« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の5件の記事

2009.02.21

シャンブル/UNICORN

16年ぶりに復活したユニコーンの新譜です。

シャンブル【初回生産限定盤】(amazon)

1993年に解散して以来、ファンからは再結成が熱望されていた伝説のバンドですが、今年始めに突然の再結成、しかも宣言だけでなく、すでにアルバムもツアーも決まっているという用意周到さ。なにげに去年一年かけてこっそりアルバムを作ってたみたいです。

16年経ったユニコーンの新譜ですが、第一印象は「あれ、ユニコーンってこんなんだったかな?」という感じ。もっと色々な意味で弾けとんだイメージだったので、いまいちパンチがないような。で、次に初回限定版のDVDを観ました。これには、主に今回のアルバムの収録現場が記録されています。これを観ると、確かにこれはユニコーンだ、と思います。収録している彼らは相変わらずふざけているのか真面目なのか、とにかく楽しそうです。これを観てからアルバムを聴くと、また雰囲気が違ってきます。ようするにこれは「オッサンになったユニコーン」なんですな。全員が作詩・作曲をし、歌も歌い、楽器も替えたりするのはユニコーンらしいところですが、全体的に毒が抜けたというか、丸くなったというか、要するにオッサンになったという感じです。オッサンならではのふざけ方があるので、その辺が落ち着くまではもうちょっと時間がかかるかもしれませんが、これはこれでユニコーンなんだろうと思います。今回のアルバム自体は傑作とまでは言えませんが、今後に期待といったところでしょうか。

せっかく再結成したんで、5年くらいは活動を続けてください。一度くらいはライブ観に行きたいですな。

| | コメント (0)

2009.02.15

2/14 Classic Style Concert 2009 ~ゴンチチの生音三昧~@浜離宮朝日ホール

またまたゴンチチのコンサートに行ってまいりました。

今まで何度もゴンチチのコンサートに足を運んで、二人だけのデュオ形式も何度も観ましたが、今回は私にとって初めての、PAを通さない、完全生音のコンサートです。昨年、大阪で初の生音コンサートを行い、それが好評だったため、今回は東名阪ツアーでの開催となりました。

ご自身達もまだ経験の浅い生音コンサートなので、いつもよりかなり緊張した面持ちで始まりました。ゆるい感じが悪いわけではありませんが、こういうピリピリした感じも新鮮です。前の方の席だったせいもあって、予想以上にはっきり音が聞こえました。一番に感じたことは、「CDの音そのまま」だということ。今まではオベーションなどのピックアップ付きのギターでPAを通して出てくるのがコンサートの音であり、それがCDのギターの音と違うことに違和感があったのですが、そんなもんだと勝手に思い込んでいました。生音で聴くギターは、まさにCDの音そのものであり、歪みのない、すべての音域で聴こえる感触がありました。これは一番の収穫でした。

今回は、今まであまりやらなかった曲から、最新の曲、そしてアンコールではそれぞれのソロ演奏もあり、非常に見応えのあるコンサートでした。ゴンチチだけでなく、観客の方も、一音足りとも聞き逃さないという緊張した雰囲気がありました。周りの人のお腹の音まで聴こえちゃうのは仕方がないことですが・・・。あと、今回はモニタースピーカーもないため、ゴンチチお二人が互いの音をちゃんと聞くことができないので、特に三上さんがしきりに松村さんのほうを見ながら演奏されていたのが印象的でした。それならちょっと向かい合わせの演奏でもよかったのかも、と思いましたが。

ぜひとも、生音コンサートは定期的にやってほしいです。

| | コメント (2)

2009.02.11

三菱液晶モニター RDT203WM-S

液晶モニターを買い換えました。三菱の20.1インチワイドです。

MITSUBISHI ワイド液晶ディスプレイ Diamondcrysta WIDE RDT203WM-S (BK) ブラック(amazon)

