« 70年代 シティ・ポップ・クロニクル / 萩原健太 | トップページ | 開設12周年 »

2015.12.15

心が叫びたがってるんだ。

TVアニメ「あの花」を制作したスタッフがお届けする、オリジナルアニメ映画です。

小さい時におしゃべりが過ぎて、その結果両親が離婚し、しゃべることができなくなってしまった少女・成瀬が、高校の地域交流会で実行委員に選ばれます。ともに選ばれた坂上、仁藤、田崎とともに進めていくのですが、はじめはどうしてもちぐはぐ。でも先生の提案でミュージカルをすることなります・・・とまあ、ストーリーは公式サイトを見ていただいたほうがいいと思います。
ストーリー的には、まさに紹介されているとおりの青春群像劇。はじめは面倒に思っていたクラスも、だんだんとやる気になっていきます。そしてミュージカルの主人公に選ばれた成瀬が、自分の感情を下にミュ―ジカルのストーリーを作っていきます。それこそがこのタイトルのとおり、心が叫びたがっているということ。人間はだれでも、なにげない言葉を発して、友人や家族との間を悪くすることがあります。成瀬はそれにより、しゃべることにトラウマを持ってしまっています。でも、本当は叫びたがっている。それこそが大事なことだということに気が付くのです。

クライマックスのシーン、久しぶりに見ていて涙が出てしまいました。「あの花」もいい作品でしたが、これもいい作品だと思います。

|

« 70年代 シティ・ポップ・クロニクル / 萩原健太 | トップページ | 開設12周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 70年代 シティ・ポップ・クロニクル / 萩原健太 | トップページ | 開設12周年 »