« トニーたけざきのガンダム漫画Ⅱ | トップページ | 東京散歩・山手線その3 »

2007.05.12

蘇るPC-9801伝説 第2弾

NECの往年の名機、PC-9801を特集したムックの第二弾です。
最初の本は2004年に出てるので、3年ぶりということになりますね。

個人的に楽しみなのは、当時のハード・ソフト開発者へのインタビュー記事です。VシリーズCPU開発者や、98音源ドライバ、名作エディタMIFES、LHAなどの作者のインタビューも面白いです。エルミック・ウェスコムが今でも法人向けに作っているPC98互換機の話も面白いですね。Intelが486CPUの生産をストップしてしまったので、互換機生産も完了とのこと。

PC98のカタログを紹介しているページも懐かしくていいですね。昔、98が欲しくてお店でカタログを集めていた頃を思い出しました。ハイレゾ機、学校にあったなぁ。Handy98、欲しかったんですよね。

エミュレータで出来るゲームは、大戦略4、ウィザードリィ、テュルナノーグ2など。大戦略4はシリーズ初のリアルタイムSLGで、当時やった記憶があります。ちょっとやってみようかな。

2800円は相変わらず高いですが、当時を知る人にはオススメです。

蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾(amazon)


|

« トニーたけざきのガンダム漫画Ⅱ | トップページ | 東京散歩・山手線その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トニーたけざきのガンダム漫画Ⅱ | トップページ | 東京散歩・山手線その3 »