« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の8件の記事

2009.09.30

にょろーんちゅるやさん

アニメも観たので原作も。
限定版はいらなかったので通常版が出るのを待って買いました。

にょろーん ちゅるやさん (角川コミックス・エース 246-1)(amazon)

涼宮ハルヒのスピンアウト作品です。もともとはえれっと氏が同人誌で発行していたのですが、人気があったため月刊コンプエースで連載を始めました。1年で連載は終了しているようです。ちゅるやさんがSOS団のみんなにボケられてにょろーんとする、ほのぼの4コマです。同人誌は3冊出ていて、私は1冊だけ読んだことがあるんですが、キャラ先行で面白いかといわれると・・・という内容でした。しかし連載されていたのはレベルが高くて、かなり笑えました。面白かったです。編集さんが頑張ったんでしょうね。でも残念ながら約100ページのうち連載分は半分だけ、残りの半分は同人誌のレタッチ版です。もっと連載してくれてもよかったなぁと思います。まあ、らきすたスピンアウトの「ぶーぶーかかぶー」も単行本になるようなので、そちらを楽しみにしたいと思います。

まだ限定版手に入るかも。ねんどろフィギュア付です。
にょろーん ちゅるやさん めがっさ限定版(amazon)

| | コメント (0)

2009.09.27

リトル・リトル

私はアキバBlogの記事で本の購入とかを決めることが多いです。アキバBlogはエロを扱うことが多いですが、それ以外でもアキバの書店でイチオシの本とかがわかるので、よく参考にしています。
今回の本もそんな一冊です。アキバBlog記事。

リトル・リトル (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)(amazon)

病弱な女の子の元に、ある日キツネっ娘がたずねてきて、メイドさんと3人で楽しく過ごすという、ただそれだけの内容ですが、ちゃんとストーリー展開があったりして、最後はいい意味で驚かしてくれます。サイレントコミックなので、すぐに読み終わってしまいますが、なんとも心が落ち着きます。少女マンガチックですが、非常に繊細に描きこんであって、読み返すたびに新しいことに気づいたりします。
ところで、なんでキツネの鳴き声って「こんこん」なんでしょうね。そんな鳴き声聞いたことないんですけど。

| | コメント (0)

2009.09.20

ストラーダポケット CN-MP100DL

最近流行のポータブルカーナビを買ってみました。

Panasonic ポータブルSDカーナビステーション CN-MP100DL(amazon)

2004年頃ソニーのDVDカーナビを買って、最近まで使っていましたが、もともと車(New MINI)との相性が悪くて、ワイパーの誤作動とかが起こっていたので外してみました。外したらなんか車の調子が良くなったのですが、カーナビがないのも不便なので、パーソナルカーナビを買うことにしました。

候補はやはり国内大手のソニーのnav-u、サンヨーのゴリラ、パナソニックのストラーダポケットの3つですが、FM-VICSが付いて一番安かったのと、今買うと地図用SDカードを4GBから8GBに無料交換してくれるキャンペーンをやっていたので、ストラーダポケットにしました。100DLはワンセグ無しモデルです。レビュー記事はこちらが詳しいです。

まだあまり使っていませんが、性能的には今まで使っていたソニーのカーナビ以上だと思います。検索も十分早いです。画面が小さく、タッチパネル操作なので慣れが必要です。あとあまり運転席の近くに置くと、視界を遮るし、画面にどうしても目が行ってしまうので危険です。かといって離して置くと画面に手が届かなくなるし。

もうちょっと試してからレビューしようと思ったのですが、つい先日新機種が発表されてしまいました。全部入りの250DL、ワンセグあり&VICSなしの180DL、ワンセグなし&VICSありの150DLです。どの機種も地図は8GBで、スタンドが接着式から吸盤式になりました。本体自体は200DL/100DLと同じのようです。個人的には吸盤式スタンドがうらやましいのですが、どうやら別売りで用意されるようなので、そちらを購入してみたいと思います。

Panasonic ポータブルSDカーナビステーション ブラック CN-MP250DL-K
Panasonic ポータブルSDカーナビステーション スノーホワイト CN-MP180DL-W
Panasonic ポータブルSDカーナビステーション チタンシルバー CN-MP180DL-S
Panasonic ポータブルSDカーナビステーション ルミナスレッド CN-MP180DL-R
Panasonic ポータブルSDカーナビステーション ブラック CN-MP150DL-K
Panasonic ポータブルSDカーナビステーションオプション 車載用吸盤スタンド CA-FND020D
(amazon)

| | コメント (0)

2009.09.17

とんぬらさん 第1巻

またコミックのレビューです。

とんぬらさん 1 (IDコミックス REXコミックス)(amazon)

Comic REX連載のマンガです。小・中・高校生の三姉妹と母親の4人家族に、言葉をしゃべるダンディなデブ猫、とんぬらさんが移り住むというお話。

三女が拾ってきたとんぬらさんを飼うことに母が反対し、いきなりビンタを食らわしますが、中に割って入ったとんぬらさんのダンディさとお腹の柔らかさに、母はすっかり懐柔されてしまいます。とんぬらさんのダンディさで、老若男女問わずみんなキュンとなってしまうところが面白い。次女だけは猫がしゃべるという事に納得いかないようですが、結局とんぬらさんのペースにはまってしまうんですよね。また、母がとんぬらさんに、娘の教育について相談してしまうのもすごい。なんて懐の広さ。ほとんど父親です。ただ、とんぬらさんの画が激しくコピペなのがちょっと・・・。もっといろんなポーズしろよ。

