« 大人の見識/阿川弘之 | トップページ | NiGHTS ~星降る夜の物語~ »

2008.05.31

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト

DS用のアクションRPGです。

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト(amazon)

Wiiウェアの「小さな王様と約束の国」で興味があったので、ちょっと古い作品ですがやってみました。元々ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル(FFCC)はゲームキューブ版が最初で、本家FFとは違った世界観があります。本作品もそれに合わせている感じでしょうか。

ストーリーを進めていくシングルプレイの他に、多人数でクエストをクリアしていくマルチプレイがあります。マルチプレイは面白そうですが、実際にプレイした人はどれくらいいるんだろうなぁ。ストーリーは、双子の姉弟が主人公(でも操作できるのは一人だけ・・・)で、その二人に不幸が襲います。家族の愛と、タイトルにもなっている運命の輪が肝になっています。

ゲーム自体は、特性の違う4人のパーティーのうち1人を選んで操作するアクションRPGで、ゼルダのような謎解きもありますが、ちょっとアッサリしすぎている感じ。3DフィールドもDSの画面だとちょっと狭すぎますね。ヤリコミ要素もありますが、素材とレシピで武器や防具を作るシステムは分かりにくい感じでした。面白かったころは面白かったけど、ボリューム不足でしたね。

追記
ストーリーはちょっとグッとくるところがありました。でもパートボイスなんだよね。しゃべったりしゃべらなかったりで、ちょっとムードが下がるというか、そんな感じがしました。

|

« 大人の見識/阿川弘之 | トップページ | NiGHTS ~星降る夜の物語~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人の見識/阿川弘之 | トップページ | NiGHTS ~星降る夜の物語~ »