vol.45 最新フィアット500のすべて(amazon)

まず最初に考えたのは、フィアット500ツインエア。発売当時の1リッター未満で2気筒エンジンというのにずっと気になっていました。試乗しましたが、あのバイクみたいなエンジン音はクセになりそうです。フィアット500を乗ったときに、隣りにあったフィアットパンダも考えちゃいました。こちらも同じツインエアエンジンで面白そうな車です。

ルノー・トゥインゴのすべて (モーターファン別冊 インポートシリーズ Vol. 57)(amazon)

で、次に考えたのがルノートゥインゴ。こちらも1リッター未満でリアエンジンのリア駆動という、他にはないようなデザインの車です。試乗すると、確かに後ろから押されてる感覚、前が軽いという感覚があって面白いです。

ニューモデル速報 第510弾 新型アルトのすべて(amazon)

最後に考えたのが、実はスズキのアルトターボRSでした。スズキはアルトワークスやスイフトスポーツなど、クルマ好きを狙う車を用意しますが、個人的には走り屋ヤンキーチックであまり好きではありません。その分、アルトターボRSはおとなしそうだけど、CVTではないし、パドルシフトもついている。そういうところがいいなと思ってました。

で、色々と悩んだあげく、決めたのがルノートゥインゴでした。理由は面白さとコスト、そして装備です。ルノートゥインゴとフィアット500はよく比較されると思います。見た目が目立つのはフィアット500ですよね。外も中もデザインが凝っているし。でもコストと装備を見ると、ルノートゥインゴのほうがお得感を感じるんです。フィアット500はどうやっても220万円くらいになりますが、ルノートゥインゴは200万円以下。そしインテンスならオートライトやクルーズコントロールなど、装備が意外と充実してるんですよね。もちろん、装備や維持費で考えると国産車であるアルトターボRSが一番なんです。ルノートゥインゴやフィアット500は装備やデザインにかなり割り切っているところがあって、細かく見ると「アレもない、コレもない」と思うところがあります。でも乗っていて気持ちいいのは、やはり外国車なんですよね。

でも正直、今はまだ「あーあ、買っちゃったなぁ」という気持ちですね(それに納車もまだだし)。車を買うのは神経を使います。でもこれで、またドライブに行くようになればいいな、と思います。

|

« パソコン工房 11.6インチノートPC Stl-11HP012-C-CE | トップページ | arrows M03購入。Android復活。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコン工房 11.6インチノートPC Stl-11HP012-C-CE | トップページ | arrows M03購入。Android復活。 »