このあと、なにかが起きそうなところで話が終わってます。次巻が楽しみです。

| | コメント (0)

2009.09.14

FF4 THE AFTER YEARS 月の帰還

なんか、ゲームとコミックばかりで申し訳ないですが・・・。WiiウェアのFF4続編をやってみました。
サイトはこちら。
http://www.ff4theafteryears.jp/

なんとなく消されそうですがPVを張っておきます。

元々はケータイアプリとしてリリースされたファイナルファンタジー4の続編が、Wiiウェアに移植されました。ケータイ同様、シナリオは追加購入します。本編と真月編が各800円、追加シナリオが各300円です。とりあえず本編をクリアしました。

サイトで公開されたPVがかなり期待させるつくりですが、基本的にはケータイアプリレベルの画面と音楽の、古いタイプの2DRPGです。3Dムービーもオーケストラアレンジもないので要注意。ストーリーはFF4クリアの数年後の世界で、主役だったセシルとローザの間に生まれたセオドア王子が主役になっています。容量の少ないケータイアプリのせいか、ストーリーはかなり一本道です。

とりあえず本編クリアでプレイ時間は6時間半。うーん、こんなもんか?ちょっと遊び足りない感じですね。追加シナリオを買って続けるかどうか悩んでます。でも時間が空くとストーリー忘れちゃうから、どんどんやったほうがいいんですよね・・・。

| | コメント (0)

2009.09.10

はるみねーしょん 第1巻

いわゆるジャケ買いです。

\\ま じ で//
はるみねーしょん (1) (まんがタイムKRコミックス)(amazon)

まんがタイムきららキャラット連載の4コママンガです。そらとぶ宇宙人の女の子「はるみ」とその友人達のゆるーい学園4コマ。
正直言って、登場キャラ3人だし、構図がほとんど変わらないし、前半はまだいいけど後半ほぼダジャレオチです。キャラの可愛さと「やべえ」「まじで」で何とかなってるけど、明らかにネタ切れでした。まだ連載中らしいですけど、ずっとこのまま第2巻が出てしまうんでしょうか・・・?

| | コメント (0)

2009.09.04

ブラッド・オブ・バハムート

たまには残念な内容のゲームも挙げてみます。

ブラッド オブ バハムート(amazon)

スクエニの新作、ですが即行で値引きされてしまったゲームです。店頭で安かったというだけで、前調べもせずに買いました。一言で言うと、ミッション遂行型のタッチペンアクションRPGです。ガチなRPGを予想してたんですが、よりによって嫌いなジャンルのゲームでした。
巨像がガンガン動くプレイムービーはとても面白そうだったんですが、実際はタッチペンでチマチマと急所をつつくゲームです。それでも巨像だけならよかったのに、ちっちゃいザコキャラが邪魔で仕方がない。どうやらモンハンがお手本のようで、ミッション遂行型、マルチプレイ前提なステージです。ストーリーはあるにはあるけど、なんか適当で感情移入できず。おまけに私が一番嫌いなアイテム合成が前提です。個人的に「ヤリコミ要素といえばアイテム合成」という安易なシステムが嫌い、特になんでもかんでもというのが一番嫌いです。モンハンもそこが好きになれませんでした。

まあ安くなったのもわかるなぁという感じ。作りこんでいるだけに、ハマる人にはハマるんでしょうけど、個人的には巨像との対決にもっと力を入れて欲しかったという感じです。

| | コメント (0)

2009.09.02

うたわれるもの PORTABLE

PC版で一度クリアした「うたわれるもの」ですが、面白かったのでPSP版でもやってみました。

うたわれるもの ポータブル(通常版)(amazon)

基本的にはリメイクされたPS2版の移植ですね。PS2版は未プレイで、PC版もずいぶん前にプレイしたので詳細は覚えていませんが、一番変わったのはフルボイスになったところでしょうか。アニメを思い出します。なお、主人公のハクオロもボイス入りですが、長くなるのでプレイ中はオフさせてもらいました。力也さんゴメンなさい。強制イベントだけオンとか設定があればよかったんですが。あとアルルゥの「きゃっほう」は最強。
シミュレーションパートは相変わらず難易度ちょっと低めで、SLG苦手でもそれなりに楽しめます。二人がかりの大技「協撃」が追加されていますが、なかなか使う機会がないというか。ただ、ラスボスは強くなってて苦労しました。4回目のチャレンジでやっと撃破。
一応新キャラも追加されていますが、ちょっとしか出てこないのが残念です。味方に新キャラが欲しかったなぁと思います。ツンデレ的なのとか。
PC合わせて二度目のプレイでしたが、やはり面白かったです。BS11で再放送中のアニメが観たくなりました。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »