« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の6件の記事

2011.05.23

WILD LIFE / 宇多田ヒカル

Ustreamの生中継が衝撃的だったので、これはBD買うべきと思い購入。

WILD LIFE[Blu-ray] WILD LIFE [DVD](amazon)

アーティスト活動を休止した宇多田ヒカルさんの、昨年12月の横浜アリーナ公演のライブBDです。Ustreamで生中継されたので、見た人も多いのではないでしょうか。私は、いままで彼女のライブはおろかCDも買ったことはなくて、ほとんどこれが初めて歌う姿を見たという人間なのですが、このライブを見て、今更ながら彼女が好きになってしまいました。もちろん彼女のヒット曲は何度も耳にしていますが、彼女のシンガーとしての力、ソングライターとしての魅力、パフォーマーとしての才能を改めて知りました。等身大としての女の子の気持ちを、時に日本の古い言葉遣いを(まさに受け狙いのように、照れ隠しのように)入れながら、そして得意な英語を入れながら歌っていくのは、彼女独特の魅力だと思います。今回のBDを見てさらに驚いたのは、ライブのプロデュース自体も彼女自身が行っていたということです。どれだけ多才なんだ。

「人間活動宣言」をした宇多田さん、確かに今までの人生で思うところも多かったんでしょうね。人生経験を積んで、さらに一回り大きくなった彼女が作る曲をぜひまた聴いてみたいです。

| | コメント (0)

2011.05.17

ぽてまよ 第5巻

ぽてまよもついに最終巻を迎えました。前回のレビューはこちら

ぽてまよ(5) (アクションコミックス)(amazon)

不思議なちびキャラ「ぽてまよ」が活躍する4コマの最終巻です。高校生になった素直たちの前に現れる新キャラクター、百ノ瀬さん。素直に良く似たキャラクターですが、実はぽてまよの正体を知る、重要なキャラクターだったのです?たぶん。

いやこのマンガ、前から思っていたのですが、オチとかストーリーが言葉足らずでわかりにくいところがあるんですよね。なので、何度も読み返して、「たぶんこういうことかな?」と思いながら読んでたりします。一応、最後は「ぽてまよ」の正体がわかることになっていますが、自分の解釈でよいのかどうか、ちょっと悩むところではあります。表紙裏にネタバレのオマケマンガがありますが、それでも「たぶんこういうことなんだろうなぁ」という感じです。あとがきにもありますが、作者さんも結構終わらせ方に苦労したようです。

終わらせ方は良かったと思いますが、最終巻はストーリー先行で、4コママンガとしてはキャラクターの個性が出るような面白さが少なかったのは残念でした。

| | コメント (0)

2011.05.14

5/14 live imageチャリティーコンサート@青山学院講堂

毎年おなじみのlive image、今年は震災で東京国際フォーラムが使えなくなってしまい8月に延期、その代わり今日、青山学院講堂でチャリティーコンサートが開かれました。

今回のチャリティーコンサートは、被災地の避難所各地へ生中継されるということで、コンサートの開始時間も正午からという早い時間になりました。時間も短縮版という感じで、ちょうど午後2時に終わりました。
さらに異例だったのは、いつもはアンコールにやる全員の「マイフェバリットシングス」を最初に演奏したことでした。そのかわり今日はアンコールなしだったんですけど、レアなものが見れた感じです。
今日は短縮版ということで、各出演者1~2曲という感じ。あわただしいステージでしたが、見ていて疲れなかったのはよかったです。選曲もツボをおさえたものでした。

我らがゴンチチは、全員の「マイフェバリットシングス」直後のトップバッターでした。オーケストラでの「楽しみな週末」とデュオでの「放課後の音楽室」を演奏しました。まああと半分はMCでしたが。

東京は8月に延期してしまいましたが、live imageメンバーの方々は今日が一旦千秋楽というところでしょうか。ご苦労様でした。8月も観に行く予定です。

| | コメント (0)

2011.05.06

ぷちます!ドラマCD1

ぷちどる達がついにしゃべりだしましたよ!

ぷちます!-PETIT IDOLM@STER-(1)(amazon)

電撃マ王に連載の、アイドルマスターのパロディ4コマ「ぷちます!」のドラマCDが出ました。コミックのレビューはこちら。可愛いぷちどるたちに声がついてくれたのは嬉しい限り。個人的にアイマス自体ほとんどやってないというのもあるんですが、でもちょっと鳴き声のイメージが違うかなという感じもありました。可愛いことは可愛いんですけどね。個人的にはもっとたくさん鳴いてくれてもよかった気がしました。あとCDでは謎のP(プロデューサー)が出てこないのは残念。好きなんですけど。
まああと仕方のないことですが、コミックのドラマCD化は基本、説明口調になっちゃいますよね。あと全キャラ出すには時間不足。なんか「1」ってついているので第二弾も出るんでしょうが、どちらかというと、YouTubeとかでショートアニメ化、とかやってくれないかなぁと思います。動くのが観たい。

| | コメント (0)

2011.05.02

夏の前日 第1~2巻

これもいちゃいちゃマンガではありますが、ちょっと毛色が違います。

夏の前日 1 (アフタヌーンKC) 夏の前日(2) (アフタヌーンKC)
(amazon)

「good!アフタヌーン」連載のマンガです。美大4年生・青木哲生と、画廊の女主人・藍沢晶との官能的、背徳的な恋物語です。一流の腕を持つが、将来に苦悩する哲生と、そんな哲生に惚れ込んで囲い込もうとする晶。肉体関係を持ちながら、それは恋愛ではなく、居心地のいい場所としてお互いを求めているような、そんな関係を続けていきます。イメージはモノクロームな昭和映画のような感じですが、時折見せる晶のかわいいしぐさがなんともいえません。晶は男をダメにするようなやさしさを持っていますが、哲生にはそれを押しのける強い意志を感じます。この二人が結ばれることがハッピーエンドなのかわかりませんが、もうすこしこの二人の行く先を見ていたいです。

| | コメント (0)

2011.05.01

4/30 Saigenji@モーションブルーヨコハマ

久しぶりのSaigenjiライブです。

4/30に横浜赤レンガ倉庫のモーションブルーヨコハマで、Saigenjiのライブがありました。3公演、入れ替えなしで1911円という超リーズナブルなライブ。これは、赤レンガ倉庫100周年記念ということだそうです。
今回は弾き語りということもあって、雰囲気はラフな感じ。その場の気分で曲を決めたり、お客さんからリクエストを取ったりと、何が起こるかわからないライブでした。でも演奏に手抜きはなし。弾き語りだけでなく、ギターインストやアカペラ、ボイスパフォーマーもあり、出し惜しみなしという感じが嬉しいです。何よりも楽しそうに演奏している本人を見ているのが楽しいですね。いいライブでした。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »