« 2/10 CARNAVAL2008@代官山UNIT | トップページ | 文化庁メディア芸術祭 »

2008.02.12

魍魎の匣/京極夏彦

京極夏彦さんの「京極堂シリーズ」の第二弾です。同シリーズ中では一番の人気作ということで、もうずいぶん前に買って未読の山にあったのですが、やっと読み終わりました。
偶然ですが、映画が封切りされてたんですね。

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)(amazon)

多摩を中心に起こる連続バラバラ殺人事件と、少女に起こる事故、魍魎を箱に収めるという教祖など、それぞれのサブキャラクターが関わった内容が、京極堂のところに集められ、最終的に箱のような建物・ある医学研究所で結末を迎えます。前半、さまざまな事柄が並行的に語られ、キャラクターが動きまわるのは楽しいですが、後半から京極堂が出てくると、もう彼の独壇場。しゃべりっぱなしです。推理というか、ちょっと都合よく色々知りすぎな感じがして、読みながら引いてしまいました。

面白いことは面白いです。これだけの文量を一気に読ませるだけのことはあります。ただ、小説の中の関口じゃないですが、京極堂がじらせるだけじらすからなぁ、という気もしますね。

|

« 2/10 CARNAVAL2008@代官山UNIT | トップページ | 文化庁メディア芸術祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/10 CARNAVAL2008@代官山UNIT | トップページ | 文化庁メディア芸術祭 »