« クライマーズ・ハイ / 横山秀夫 | トップページ | 化物語 / 西尾維新 »

2010.05.27

孤宿の人 / 宮部みゆき

宮部さんの小説です。上下巻の長編ですが、非常に面白かったです。

孤宿の人〈上〉 (新潮文庫) 孤宿の人〈下〉 (新潮文庫)(amazon)

宮部みゆきさんの時代小説です。厄払いのため、四国に一人たどりついた主人公の「ほう」。この藩に江戸から自分の親子を殺して流刑にされたという元勘定奉行の加賀殿が入ってくる。加賀殿は鬼や悪霊と言われ、この藩にも悪いことが起きるんじゃないかと噂されるなか、ほうの周りでも殺人や事故が次々と発生する・・・といった内容です。実際はいろいろな人や藩での思惑が錯綜するのですが、純粋で頭の悪いほうは、それを一生懸命乗り越えていきます。とにかくほうの純粋さに泣けてきます。また、女引手の宇佐や医者の井上、町役人の渡部など、魅力的なキャラクターも動き回りながら、それらの思惑に苦悩します。そのあたりの展開はまさにミステリー。舞台となる描写も見事で、漁や貝染めでにぎわう町並みが目に浮かんできます。宮部さんも苦労したようですが、藩のスケールで描写をされているというのがすごいなぁと思います。最後の展開は感動的です。ただ、あまりにも人が死んでしまうのは切ないですね・・・。

|

« クライマーズ・ハイ / 横山秀夫 | トップページ | 化物語 / 西尾維新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クライマーズ・ハイ / 横山秀夫 | トップページ | 化物語 / 西尾維新 »