« 長門有希ちゃんの消失 第1巻 | トップページ | とんぬらさん 第2巻 »

2010.02.13

映画「オーシャンズ」

海を舞台とした自然記録映画です。サイトはこちら

海に住む動物たちを追った記録映画です。オットセイやイルカやペンギンなどの可愛いものから、魚群にミサイルのように次々と突っ込んでいく海鳥たち、クジラのダイナミックなジャンプ、なぜか海底に集まるカニの群れなど、1時間半くらいの映画ですが見どころは満載で、しかもどれもすごいカメラアングル。コレどうやって撮ってるんだろうという画がたくさん出てきます。次々に被写体が変わってしまうのが逆に残念。

気になった点はいくつかあって、ひとつはナレーションの宮沢りえさんの日本語の内容がちょっと変な感じがしたこと。なんか変な訳みたいな印象でした。もうひとつは、自然破壊に対する警告するシーンのほかに、漁業に対する意見みたいなシーンがあります。これが結構ショッキングなシーンでした。なんか魚食うなと言われてるような。

最後に、これは仕方がないことですが、ちょうど子供は500円で観れるキャンペーンをやっているせいで、親子連れのお客さんが結構多いです。そのせいで、ちょっと集中して映画が観れないような状況になりがちです。飽きちゃうのかもしれませんが、親御さんはもうちょっと映画のマナーをお子さんに教えてあげて欲しいものです。

|

« 長門有希ちゃんの消失 第1巻 | トップページ | とんぬらさん 第2巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長門有希ちゃんの消失 第1巻 | トップページ | とんぬらさん 第2巻 »