« ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 | トップページ | Fate/Zero 第3巻 »

2007.08.08

とりぱん/とりのなん子

週刊モーニング連載のエッセイマンガです。
本屋さんでお試し本を立ち読みしたら、気に入ってしまったので、3巻購入。

とりぱん 1 (1) とりぱん2 とりぱん 3 (3) (ワイドKC)
(amazon)

東北に住む作者の家の庭に現れる鳥たちの姿をはじめ、季節の山の恵みや虫達と戯れるエッセイマンガ、とでもいうべきでしょうか。非常に野生身あふれる作者さんで、近くの野原へガンガン山菜取りに行くわ、カマキリ捕まえて家で飼うわ、なんかやりたい放題で非常に面白いです。こういう女性もいるんだなぁ(笑)。でも、ところどころに、とても情緒豊かな詩的な表現があって、それがなんとも和みます。都会人のためのバーチャル田舎ですね。

個人的には、中学のときにバードウォッチングをやっていたこともあって、野鳥の話って興味がありました。そうそう!って感じで。

|

« ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 | トップページ | Fate/Zero 第3巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 | トップページ | Fate/Zero 第3巻 »