« Kanon DVD Vol.4 | トップページ | チンクルのバルーンファイトDS »

2007.04.19

Fate/Zero 第2巻

Fatezero2

Fate/stay nightの過去の聖杯戦争を描いた小説の第2巻です。第1巻のレビューはこちら。公式サイトはこちら

いよいよ開幕された聖杯戦争。第2巻のストーリーは大きく2つに分かれます。まずはマスターと共に連続殺人を続けるキャスター、彼の行動に問題を感じた教会側は、キャスター以外のマスター達に、キャスター討伐を提案します。キャスターはセイバーに対して挑発し、サーヴァント同士の戦闘が始まります。残ったマスター、衛宮切嗣にも他のマスターから襲撃され、マスター同士でも戦闘が始まります。もう一つのストーリーはライダーの征服王であるがゆえの奇行と、彼の本領発揮、とんでもない宝具が発動します。

聖杯戦争らしい、腹の探りあいとスケールのでかい戦闘。本編のFate/stay nightと違い、マスター達も強力な戦闘力を持っているので、そちらの戦いも手に汗を握ります。そしてやはり登場人物が面白い。まずはライダーのキングクラスの豪快なオヤジっぷりはなんとも魅力的。ライダーとウェイバーのコンビは、それだけでアナザーストーリーが作れるくらいですよ。そしてセイバー。マスターからは無視され、ライダーからはけなされ、オマケに致命傷を負って満足に戦えないという、主役の一人のはずなのに、かなり扱いが悪いのが泣けます。本編の魅力(宝具?)のひとつであるハラペコっぷりも今回はなしですよ。

解説のところにも書かれていますが、我々はこの物語の結末を知ってます。勝利を得るのは、衛宮切嗣とセイバーです。そう考えると、他の魅力的なサーヴァントやマスターが、いったいどうやって敗れるのか、読めば読むほど気になってきます。

|

« Kanon DVD Vol.4 | トップページ | チンクルのバルーンファイトDS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kanon DVD Vol.4 | トップページ | チンクルのバルーンファイトDS »