« 現代萌衛星図鑑 | トップページ | お台場ガンダムを観に行った »

2009.07.05

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

新エヴァ映画の第2弾、観てきました。
どーしてもネタバレしたくなるところですが、まだ公開一週間くらいですので、バレない程度に感想を。

巷では「完全オリジナル展開!」と書かれているところが多いのですが、個人的には五分五分といったところかなあと思います。もちろん大まかにはベツモノなんですが、要所要所でTV原作のシーンが入りますね。
今回は使徒出まくりで戦闘しまくり、おまけにアスカ登場で学園生活でもシンちゃんドキドキと、見どころの多い内容です。TV原作から、ストーリーにはあまり関係ない使徒が省略されたことから、展開はかなりスピーディーです。もちろん今回も気持ち悪いくらい使徒は動きます。
新キャラのマリは、正直今回の話ではあまり目立った動きがなく、次回に期待といったところでした。

で、総合的にどうだったかというと、面白いことに異論はないんだけど、TV原作で感じた危なっかしさというか、そういうのがなくなった分、ちょっと面白みに欠けるというか、そんな感じがしました。まあ今回はTVのときとは違って、きっちりストーリーを考えて作ってると思うので、当たり前だとは思うんですが。あと挿入歌のチョイスがズルイ。卑怯だ。

今回の話でだいぶ原作の面白いところまで進んでしまった感じで、次回作はそれこそオリジナル展開になるんじゃないかと思いますが、逆にいうと原作ファンは、結構今作で満足してしまったところがあるような感じがします。なんか、前のときほど次回作に対する期待感がないんですよね・・・。

|

« 現代萌衛星図鑑 | トップページ | お台場ガンダムを観に行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現代萌衛星図鑑 | トップページ | お台場ガンダムを観に行った »