« 「かたまりたけし」塊魂TRIBUTEオリジナルサウンドトラック | トップページ | オムロン歩数計HJ-203 »

2011.02.08

こんなツレでゴメンナサイ。/望月昭

ちょうど「ツレうつ」も映画化されるみたいですね。

こんなツレでゴメンナサイ。 (文春文庫)(amazon)

ベストセラーになった、細川貂々さんのコミックエッセイ「ツレがうつになりまして」の主人公である、「ツレ」=うつになった旦那さん、望月昭さんが書いたエッセイです。「ツレうつ」は、うつになっている人の描写というのがちょっとイヤで、実は未読なんです。でも、うつになった当人の話であれば、読んでみたいなぁと思い、今回文庫本が出たので、手にとりました。

内容としては、「ツレ」さんがうつになる前からうつになる過程まで、あと奥様である貂々さんとの出会いから結婚まで、「ツレうつ」その後の話などが書かれています。「ツレうつ」に合わせて書かれているところもあるので、できれば両方読んだほうがいいんでしょうね。

個人的には、うつになる過程のところで共感するところは多かったですが、一番の感想は、「理解のある奥さんがいてうらやましいなぁ」ということです。私は独りモノなので、落ち込んでも一人で抱え込むだけなんですが、グチを聞いて受け流してくれるような人が近くにいるというのは、すごくうらやましい環境にあると思います。こういう人と結婚したいですねぇ・・・でも今は婚活なんてする気力はないです。見知らぬ女性と話しを交わすなんて、想像するだけで疲れてきます。情けない話しですが。

|

« 「かたまりたけし」塊魂TRIBUTEオリジナルサウンドトラック | トップページ | オムロン歩数計HJ-203 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「かたまりたけし」塊魂TRIBUTEオリジナルサウンドトラック | トップページ | オムロン歩数計HJ-203 »