« ALL SINGLES BEST/スガシカオ | トップページ | 半分の月がのぼる空 »

2007.02.10

DDD第1巻/奈須きのこ

「月姫」「Fate/stay night」で人気のゲームメーカー、TYPE-MOONのシナリオライターである、奈須きのこ氏の連載小説の単行本です。なんか予想以上に売れているようで、気が付いたらどこにも売ってなく、本屋さんを探し回りました。

「悪魔憑き」と呼ばれる奇病がはびこる世界で、左腕をなくした青年、石杖所在(イシヅエアリカ)と、義手義足を付け、地下室で暮らす美少年、迦遼海江(カリョウカイエ)の二人が、「悪魔祓い」を行う・・・。

面白かったです。「空の境界」と比べると、語り口はかなり現代的で、相変わらずトンデモ人間大集合な話ですが、それを「病気」と定義していることで、思ったよりも現実的な設定だと感じました。話の構成は、例の「悪魔祓い」と、アリカの過去の話が半々くらいといったところでしょうか。もう1人のカイエの正体がわかるストーリーはまだこれからですね。期待して待ちましょう。

DDD 1(amazon)

|

« ALL SINGLES BEST/スガシカオ | トップページ | 半分の月がのぼる空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ALL SINGLES BEST/スガシカオ | トップページ | 半分の月がのぼる空 »