« 蒲生邸事件 / 宮部みゆき | トップページ | 5/16 live image10@東京国際フォーラム »

2010.04.30

まほろ駅前多田便利軒 / 三浦しをん

直木賞受賞作とあったので読んでみました。

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)(amazon)

東京近郊の町、まほろ市の駅前で便利屋を営む多田、そこに高校時代の同級生、行天がいつの間にやら転がり込み、奇妙なコンビ生活が始まる・・・といったあらすじです。まほろ市はわかる人にはすぐわかる、東京都町田市がモデルですね。愚痴をこぼしながら営業姿勢を忘れない多田、それを飄々とした態度で引っ掻き回す行天の二人のコンビはなかなか味があり、探偵っぽいことをして事件に巻き込まれたりもします。いい人たち、ヤバそうな人たち、面倒そうな人たちがうずまく雑多な町の感じが面白かったです。

この作品は女性漫画誌でコミカライズされているんですね。本屋さんでコミックの表紙を見たときは彼らのイケメンぶりにびっくりしました。
まほろ駅前多田便利軒 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)(amazon)

|

« 蒲生邸事件 / 宮部みゆき | トップページ | 5/16 live image10@東京国際フォーラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒲生邸事件 / 宮部みゆき | トップページ | 5/16 live image10@東京国際フォーラム »