今までも三菱の17インチ液晶を使っていましたが、Windows Vistaを使うようになって、やはりワイドモニターが欲しいなと思い、買い換えました。sofmap通販で19800円で購入。今はもっと大きいモニターも安く買えますが、自宅のスペースでは20インチが精一杯。最近は21.5インチのフルHDモニターも出てきましたが、ちょっとドットピッチが狭すぎそうな感じがするので、このモニターにしました。三菱を選んだのは、単純に今まで使っていたからです。

光沢液晶なので反射が心配でしたが、自宅の環境では気になりませんでした。ドット欠けもなくラッキー。非常にくっきりはっきり見えます。ワイドになり、サイドバーも常時見えて便利になりました。スピーカーは使ってません。アナログでも繋いでみましたが、アナログもいけると思います。とりあえず満足です。

| | コメント (0)

2009.02.07

風のクロノア door to phantomile

Wiiのアクションゲームです。

風のクロノア door to phantomile(amazon)

1997年にプレイステーションでリリースされた同タイトルのWii移植版です。PS版は当時プレイ済みで、実はいまだに持っていたりするのですが、わざわざWii版も買ってしまいました。2Dのジャンプアクションで、方向ボタンと2つのボタンしか使わないシンプルさとパズル要素もある絶妙な難易度、そして奥行きをもたせて2Dであることを忘れさせてくれるようなグラフィック、かわいくよく動くキャラクターと幻想的な音楽、そしてちょっぴり感動的なストーリーと、とにかくよくできたゲームです。もちろん当時からこのゲームは大好きでした。

Wiiに移植され、画面がワイドになりグラフィックもきれいになりましたが、基本的には原作のまま。わかってはいたんだけど、ちょっと物足りなさを感じましたね。オリジナルステージが増えてくれるとよかったんですが。オールクリア後のエクストラステージは、超シビアな操作が要求される激ムズステージです。さすがにこれは・・・。

10年経っても色あせない名作ですが、2Dアクションゲームはスーパーマリオからこのゲーム辺りまででほとんど完成しちゃってるのかな、という寂しい気もしました。ちなみに、このゲームは当時ナムコに勤めていたキリンジのお兄さん、堀込高樹氏が音楽に参加してます。残念ながらWii版のエンディングロールでは名前を確認できませんでしたが、音楽はそのままですよ。

| | コメント (1)

2009.02.03

Norton Internet Security 2009

今までずっとウイルスバスター使いだったんですが、今年からノートン先生に変えてみました。

Norton Internet Security 2009(amazon)

ウイルスバスターは、売り切りやフリーのものを除くと、とにかくコストパフォーマンスが高いのが一番の魅力でした。1年更新版が三千円台で買えることもあります。3台までインストールできることを考えると文句なしです。ただ、2008から2009にアップデートしたときに、ほとんど使い勝手が変わらなかったことに失望してしまいました。特に頻繁にウイルススキャンしろと警告してくるのが面倒。そのくせに、スケジュール設定してもそのときにPCが動いてなかったら無視するし。元々、バグ有りのアップデートを流したり、サイトが改竄されたりと、ソフト会社としての不満もありました。

そこで、ITニュースサイトのレビューを読んでみると、今年のノートン先生がかなり気になったので、思い切って乗り換えてみました。ちょっと高いんだけど。

個人的に気に入ったのが、アイドル時に勝手にウイルススキャンしてくれる機能と、信頼されたファイルに対してはスキャンをスキップしてくれる機能です。放っておけば勝手にスキャンしてくれるので、意識しなくて済むのは嬉しいです。ただ、自宅でPCを使うときは、ほとんどアイドルにならないことが多いので、その場合はスケジュールに入れたほうがいいのかもしれません。自動スキャンだと、どのくらいスキャンしてくれたのかがちょっとわかりにくいのが不満ではあります。

ということで、今のところ満足。2010年版がどうなるかわかりませんが、今年はノートン先生でいこうと思います。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »