« ネギま!? | トップページ | コードギアス・反逆のルルーシュ »

2007.04.11

「べつやくメソッド」を考える

ネットでは、新しい表現方法が思いつくと、それを「~メソッド」と名づけてはやし立てる流れがありますが、今回もそんな一つ。私が溺愛するサイト「デイリーポータルZ」で、日記を円グラフで表現したべつやくさんの記事を、これまたヘビー巡回先であるインプレスウォッチのエイプリルフール企画で「べつやくメソッド」として取り上げ、瞬く間にWebツールが雨後のたけのこのように出てくるようになりました。べつやくさんの記事をはじめて読んだときは、「円グラフで表現したほうが面白そう」という着眼点に関心しただけだったのですが、みんなが実際にやってみて、実はすごい有効な手段じゃないかと真面目に議論し始めたので、それ自体がなんかおかしくて仕方がありません。最初から祭りの流れを知っている身としては、べつやくさんがこの状態をどう思っているのかも気になりますが、それ以前に、CMを茶化されたアップルジャパンがどう思ってるのかも気になりますね。アップルが今の気持ちを円グラフで表したら面白いんですけど。

私も真面目にべつやくメソッドを分析しますと、これは「箇条書き」の進化系なんではないかと思います。つまり「重み付きの箇条書き」です。今までの箇条書きでも、重要な順から書いていくのはセオリーですが、一番最初に書いた項目と一番最後に書いた項目に、どれくらい差があるのかまでは分かりませんでした。しかし円グラフにすると、これが一目で分かります。ここがすごい。オマケに最後にオチャメな項目を追加しても、ただの箇条書きなら「こいつ真面目に考えとんのか」と思われがちですが、円グラフで小さく設定しておけば、シャレとして扱われやすいでしょう。

というわけで、
200741121544815
(べつやくメソッド用 円グラフ作成君を使用しました)

|

« ネギま!? | トップページ | コードギアス・反逆のルルーシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネギま!? | トップページ | コードギアス・反逆のルルーシュ »