« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の9件の記事

2011.02.28

観梅会@横浜 三渓園

横浜の名勝、三渓園に梅を見に行ってきました。
初めて行きましたがなかなかいいところです。ちょっと交通の便が悪いのが難点だけど。

P1000541s P1000558s

P1000586s P1000599s

P1000553s P1000618s

桜の咲くころにまた来てみたいですね。

| | コメント (2)

2011.02.19

だって愛してる 第3巻

笑いと涙のラブラブ4コマ、完結です。

だって愛してる(3) (まんがタイムコミックス)(amazon)

ダメ夫としっかり奥さんのラブラブ4コママンガです。2巻までレビューしてましたが、待望の3巻が出ました。残念ながら完結です。
3巻は奥さんのご懐妊から出産までの話になっています。でも担当編集や先輩作家の脇役のストーリーがなかなか面白かったりします。出産の話はちょっとハラハラしますね。生まれてきた木の葉ちゃんは最後の1話だけ出てきますが、これがよくできた子で可愛い。カバー下のオマケマンガもぜひ見てください。

| | コメント (0)

2011.02.17

きみといると 第3~4巻

ゴロゴロマンガ、完結です。

きみといると (3) (アクションコミックス) きみといると(4) (アクションコミックス)(amazon)

喫茶店でバイトしていた女の子、山河さんと、ふとしたきっかけでお客さんとして入った男の子、岩井くんとの甘酸っぱい恋愛ストーリーです。2巻までレビューして、3巻のレビューはしてなかったのですが、今回4巻でストーリーが完結したので、合わせてレビューします。

お互い、自分の気持ちに戸惑いながら、素直になることで少しずつ距離を縮めていく二人、3巻では手をつないで、4巻ではキスまでしちゃいました。残念ながら高校3年になってしまった山河さんは、受験勉強が忙しくて会う機会が減っていってしまいますが、ここまで行けばもう大丈夫。会うとうれしい、話すと楽しい、という純粋な気持ちがこちらまで伝わってきます。なんだかニヤニヤしてきて、なんというかもう、かなりごちそうさまです。山河さん可愛いなぁ。

ピンチになったりドロドロしたりといったドラマチックな展開がないので、面白くないというのもなくはないですが、逆に読んでいてリラックスできる癒し系マンガとして、寝る前に読んだりとか、個人的にはかなりお気に入りです。終わってしまったのは残念だけど、ピュアなままで終わってくれたのは良かったと思っています。

| | コメント (0)

2011.02.15

全て光/TOKYO No.1 SOUL SET

先日アルバムリリース記念ライブがUstreamで生中継され、それがもう「これタダで観ちゃっていいの!?」ってくらい良かったので、投げ銭の意味も含めてアルバム買いました。

全て光(amazon)

TOKYO No.1 SOUL SETの20周年記念の企画アルバムです。2枚組で、1枚目は女性ボーカリストが彼らの曲や他のヒット曲などを彼らのアレンジでカバーしたアルバム。原田郁子、真木よう子、沙羅マリー、中納良恵、小島麻由美、HALCALI、土岐麻子、小泉今日子がそれぞれ参加しています。これだけでもかなり豪華ですが、コレが彼らのトラックで聞けるのがまたいいです。特に彼らのカバー「全て光」「Sunday」は私も好きな曲なので嬉しいです。2枚目は昨年10月に行われた野音でのライブ音源。こちらはたっぷりSOUL SETを堪能できます。聴いてるだけでテンション上がりますね。Ustのライブでもそうですが、20年経っても熱いライブをやってくれるなぁと思いました。かっこいいリリックと歌声とトラック。やはり唯一無二のバンドです。

| | コメント (0)

2011.02.13

au T005購入

P1000539s P1000540s

久しぶりに携帯電話を買い換えました。W53Sから3年3ヶ月ぶりです。W53Sがかなりお気に入りだったので、そのまま使い続けていたんですけど、外見は傷だらけで、電池の持ちも悪くなったので、そろそろ買え時かなぁと思いまして。ただ、auの携帯電話はKCP+になってからどのメーカーも似たり寄ったりになってしまって、購買意欲が薄れてしまったんですよね。

とりあえずT005を買って1週間ほど触った感想です。


  • 基本的には薄型シンプル。まあビジネスマン向きというか、とがった特徴がないというのが逆に特徴というか。まあそういうのを選んだんですけど。
  • KCP+は予想以上に使いにくいというか、今までと操作が違って慣れるのに時間がかかります。特にアプリの中断が終話キーでできないのはもどかしいです。クイックキーがもっと押しやすい位置にあればいいのにと思います。
  • よく言われているもっさり感はあまり感じません。
  • ボタンは防水の割には凹凸があって押しやすいと思います。シートキーは好きじゃないんですよね。
  • ワンプッシュで開くボタンはまあまあ便利ですが、連動する機能がないのは残念です。

まあ、ガジェット好きなら、ここでAndroid携帯を選ぶのが普通なんでしょうけどね。なんかこう、食指が向かないんですよ。欲しい機能があって、それができる一番安いものとか、一番小さいものとかを選ぶくせがあるので、何でもできるっていうのは、技術的には興味があっても、欲しいとは思わないんですよね。買えば面白いとは思うんですけど。まあ次に買い換えるときに携帯電話市場がどうなっているか、ですね。

| | コメント (0)

2011.02.10

オムロン歩数計HJ-203

小さくてもしっかり計ります。

オムロン(OMRON) オムロン歩数計 Walking style ブルー HJ-203-A(amazon)

