« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の4件の記事

2013.11.15

BDZ-EW1000購入

私の持っているブルーレイレコーダーはソニーのBDZ-AT900とBDZ-AT950Wの2台体制でしたが、AT900が購入から2年経って、そろそろ新しいのに買い換えたいなぁと思って、EW1000を購入しました。もう次のEW1100が発表されているので型落ち同然なのですが。AT900同様、ダブルチューナーの1TBモデルです。49800円で購入。

ソニー デジタルHDチューナー内蔵HDD 1TB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-EW1000(amazon)

まずはデザインから。大きさは、AT950Wからさらに一回り小さくなった感じです。幅は同じですが、奥行きと厚さが小さくなりました。どんどん小さくなっていきますね。今までは前面のカバーとブルーレイドライブの口が別々だったのですが、今回は一緒になっていて、ドライブの開閉時にB-CASカードが見えちゃったりするのはちょっと格好悪い感じがしますね。あと、前面が天井の灯りの反射が目立ちやすいデザインがなっているのがちょっと気になります(次機では変わっているようですが)。

機能的にはAT900、AT950Wとほとんど変わりません。AT900では外付けUSBドライブに対応していなかったので、そこが大きな変更点です。細かいところではいろいろ使い勝手がよくなってますね。フォルダ表示にしたときにフォルダのファイルサイズが表示されるようになっているのと、番組表から日時指定をしたときにグラフィカルに日時を指定できるようになったのが気が付いた変更点です。

買い換えの時にいつも悩むのが、録りためた番組の移行なんですが、ソニーのブルーレイレコーダーはブルーレイディスクでデータの移動ができるので、今回はBDXL-REディスクを買って番組を移行しています。時間がかかるのがちょっと難点ですが。

個人的にはソニーのブルーレイレコーダーが一番使いやすいし、録り逃しもなくて安心です。そろそろ2台体制じゃなくて、トリプルチューナー機1台でもいいような気がしますが、定期的に買い換えるのが物欲を満たせるので。

| | コメント (0)

2013.11.12

Joyous / 冨田ラボ

冨田恵一さんのソロプロジェクト、冨田ラボの待望の新譜が出ました。

Joyous【初回限定盤】(amazon)
ジャケット写真はわかりにくいですが、今流行の3Dプリンターで作ったフィギュアです。

今までの「ship~」シリーズから変わりました。「ship~」は全曲ヴォーカルが違うという豪華さがありましたが、今回は椎名林檎、さかいゆう、横山剣(クレイジーケンバンド)、原由子(サザンオールスターズ)の4人のヴォーカリストを迎えて、それぞれソロ曲と4人で歌う曲を収録しました。はっきり言ってこの4人、ヴォーカリストとしての個性はバラバラなので、それぞれソロで歌う曲はよくても、4人で歌う曲はどうなっちゃうのかな、と思っていました。聞いてみて、最初は違和感がありましたが、何度か聞いてみると、これはこれで面白いなと思います。特に「この世は不思議」という曲は、歌詞の面白さもあって、ヴォーカリストの個性が引き立ちます。今回はちょっとアレンジの方向が変わったような気もしますが、相変わらずの冨田節。作詞家陣も豪華で、様々な世界を作り出しています。

混声があったりするぶん、「ship~」シリーズとは確かに違うと思いました。これはシリーズで続くのかな?次のアルバムまで、また3~4年くらいかかりそうですけどね。

| | コメント (0)

2013.11.09

ソニック・ザ・ヘッジホッグ 1&2 サウンドトラック

時々、しらぬ間にソニックのBGMが頭の中でヘビロテかかったりするんですよね。で、急に原曲を聞いてみたくなって、サントラないかなーと思って探してみたら、ありました。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ1&2 サウンドトラック(amazon)

ソニック・ザ・ヘッジホッグはメガドライブ用のゲームで、私もリアルタイムでやってました。特に1と2はDREAMS COME TRUEの中村正人氏が作曲を担当していて、当時も話題になりました。今聞いてもゲームのBGMの完成度としては飛びぬけてよい出来です。後にUFOキャッチャーのBGMとしても使われたので、そちらのほうが有名だったりしますね。

このアルバムは3枚組みで、1と2の全BGM(効果音除く)が1枚目、それらのデモバージョンが2枚目、2のエンディングに歌詞をつけたドリカムの曲が3枚目に入っています。ドリカムのレーベルから出ているというのが面白いです。

今改めて聞くと、1のほうはドリカム色というか、J-POP色が強い感じがしますね。すぐにでも歌詞をつけて歌えるような感じ。2のほうは洋楽のエッセンスが強くなったような感じがします。これは、ソニックが海外でうけたことにも関係しているんだと思います。でも、2ってかなり難しいゲームだった記憶があって、前半のステージの曲はとく覚えているんですが、後半のステージの曲はあまり覚えてないなぁと思いました。

ちなみに、私の頭の中でヘビロテかかっていたのは、2のステージ2の曲です。今聞いてもかっこいい。生ブラスで聞きたいです。

| | コメント (0)

2013.11.05

10.1インチタブレット NEC Lavie Tab E TE510/N1B

家でちょっとWeb見たりとかするのに、タブレットが欲しいなぁと思っていたら、NECが安価なAndroidタブレットを出してくれたので買ってみました。買ったのは10.1インチのLavie Tab Eです。34800円。
PC Watchの記事はこちら

日本電気 LaVie Tab E - TE510/N1B ブラック PC-TE510N1B(amazon)

P1010525s
起動画面。

P1010527s
背面。ざらざらしていて滑りにくい。

P1010528s
上面の電源スイッチ、イヤフォン端子、カメラ。

P1010529s
左面のUSB端子、HDMI端子、microSDスロット、音量ボタン。

とりあえず初タブレットなので、特に比較対象はないのですが、スマートフォンやPS VITAと比べると、やはり画面の解像度の低さが目立ちます。操作感は悪くなく、クアッドコアでまあまあサクサクだと思います。文字入力がSimejiですが、これがちょっと使いにくいですね。画面が広いので手書き入力ができるとよかったのですが、その辺は別のアプリを買わないとだめですね(最強はmazecなんですけど)。システムは素のandroidに近く、余計なものがなくていいと思います。
筐体は額縁の広さは目立ちますが、逆に持ちやすいという利点があります。背面全体に滑り止めのテクスチャがあるので持ちやすいです。全体的に高級感たっぷりというわけではないですが、かといって安っぽくもなく、悪くないと思います。本当は液晶保護フィルムを張りたいのですが、有名メーカーからはまだ発売されてようなので残念です。

2、3日使ってみましたが、とにかく手を伸ばせばすぐにWebにアクセスできる環境があるというのは、慣れると手放せなくなりますね。

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »