« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の14件の記事

2007.09.30

ねんどろいど タチコマ

ねんどろいどシリーズ初のメカモノだそうですが、攻殻機動隊SACのタチコマです。

攻殻機動隊 S.A.C. ねんどろいど タチコマ (ノンスケールABS&PVC可動フィギュア)(amazon)

続きを読む "ねんどろいど タチコマ"

| | コメント (0)

さよなら絶望先生

放送終了しました。サイトはこちら

さよなら絶望先生 特装版1(amazon)

週刊少年マガジンに連載の同名マンガのアニメ化です。原作からしてパロディ・風刺ネタ満載なわけですが(原作未読ですが、ネットのレビューを見れば・・・)、これまたその手のアニメ作らせたら右に出る者がいない、新房監督×シャフトが手がけて、まさに相性抜群で、予想通りの突っ走ったアニメになりました。
原作にどれくらいあわせてるのかとかは、もうどうでもいいです。ドラマや映画、TVなどのオープニングやポスターのパロディなどは、気合の入れ方がすごくて感心します。もちろん、ネットやアニメオタクなどへのネタもばっちり。原作が元々そんな感じだから、アニメでも浮いた感じがないというのも、相性の良さを感じます。

出来が良かっただけに、1クールで終わっちゃったのはちょっと残念でした。


| | コメント (0)

2007.09.29

鉄子の旅

CSファミリー劇場での放送終了しました。サイトはこちら

鉄子の旅  VOL.1  特別版(amazon)

JR全駅を制覇した鉄道オタクのトラベルライター横見さんと、女性漫画家の菊池さん、そして雑誌編集者の3人で日本全国のいろいろな駅を周るルポマンガのアニメ化。見どころは辺境駅の風景の描写を、鉄オタ横見さんのハイテンションなオタクっぷりです。どちらもなかなか力が入ってました。そして菊池さんのローテンションっぷりも。

CSオンリーだから、低予算で作ってるんだろうけど、それなりに力のいれどころがわかってる感じでした。でもできたら風景や駅舎は写真でも見たかったなーと思いました。アニメなんだから邪道だろうけど。

それにしても、これが本当なら、どの駅も「すごいでしょー!行けばわかる!」で済ませてしまう横見さんは、トラベルライターとしてはいかがなものかと思うよ(苦笑)。

| | コメント (0)

2007.09.28

SIDE FARMERS/HALFBY

前作の「RODEO MACHINE」のPVがニコニコ動画などですっかり人気になってしまった、HALFBYのニューアルバムです。

SIDE FARMERS(初回限定生産)(DVD付)(amazon)

今回も聞いていて楽しくなるすばらしいパーティーチューンです。朝、会社に行くのが憂鬱なとき、お客さんに怒られに行くときなど、気が滅入りそうなときにHALFBY聞いて気合をいれます。

続きを読む "SIDE FARMERS/HALFBY"

| | コメント (0)

2007.09.26

ぽてまよ

放送終了しました。サイトはこちら

ぽてまよ (1)(amazon)

月刊コミックハイ!連載の、こちらも4コマ漫画のアニメ化です(4コマ原作のアニメレビューが続いてますが、要するにストーリーものと違って観やすいんですな)。個人的に今クールで一番好きなアニメでした。かわいいだけでなくて、キャラクターもとても立ってるし(みかんとかむったんとかねねとか)、ホロリとさせる話もあったり、楽しい作品でした。最終回はマジ泣きそうでしたよ。

でも、ぽてまよってよーく見ると、顔と体のバランスが怖く感じませんか?

ぽてまよ 1 (1) (アクションコミックス アクションコミックスもえよん) ぽてまよ 2 (2) (アクションコミックス アクションコミックスもえよん)(amazon)

ちょっと単行本も読んでみたかったり。

| | コメント (0)

2007.09.25

ななついろ★ドロップス

放送終了しました。サイトはこちら

ななついろ★ドロップス 第1巻 [初回限定版]

18禁ゲームのアニメ化です。いとうのいぢ氏の原画で有名ですが、私は未プレイです。学園恋愛×魔法少女モノといったところで、ストーリーはかなり王道、だがそれがいいという感じで、予想以上にグッときました。キャラもかわいいし、よかったです。

ななついろ★ドロップス Pure!!(初回限定版:すもも1/8サイズフィギュア同梱) 特典 ななついろ★アートブック付き(amazon)

マジでゲームもやってみようかな。やるならPC版か?PS2版か?

| | コメント (0)

2007.09.23

DDD第二巻/奈須きのこ

ゲームメーカー、TYPE-MOONのシナリオライターである、奈須きのこ氏のオリジナル小説の第二巻です。
第一巻のレビューはこちら

DDD 2 (講談社BOX) (講談社BOX)(amazon)

支倉市の若者の間で流行る、SVSと呼ばれる賭け野球。そこで連戦連勝し、かつ負けた相手を殺してしまうという、魔球を投げる悪魔憑き「シンカー」が現れる。主人公のアリカの昔の野球仲間だったキリスは、その正体に思うところがあった・・・、といった内容です。これがアリカがカイエの面倒を見始めたあと、初めての悪魔払いになります。詳しいことは書きませんが、シンカーとキリスの出会い、シンカーの家庭事情、そして最後の決戦と、もう完全に手に汗にぎる青春小説ですよ。クライマックスに見開きの絵があるんですが、これがかなりグッときます。アニメとかで見たいなぁ、これ。

SVSが小説のだいたい2/3を占めますが、残りはというと、カバー表紙にもなっている、日守秋星という新たな悪魔憑きが登場します。そしてアリカの天敵、妹のカナタが・・・、といいところで小説は終わっています。次回作が楽しみです。

| | コメント (0)

2007.09.22

ドージンワーク

放送終了しました。サイトはこちら

ドージンワーク 第1巻【初回限定版】(amazon)

同人作家を主人公とした、こちらもオタクネタの4コマ漫画のアニメ化です。原作は立ち読みで軽く読んだことはありますが、原作のほうがかなり過激ですね。前半はアニメ本編ですが、後半は声優の斎藤桃子さんとこやまきみこさんの二人が1冊の同人誌を書き上げるというドキュメンタリー?ものになっています。なんというか、低予算でがんばった結果なんでしょう。企画賞ものです。おかげでアニメはかなり短めでボリューム不足ですが、両声優さんがかわいい声でブラックな発言をするのがなかなか面白かったです。

| | コメント (0)

2007.09.20

らき☆すた

放送終了しました。サイトはこちら
コンプティーク連載の4コマ漫画のアニメ化です。

らき☆すた 1 通常版(amazon)

あの京都アニメーションが4コマ漫画をアニメ化するとこうなります、という結果ですね。原作を読んでないので、これが原作の力なのか、アニメの力なのかはわかりませんが、少なくとも京アニがつくってなければここまでもりあがらなかったんじゃないかなー、と冷静に思います。まあ、最近4コマのアニメは新房監督が多かったので、比較できて面白かったですけど。

元々オタネタメインの原作なので(知らないけど)、かなり悪ふざけしちゃってますが、逆にここまでやっちゃっても京アニだから許せるんだろうなと。アニメ店長は好きでしたけど。でもらっきーちゃんねるとか白○とかいらない。あとキャラソンとか量産していて、明らかにハルヒ商法ですな角川。

TVアニメ「らき☆すた」OP主題歌 もってけ!セーラーふく(amazon)

| | コメント (0)

2007.09.18

CONTENT'S FUTURE

AV系ジャーナリストの小寺信良氏と音楽配信メモの津田大介氏が、TV、ラジオ、音楽、テキストなどのコンテンツを作る人、配る人、管理する人達に、「コンテンツの未来」というお題で対談した内容を収めた対談集です。
「コンテンツの未来」というのは、要するに「何でもメディア」であるネットという新しいメディアとどう向き合っていくか、という話がメインです。もちろんアンダーグラウンドなものではなく、商業的な結びつきになりますから、タダが前提なネットメディアでどうビジネスするか、また著作権の問題をどう対処するかが大きなポイントになります。

CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ (NT2X)(amazon)

続きを読む "CONTENT'S FUTURE"

| | コメント (0)

