« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の6件の記事

2009.05.29

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱&にょろーんちゅるやさん DVD最初

YouTubeで先行公開されたアニメです。面白かったので購入。

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱とにょろ~ん☆ちゅるやさん 最初(第1巻) [DVD](amazon)

おなじみ京アニ制作で話題になった「涼宮ハルヒの憂鬱」のパロディ作品である、ギャグマンガ「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」と、えれっと氏による同人4コママンガ「にょろーんちゅるやさん」のアニメ化です。まさかアニメになるとは、しかも原作同京都アニメーションが制作担当し、しかもYouTubeで公開という、なんとも型破りの作品です。
「ハルヒちゃん」はデフォルメキャラがハイテンションで繰り広げるギャグアニメ。元々原作がギャグ向けなので余計なところがなくなって原作より面白いかも。キョンのツッコミが全開。そしてちびキャラになったあちゃくらさんが最高です。
「ちゅるやさん」はWebで公開していたころから好きだった作品です。シュールな展開でかわいいちゅるやさんがにょろーんするところはかわいいです。

DVDは初回限定でサントラ付き。個人的にはオーディオコメンタリーとかあったらよかったんですけど、なかったので残念です。YouTubeでしかみてなかったので、やはり大画面で観れるのはいいですね。

| | コメント (0)

2009.05.25

ミチコとハッチン

放送終了はとっくですが、やっと観終わりました。サイトはこちら

ミチコとハッチン Vol.1 [DVD] ミチコとハッチン Vol.1 [Blu-ray](amazon)

「サムライチャンプルー」などクオリティーの高い作品を作るマングローブ制作のオリジナルアニメです。刑務所を脱走したミチコと、愛した男ヒロシが残した女の子ハッチンとのロードムービーです。なんというか、さすがに面白い作品でした。個人的にもブラジルが背景にあったり、音楽がカシンだったり、キャスティングが絶妙だったり、ミチコもハッチンも逆ベクトルですげーイイオンナだったり、乗ってるバイクがすげーかっこよかったり(どこか立体化しないかなぁ、ミチコとハッチン付きで)と、いろいろツボな作品でした。多少画が荒っぽいところもあったけど許すよ!
ただ個人的には、主要キャラに日本人名が多かったりするのはどうだろうなぁという感じ。もっとバリバリのラテン系の名前のキャラが多くてもよかったと思いますが。

すでに紹介済みですが、音楽もイイヨ!
ミチコとハッチン オリジナルサウンドトラック CHAPTER-1 ミチコとハッチンOST Chapter-2(amazon)

| | コメント (0)

2009.05.13

ジャンヌ・ダルク

もうずいぶん前に買って積み状態だったのですが、やっとクリアしました。

ジャンヌ・ダルク PSP the Best(amazon)

史実のフランスの英雄、ジャンヌ・ダルクを主人公にした、ファンタジーシミュレーションRPGです。ゲーム製作はレベルファイブ、ムービーのアニメ製作はSTUDIO4℃という、なかなか強力な開発陣です。システムはオーソドックスなSRPGですが、3D画面で迫力もあります。ストーリーもなかなかドラマチックでよかったです。声優陣も坂本真綾さんや能登麻実子さんなど豪華ですし。
やってみると面白い、非常によくできたゲームだと思いますが、逆にウリというか、華になる部分がないのが残念です。続編的なものが出なかったところからして、あまり売り上げが良くなかったんでしょうかね。

BEST版が安いのでオススメです。

| | コメント (0)

2009.05.12

ドラマCD P.S.すりーさん

衝動買いです。

ドラマCD P.S.すりーさん(amazon)

ika氏がWebで公開している、ゲーム機を擬人化(アイドル化)した4コママンガのドラマCD化です。才能はあるのになかなか結果が出ない子「すりーさん」や、豪快な性格のプロデューサー「せがさん」などが活躍します。

このドラマCDは、とにかく出演されている声優さんが豪華でつい買ってしまいましたが、いまいちキャスティングが合ってないような気がします(32X先輩役のゴトゥーザ様はいいとして)。また、出てくるキャラクターが多すぎて、消化不良な感じが否めません。またマンガのドラマCDによくあることですが、セリフが説明的で冗長な感じがして、テンポが悪い気がしました。原作のマンガが面白いだけに・・・。これはもうYouTubeでアニメ化するしかないんじゃないですかね。

| | コメント (0)

2009.05.08

とらドラ!

放送終了しました・・・が、最終話の録画に失敗して10分しか観れませんでした。
サイトはこちら

とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD](amazon)

ライトノベルのアニメ化です。魔法も戦闘もない、ガチンコの学園ラブコメでした。前半はテンションの高さに笑ったんですが、後半になるにつれて緊迫した関係に。でも最後はなかなかのハッピーエンドでした。たぶん(最後まで観れなかったので)。しかし主人公ってのはモテるよな、ちくしょう。

ゲームもかなりヤバいらしい。
とらドラ・ポータブル!(通常版)(amazon)

| | コメント (0)

2009.05.07

立体ピクロス

ピクロスDSが面白かったので、最近出た立体ピクロスもやってみました。

立体ピクロス(amazon)

ピクロス(イラストロジック)の立体版、というのが一番わかりやすいんですが、細かいルールが違います。まず、ヒントとなる数字は1つしか書かれていません。例えばその列に3つ連続したブロックがあればただの「3」、2つに分かれていれば丸数字の3、3つ以上に分かれていれば四角数字の3が書かれています。また、全ての列に数字が書かれているわけではありません。ここが難しくて、表示されている数字だけで立体形を推理する必要があります。操作は全てタッチペンで行います。

で、まだ初級コースなんですが、なかなか難しい。パズルとしてはとても面白いんですが、個人的に気に入らない点が。私のDS、タッチペンの精度が悪いんですよ。何度補正しても合わないんです。だから、あまりきわどい角度でブロックを壊そうとタッチすると、意図しない後ろのブロックを壊しちゃったりするんです。このゲームは、ノーミスかつ制限時間内でクリアしないとご褒美がもらえないので、意図しないブロックを壊してしまうと、かなりイラっとします。ピクロスDSはボタンのみでも操作できたのでよかったんですけどね。DS修理にだしたほうがいいかな。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »