« フルメタル・パニック?ふもっふ DVD BOX | トップページ | 博士の愛した数式/小川洋子 »

2007.07.27

参院選に絶望した!

争点なき参院選に絶望した財務省若手官僚からの電話(BPnet)

TVに出ている田原総一朗さんは好きじゃないんですが、田原さんの文章は分かりやすくて結構好きです。
今回の参院選挙、もちろん投票するつもりですが、自分としては安倍さんにも小沢さんにも首相になって欲しくないと思っているんですが、なぜそう思うんだろうという疑問を、この記事では明快に答えてくれています。

今回は「年金選挙」になってしまい、「年金を守る」とかそんなの当たり前だろってことで言い争っていて、非常に低レベルですよね。野党もマスコミも安倍内閣のあら探しやっていて、これで自民党が勝っても、民主党が勝っても、将来の日本が不安なままであることには何の変わりもありません。年金守れれば全国民オールハッピーなんて思ってるヤツは1人もいないと信じたいですが、そもそも年金のシステムが破綻していることは目に見えているんだから、守れば守るほど何処かにしわ寄せがいくのは当然でしょう。むしろそこをぶっちゃけて「年金止めるからあきらめて」とか言ってくれたほうが、よほど国のことを考えていると思うわけです。年金なんて数ある問題の一つであり、そこだけを良くしたって何の意味もありませんよ。木を見て森を見ず。この記事でも言っているように、財政的にも国際的にもどんどん力を牛奈手いる日本をどうやって立て直すのか、もっと高いビジョンを語ってほしいんですよ。ちなみに「美しい国、日本」とかいうのはダメ。まだ「儲かる国、日本」のほうが分かりやすい。せめて「強い国、日本」くらいにしてほしい。

とにかく、投票したいのはヤマヤマなんだけど、投票すべき人が、政党がない、というのが実は投票率の低い一番の原因かもしれませんよ。

|

« フルメタル・パニック?ふもっふ DVD BOX | トップページ | 博士の愛した数式/小川洋子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルメタル・パニック?ふもっふ DVD BOX | トップページ | 博士の愛した数式/小川洋子 »