« Joyous / 冨田ラボ | トップページ | 獣の奏者 / 上橋菜穂子 »

2013.11.15

BDZ-EW1000購入

私の持っているブルーレイレコーダーはソニーのBDZ-AT900とBDZ-AT950Wの2台体制でしたが、AT900が購入から2年経って、そろそろ新しいのに買い換えたいなぁと思って、EW1000を購入しました。もう次のEW1100が発表されているので型落ち同然なのですが。AT900同様、ダブルチューナーの1TBモデルです。49800円で購入。

ソニー デジタルHDチューナー内蔵HDD 1TB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー BDZ-EW1000(amazon)

まずはデザインから。大きさは、AT950Wからさらに一回り小さくなった感じです。幅は同じですが、奥行きと厚さが小さくなりました。どんどん小さくなっていきますね。今までは前面のカバーとブルーレイドライブの口が別々だったのですが、今回は一緒になっていて、ドライブの開閉時にB-CASカードが見えちゃったりするのはちょっと格好悪い感じがしますね。あと、前面が天井の灯りの反射が目立ちやすいデザインがなっているのがちょっと気になります(次機では変わっているようですが)。

機能的にはAT900、AT950Wとほとんど変わりません。AT900では外付けUSBドライブに対応していなかったので、そこが大きな変更点です。細かいところではいろいろ使い勝手がよくなってますね。フォルダ表示にしたときにフォルダのファイルサイズが表示されるようになっているのと、番組表から日時指定をしたときにグラフィカルに日時を指定できるようになったのが気が付いた変更点です。

買い換えの時にいつも悩むのが、録りためた番組の移行なんですが、ソニーのブルーレイレコーダーはブルーレイディスクでデータの移動ができるので、今回はBDXL-REディスクを買って番組を移行しています。時間がかかるのがちょっと難点ですが。

個人的にはソニーのブルーレイレコーダーが一番使いやすいし、録り逃しもなくて安心です。そろそろ2台体制じゃなくて、トリプルチューナー機1台でもいいような気がしますが、定期的に買い換えるのが物欲を満たせるので。

|

« Joyous / 冨田ラボ | トップページ | 獣の奏者 / 上橋菜穂子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Joyous / 冨田ラボ | トップページ | 獣の奏者 / 上橋菜穂子 »