« 11のとても悲しい歌 / PIZZICATO ONE | トップページ | マニフェスト & POP LIFE / RHYMESTER »

2011.06.25

乙嫁語り 第3巻

今回はちょっと悲しい乙嫁。

乙嫁語り(3) (ビームコミックス)(amazon)

シルクロードを舞台にした、お嫁さんのお話です。第2巻でカルルク家族から離れた研究家のスミス、新たな町で荷物を盗まれ、そこで運命の女性、タラスと出会います。未亡人のタラスとスミスの物語です。正直、ちょっと悲しいお話になっていますが、これで終わりなのか、その後進展があるのかがとても気になります。
今回も登場したアミルとカルルク、そしてお年頃のパリヤはおまけ4コマつきです。ツンツンしながらもアミルに甘えてしまうパリヤさん、可愛い。
そして今回、町の屋台でお食事という話がありますが、これがもううまそうでたまりません。羊肉とキジ肉、食ってみたい。コミックナタリーで作者の森薫さん自ら料理を再現している特集がありました(こちら)。本当にうまそうです。

スミスとともに旅を続けるアリ、そしてパリヤにも乙嫁の話がつながるかも。今後が楽しみです。

|

« 11のとても悲しい歌 / PIZZICATO ONE | トップページ | マニフェスト & POP LIFE / RHYMESTER »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11のとても悲しい歌 / PIZZICATO ONE | トップページ | マニフェスト & POP LIFE / RHYMESTER »