« ぽてまよ 第1~3巻 | トップページ | 鬱の力/五木寛之 香山リカ »

2008.07.10

「自分」から自由になる沈黙入門/小池龍之介

最近よく本屋さんで平積みされてる、お寺の住職さんが書いた本です。挿絵も筆者が書かれているようで、かわいいですね。

「自分」から自由になる沈黙入門(amazon)

自分の口から出る言葉は、批判や悪口だけでなく、後悔や謙遜など、元々は自分の業により出てくるもの。そんな言葉は、喋る自分は一時的に気持ちよくても、結果的に自分や相手に不快感をためこむ原因になります。そんな言葉を言いたくなったり、また言われたりしても、黙って静かに受け流しましょう、といった感じの内容です。Webで公開していたものをまとめた内容みたいですが、文章を読んでいるとまるでお説教を受けているようで、やさしい言葉で説いているんですが、どこか威圧感というか、そんな印象を受けます。変に古い言葉遣いを使っていたりしているのが、またそれに拍車をかけています。終わりのほうに、簡単な瞑想方法を説明している章があって、これは手軽に出来そうな気がします。でも、ただ黙るだけでは自分にガスがたまってしまうわけで、黙りつつガスをためないようにするというのは、難しそうです。そもそも、こういう本はどういう人が買うんだろうなぁ。

それにしても、この本の通りだと、こんなBlogを書くこともまた余計なことということになって、なんだか批評も書きにくいですね(苦笑)。そもそも、この本の筆者も、また黙ってられないから本を出してるんじゃないか、という気も・・・。まあ、お坊さんは説くのが仕事ですから、それはそれ、なんでしょうけど。

|

« ぽてまよ 第1~3巻 | トップページ | 鬱の力/五木寛之 香山リカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぽてまよ 第1~3巻 | トップページ | 鬱の力/五木寛之 香山リカ »