2007.09.17

Vista使用感

新しいPCを買ってから、3日ほどWindows Vistaを触ってみた感想を書きます。今回買ったのはHome Premiumです。

Microsoft Windows Vista Home Premium 通常版(amazon)

続きを読む "Vista使用感"

| | コメント (0)

2007.09.15

ツクモPC「Aero Stream」購入。

いままでずっと自作PCを使い続けていましたが、どうも自作は安定性に問題があるんじゃないかと思い、どうせ次は総とっかえなんだから(今のPCはSocket478)、PCを完成品で購入しよう、と思っていました。
で、どこのを買うか、しばらくリサーチしていましたが、国内大手メーカーは論外(たしかに安定性はありそうだけど、力の入れどころが変)、デルなどの通販PCも考えましたが、ここは定評があるらしい、ツクモのショップブランドPC「Aero Stream」を買ってみました。

P10008130001


続きを読む "ツクモPC「Aero Stream」購入。"

| | コメント (0)

2007.09.10

つぶやき

最近記事のアップが少ないので、ちょっと思ったことを。

●新エヴァの客層について。

庵野氏がどういう考えでエヴァを作り直したのかはよくわかりませんが、映画館での観客層はやはり20~30代の人が多かったように思いますが、エヴァをまったく知らない人っていうのはほとんどいなかったような気がします(友人とか彼氏とかにつきあって、という人はいたと思いますが)。映画の内容的には旧エヴァを知らなくとも楽しめそうですが、ハテナマークが頭に点滅しっぱなしでしょうね。でもそれは、TVAを見ていた最中でも同じでしたから。

ただ、前回ほどのムーブメントは起こらないことは確かでしょう。グッズとかも出尽くしちゃってるし。あ、展開しだいではまた解説本が出るでしょうね。

●ガンダムって教養?

週刊アスキーに、ガンダム好きな上司と付き合うためのガンダム講座みたいな記事がありました。最近もネットで、彼氏やダンナと話を合わせるためにガンダムを見始めた女の人とか時々聞くようになりました(ほぼ日にも「野球とガンダム」という記事が載ってましたね)。確かに今の30代後半~40代の係長・課長クラスの人たちはガンダム世代なわけですが、今の世の中、ガンダムは教養のひとつなんですかね。ファーストの劇場3部作を観れば「たしなむ程度」ということなんでしょうか。ただのアニメなんですけどね。
まあ、赤い物に「3倍早い」とか言ってるくらいならかわいいですけど、携帯が通じなくて「ミノフスキー粒子が多くて」とかいうヤツがいたら、私はむしろ引きます。

でも、ここまでアニメが教養化されるのもオタクが一般化した結果なんでしょうね。例えばヤマトとかゴジラとかウルトラマンとかが教養として必要なんて話は聞いたことないですよね。なぜかというと、大人になってもまだそんなこと追っかけてる人なんていなかったから。でもいまだにガンダムを追っかけている大人はたくさんいます。経済上はバリバリ現役ですよね。

エヴァもあと10年したら教養になるのかな。あと女性的にはどうなんだろう。子供のときに流行って、いまだに売れているものとか・・・、あ、キティちゃんとかはそうなのか。キャラモノならありそう。

●iPhoneの立場なし。

iPod touchが発表されて、みんなが「実は一番欲しかったのはiPhoneの携帯電話以外の部分」ということに気がついてしまったようです。ソフトバンクとかがiPhoneの導入を真剣に考えているとかなんとか話がありましたが、それもあまり魅力がなくなってしまいました。Appleって罪作りだな。個人的には、iPodが80GBで29800円というのがちょいショック。再生時間も延びてるし。買い換えようかな。


| | コメント (0)

2007.09.08

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序

12年前にアニメファンだけでなく、サブカルチャーとしても歴史を残した「エヴァンゲリオン」が庵野総監督のもと、新たに作り直されて映画化されました。私も当時ハマッタ1人として、新しい映画を観てきました。普段映画館なんて行かないんですけどね。公式サイトはこちら

すでに封切りから一週間、巷にはネタバレ含めた感想が多々上がっているので、私もネタバレ気味な感想を書きます。

以下、ネタバレ感想注意。

続きを読む "ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序"

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »