« ネットで人生、変わりましたか?/岡田有花 | トップページ | 草津・志賀高原ドライブ »

2007.08.23

リトルバスターズ! その2

その1の続き。あいかわらず長いゲーム時間ですが、それとは別にあまり進んでなく・・・。

リトルバスターズ! 初回限定版(amazon)

引き続き、キャラクター別エンド感想です。


能美クドリャフカ
帰国子女でハーフ(クォーターだったっけ?)。愛称クドまたはクド公(これはヒドイw)。マスコット的な扱い、というかワンコ扱い。「わふー」が口癖。英語が苦手。典型的なロリ萌えキャラですね。けなげでいい子です。ストーリーは、彼女の故郷の国が絡んでくる悲しいお話で、ちょっとファンタジーでもあります。悪くない話ですが、最後がちょっとあっさりしすぎかな。

三枝葉留佳
お騒がせキャラな能天気キャラ。トラブルメーカーであるがゆえに、風紀委員長の二木に目を付けられているが、ストーリーは、その二木との因縁めいた関係があらわになってきます。

とりあえずここまでクリアした感想としては、評価はあまりよくありません。イマイチゲームが進まないのもそれが理由です。せっかくのリトルバスターズなのに、どのストーリーも、ルートが確定するとほとんどその女の子と主人公だけで話が進んでしまうのはいかがなものかと思います。正直マンネリで、面白くありません。

このあと、いよいよ本命の鈴とその後の展開があるようなので、また評価が変わるかもしれませんが、今のところはこんな感じです。

|

« ネットで人生、変わりましたか?/岡田有花 | トップページ | 草津・志賀高原ドライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネットで人生、変わりましたか?/岡田有花 | トップページ | 草津・志賀高原ドライブ »