今までタニタの歩数計を結構頻繁に持ち歩いていたんですが、毎日ズボンのポケットに入れるにはやはりちょっと大きいこと、デザインがイマイチなこと、結構すぐ電池が切れてしまうことなど、いろいろ不満も出てきて、新しい歩数計を探していました。
今は歩数計も各社からたくさん出ていますが、結局またシンプルなものを選びました。このオムロンの歩数計は、小さくてデザインがかわいく、なにより電池が1年半も持つのが選んだ理由です。色がたくさんあるのもいいですね。

機能的にはタニタの歩数計とほとんど同じで、あと区間測定の機能がついています。使ってみてタニタの歩数計と違うのは、表示ボタンを押さない限り何も表示しないことです。また、表示ボタンを押して歩数を表示させながら歩いても、リアルタイムに歩数をカウントしません。なのでちゃんと動いているのかちょっと不安になるのですが、夜に確認するとちゃんとカウントされています。電池の消費を徹底して抑えているんですね。まあ歩数計見ながら歩くなんてことは普通ないので、これはこれでいいと思います。ただ時計も表示されないというのは寂しい気もします。
あと、初期設定時にいつも悩む「一歩の距離」の入力ですが、この歩数計は身長を入力することで、標準的な一歩の距離が自動設定されます(変更も可能です)。これは何気ないですが便利だと思いました。

ということで、最近のお気に入り。キーホルダーにつけて毎日持ち歩いてます。

| | コメント (0)

2011.02.08

こんなツレでゴメンナサイ。/望月昭

ちょうど「ツレうつ」も映画化されるみたいですね。

こんなツレでゴメンナサイ。 (文春文庫)(amazon)

ベストセラーになった、細川貂々さんのコミックエッセイ「ツレがうつになりまして」の主人公である、「ツレ」=うつになった旦那さん、望月昭さんが書いたエッセイです。「ツレうつ」は、うつになっている人の描写というのがちょっとイヤで、実は未読なんです。でも、うつになった当人の話であれば、読んでみたいなぁと思い、今回文庫本が出たので、手にとりました。

内容としては、「ツレ」さんがうつになる前からうつになる過程まで、あと奥様である貂々さんとの出会いから結婚まで、「ツレうつ」その後の話などが書かれています。「ツレうつ」に合わせて書かれているところもあるので、できれば両方読んだほうがいいんでしょうね。

個人的には、うつになる過程のところで共感するところは多かったですが、一番の感想は、「理解のある奥さんがいてうらやましいなぁ」ということです。私は独りモノなので、落ち込んでも一人で抱え込むだけなんですが、グチを聞いて受け流してくれるような人が近くにいるというのは、すごくうらやましい環境にあると思います。こういう人と結婚したいですねぇ・・・でも今は婚活なんてする気力はないです。見知らぬ女性と話しを交わすなんて、想像するだけで疲れてきます。情けない話しですが。

| | コメント (0)

2011.02.04

「かたまりたけし」塊魂TRIBUTEオリジナルサウンドトラック

ちょっと今更なんですけどね。

プレイステーション3専用ソフト「塊魂トリビュート」オリジナル・サウンドトラック かたまりたけし(amazon)

PS3用ソフト「塊魂TRIBUTE」のオリジナルサントラです。でもPS3は持ってないので、このゲームは未プレイです。未プレイのゲームサントラ買ったのは初めてかも。まあアマゾンで安かったから買ったんですけど。

今まではゲストボーカルとして呼ぶのが多かったですが、今回はTRIBUTEの名前どおり、音楽も旧作のリミックスが中心です。ナムコスタッフでなくミュージシャンにリミックスを依頼しているところが今までと違うところかなぁと思います。これがまた良いのです。個人的にも好きなミュージシャンと好きだった曲がたくさん出てくるので、聴いていて楽しい、ボリュームたっぷりのアルバムです。

ただ、やはりゲームをプレイしてないので、いまいち思い入れ出来ないところが残念なところです。正直、どれがクリアの曲かも判りませんしね。

まあでも、やはり買って間違いのないアルバムでした。

| | コメント (0)

2011.02.01

スーパーマリオギャラクシー2

やっとクリアしました。

スーパーマリオギャラクシー 2 (「はじめてのスーパーマリオギャラクシー 2」同梱)(amazon)

王道アクションゲーム、3Dマリオの続編です。基本的な部分は前作そのままに、ヨッシーの登場など、新しい要素が追加されています。安定した面白さですが、そのぶん前作ほどの新鮮味が感じられなかったのは確かです。前回はワールドマップが一つの星(というか島)のなかに点在していたりとか、ストーリー的なものがあったりとかと凝った演出が多かったのですが、わかりにくいというのもあったようで、今回は単に2Dスーパーマリオ的なルートマップを突き進むという内容になってしまい、個人的にはちょっとつまんない感じがしました。相変わらず音楽はオーケストラで豪華ですね。
とりあえずクッパを倒すところまでは行きましたが、まだ取り残したスターはたくさんあります。ただちょっと、アクションゲームが辛く感じる年齢になってしまったというか、難易度の高いステージを時間をかけてチャレンジする根気はもうないです・・・。このシリーズ、結構頻繁に1UPがあるからなかなかゲームオーバーにならないんですよね。そろそろ別のゲームやりたいというのもあるので、この辺で止めておきます。

Wii持ってるなら前作か本作どちらかはやるべきでしょう。でも前作をやっておくと、本作のエンディングでサプライズがありますよ。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »