« 映画「この世界の片隅に」 | トップページ | SUPERFINE / 冨田ラボ »

2016.12.05

12/4 長谷川きよしコンサート ~心震える時~@横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール

長谷川きよしさんのコンサートに行ってきました。2年ぶり2度目。

今回は長谷川きよしさんとピアノの林正樹さんの二人。ピアノの伴奏だけで歌うというのも初めて聴きました。いいですね。ピアノの林さんもすごくよかったです。もちろん長谷川さんのギターも。「別れのサンバ」と「マシュ・ケ・ナダ」はやはり盛り上がりますね。前回も書きましたが、長谷川さんが歌うブラジルの歌をもっと聴いてみたいな、と思います。個人的にはエリス・レジーナとか。MCでも話をされていましたが、重くて暗い曲が多い、というのがちょっと残念。もっと明るめの曲が聴きたいです。そういう意味では、最初に演奏した「Over the Rainbow」はいいですね。うっとりします。

長谷川さんのコンサートを観ていて気が付いたのは、歌うときに決して口をマイクから外さないこと。ギターを弾くシンガーはだいたい、歌いながら左手のコードの押さえとか見てしまって、マイクから歌声が外れちゃったりするんですよね。でも長谷川さんの歌は決してそんなことがない。だから、コンサートでもレコーディングしたかのような歌声が聴けるんですよね。そこがすごい。盲目なので当たり前といえば当たり前ですが、ギターシンガーとしては別格だと思います。

|

« 映画「この世界の片隅に」 | トップページ | SUPERFINE / 冨田ラボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「この世界の片隅に」 | トップページ | SUPERFINE / 冨田ラボ »