« 獣の奏者 / 上橋菜穂子 | トップページ | 開設10周年 »

2013.12.08

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語

まどマギの映画、観てきました。
公開当初はあまり観に行く気がなかったんですが、ネットでも盛り上がっていたし、そろそろ公開が終わってしまいそうだったので。

TV版の続編です。まどかが「概念化」したその後の世界。なぜか魔法少女が5人そろっている世界。その世界はなんのなのか、なぜこういうことになったのか。何を望んで、その結果どうなってしまうのか。

ストーリー展開は、私はある意味納得しました。こういうキャラクターなら、こういう展開になるよなぁという感じ。むしろこうならないと不自然というか、TV版がきれいに終わりすぎていた、という感じがしました。ただ、結末はちょっとよくわからなかったです。どういう世界になったのか。

アニメ自体ももちろん面白いです。あの独特のダークメルヘンの描写がすごいし、魔法少女5人での共闘、魔法少女同士のバトルなど、見所は盛りだくさんでした。音楽も良かった。

最後はまだ続きがあるかも?という終わり方でしたね。どうなるんでしょうか。

|

« 獣の奏者 / 上橋菜穂子 | トップページ | 開設10周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 獣の奏者 / 上橋菜穂子 | トップページ | 開設10周年 »