« 東京散歩・山手線その3 | トップページ | Fate/stay night[Realta Nua] »

2007.05.14

あかんべえ/宮部みゆき

久しぶりに宮部さんの小説を。この前読んだのは旅日記ですからね。

時代モノであり、人情モノであり、ファンタジーな作品です。新しい土地で料理屋を開くことになった、一人娘を持つ夫婦。その娘である「おりん」が、店の開店直前に病にかかり、生死をさまよいます。無事に一命を取り留めたところ、なんとおりんには、その土地に残る亡者(=おばけ)が見えて、しかも話しが出来るようになったのです。おりんは、その心優しい亡者達を成仏させようとするのですが・・・といったあらすじです。亡者達は、それぞれ心の中に別の無念を抱えていますが、それが何なのか本人達も分かりません。しかし、どうやら同じ無念を持った人には、その亡者だけが見える、という設定になっています。ですから、人によって見える亡者が違ったりするんですね。しかしヒロインであるおりんだけは、なぜか全ての亡者達が見えてしまうんです。その辺がストーリーの鍵になってきます。

巻末で菊池秀行さんが解説を書かれていますが、この話の読みどころは、おりんの健気さだと思います。どんな人にも、どんな亡者にも、どんな出来事にも、ピュアな心で接していく彼女の姿勢は、心温まるものがあります。

些細なことですが、登場人物の女性陣がみんな似たような名前で分かりにくいです。おりんとか、おみつとか、おつたとか、おさきとか・・・。皆いっぺんに出てくるので、誰が誰だか。

あかんべえ〈上〉 あかんべえ〈下〉(amazon)

|

« 東京散歩・山手線その3 | トップページ | Fate/stay night[Realta Nua] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京散歩・山手線その3 | トップページ | Fate/stay night[Realta Nua] »