« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の4件の記事

2008.08.30

au Run&Walkが面白い

最近、体脂肪計を手に入れたのですが、そうなるとやはり体脂肪率が気になります。じゃあちょっと走ってみるかということで、auが始めたRun&Walkというサービスを使ってみました。

これは、auケータイのGPS機能を使って、ランニングやウォーキングのログを取ってくれるサービスです。専用アプリを起動して、後はケータイを持って走るだけで距離や速度などを自動計測し、道のりを地図で確認することも出来ます。走った記録はサーバーに保存され、あとでPCやケータイで確認することも出来ます。

自分で何度か試してみたのですが、ズボンのポケットに入れた状態だと走るとき重くて邪魔だったり、GPSを取り逃したりしてうまくいきませんでしたが、小さなウエストポーチに入れることで解決しました。また、走った後の通信に失敗すると、その時間の記録が消えてしまうので注意(何度かやりました泣)。走り終わったあと、アプリが通信が終了するまでは外でじっとしていたほうがよさそうです。

個人的には、もしiPodがClassicでなくてnanoを持っていたら、Nikeのスポーツキットのほうを使っていたかもしれません。どちらがいいかは判りませんが、auケータイを持っていたら試してみる価値はあると思います。ライト会員は無料ですし。あと、ベーシック会員になるとBikeモードが使えるようになります。気分転換に自転車にも乗りたい人にはauオススメです。PCサイトでの記録確認は、視覚的にも楽しいです。ただ、全体の順位が表示されるだけというのはちょっと寂しい。iPod+Nikeのほうは、ニックネームで順位が表示されるそうなので、そちらのほうが面白そうです。

| | コメント (0)

2008.08.29

VSOD/ゴンチチ

ゴンチチの新譜が出ました。今回は結成30周年記念ということで豪華。

VSOD -Very Special Ordinary Days-(amazon)

VSODは「Very Special Ordinary Days」の略。XOというアルバムもありましたが、ブランデーのVSOPとうまく掛けています。意味は「とても特別な普通の日々」。洒落てますね。

アニバーサリーアルバムということで、アレンジャーに清水靖晃氏、屋敷豪太氏、中島ノブユキ氏、羽毛田丈文氏、菅谷昌弘氏と豪華に揃えています。この辺もXOに近い感じがします。内容は、よく言えばゴンチチスタンダード。悪く言うと新鮮味がないというか。アレンジャーが多彩なので、アルバムとしてはバラエティに富んでいるのですが、各曲の曲の流れというか、メロディの展開というか、なんとなく先が読めてしまうんですよね。これは長年ゴンチチを聞いてきたせいなのかも知れませんが、最近のゴンチチのアルバムではいつも感じているところです。もうちょっとメロディとコード進行だけで驚かせて欲しいというか、感動させて欲しいというか、物足りなさを感じでしまいます。

ボーナストラックに、CM曲として使われたスカボローフェアと課外授業が収録されています。課外授業は出来たら新録でゴンチチバージョンが聞きたかったところです。

| | コメント (0)

2008.08.27

劇場版「スカイ・クロラ」

押井守監督のアニメ映画です。8月末で公開が終わってしまいそうだったので、急いで観に行きました。

Banner234_60

原作は既読だったので、とりあえず原作との違いから。大きく3つ。
一つ目は、敵側に「ティーチャー」というエースパイロットが出てくること。ひょっとしたらシリーズの他の原作には出てきているのかもしれませんが、小説「スカイ・クロラ」には出てきませんでした。もちろん、出てくるからにはそれなりの意味があります。
二つ目は、整備士の笹倉が男性ではなく女性(オバサン)として出てくること。これは、ただ性別を変えただけでなく、草薙水素の理解者としての意味合いもあると思います。
三つ目は、ストーリーの終わらせ方。こればかりはネタバレになるので詳しく書きませんが、なんとなくそうなるのかも、と予感はさせました。

それ以外は、大体原作どおりだと思います。2時間の中によく収めたなぁと思います。小説は一人称ですが、映画ではナレーション的なものはないので、登場人物の会話でストーリーを把握しなければなりませんが、変におしゃべりよりは、淡々と戦争に参加する異様さが出ていてよかったのではないかと思います。ただ、ストーリーは恋愛モノ寄りにアレンジされていると思いました。それが草薙水素の良さを引き出しています。

もちろん戦闘機による戦闘シーンは実写さながらの迫力。カメラワークもかっこいいです。あと、押井監督おなじみの犬が、基地で飼われている形で登場してました。この犬の演技も無駄にいい(笑)。

原作は、読んだほうがおもしろいと思いますが、読まなくてもストーリーは理解できるんじゃないかなと思います。面白かったです。

| | コメント (0)

2008.08.02

WebラジオキットBB-Shout

Webラジオは、海外にジャンル別に一日中音楽を流してくれるサイトが山ほどあり、SHOUTcast+WinampやiTunesなどでPCで気軽に聴けます。でも音楽目的でPCを立ち上げるのはちょっと面倒だし電気代とかもったいない。もっと手軽にWebラジオを聴ける方法はないかと色々調べてみました。

ひとつはPSPを使う方法があります。PSPのシステムプログラムを最新にすると、SHOUTcastやIceCastなどのプレイヤーがダウンロードできます。でも意外と動作がもっさりしてたり、好きなサイトが登録できなかったり、ゲーム中はもちろん聴けなかったりと、使い勝手はイマイチです。

もうひとつはWebラジオチューナーを買う方法です。WebラジオチューナーはWebラジオ専用の装置で、ネットに繋ぐことによってすぐにWebラジオが聴けます。今はツクモで売っているチューナーが一番簡単に手に入ると思います。値段も17800円、メーカー保証も付いています。

でももっと安く済ませたいと思ってさらに調べていたら、なんとアキバのパーツ屋でおなじみの秋月通商でWebラジオキット「BB-Shout」というのが売られていました。値段はキット本体が8200円、専用ケースが1200円、ACアダプタが550円で、10000円以内に収まります。久しぶりにハンダ付けでもやってみたくなったので、買って組み立ててみました。ちなみにツクモのチューナーもこれがベースのようです。

Bbshouts

BB-Shoutは、H8マイコンにLANコントローラーとMP3デコーダーを組み合わせたシンプルなボードで、プログラムは書き込み済み、表面実装の部品も実装済みで、あとは30個くらいの部品をハンダ付けするだけで完成します。本体は100箇所までのサイト登録が可能で、サイト登録はPCから行います。本体ではサイトの選択や音量・音質設定などが可能です。DHCPにも対応しているので、ルーターなどを使っていればLANケーブルを繋ぐだけですぐ音が出ます。

久しぶりのハンダ付けなので慎重に、組み立てに2時間くらいかかりましたが、LANケーブルとACアダプタを繋いで音が出たときは感動もひとしお。今はほとんど家にいるときはつけっぱなしで聴いています。好きなジャンルだけでなく、普段は聴かないジャンルをかけてみるのも面白いです。音楽好きにはたまらないと思います。ハンダ付けが苦手な人は秋月で完成品が12800円で売っていますし、メーカー保証が欲しい人はツクモのチューナーがあります。買ってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »