« レボリューション・イン・ザ・バレー | トップページ | 心の休ませ方/加藤諦三 »

2008.01.27

仮面ライダー電王 終了

放送終了しました。サイトはこちらこちら

仮面ライダー電王 VOL.1(amazon)

正直、最初は「なに電王て!電車かよ!」と思いましたが、面白かったです。主人公が不幸でドジっ子というのもありますが、個人的に、今までの仮面ライダーのように、二十歳そこそこで青臭い正義を押し付けたり、変にナルシストだったりするのよりは、よほど共感できるキャラクターでした。主人公の乗り移るイマジンたちもキャラが立っててよかったですね。モモタロスはいいキャラだったなぁ。あと、今までのライダーと違って、一人で戦っている感じがなかったのも好感です。そういう意味では、前の時間にやっている戦隊モノのノリに近かった感じがしました。そういえば、基地的なものもあったし、デンライナーはもうロボットですよね、あれ。

残念だったのは、ノリと反してストーリーが難解だったこと。最後のほうは、謎解きなんかより、モモタロス達が暴れてくれればそれでいいよ、と思いました。

周りをみても、今回のライダーは結構評判よかったみたいですね。特撮好き、イケメン好きだけでなく、今回は男性声優ファンもひきつけたみたいですし。個人的には、一人で5役やった主人公の彼はなかなかすごかったと思います。

|

« レボリューション・イン・ザ・バレー | トップページ | 心の休ませ方/加藤諦三 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レボリューション・イン・ザ・バレー | トップページ | 心の休ませ方/加藤諦三 »