« Kanon DVD Vol.1 | トップページ | アップルシード »

2007.01.19

「新」メディア進化論/西正

放送メディア関連のコンサルティングをしている、西正さんの本です。西さんは、昔ITmediaでBlogを書いたときから、その歯に衣着せぬ発言が好きで、よく読んでいました。今はITmediaがBlogをやめてしまったので、ご自身でBlogサイトを立ち上げています。もちろん今でも読んでいます。

西さんの本業は、放送業界の企業などを相手にしたコンサルティングなので、いわゆる消費者代表ではありません。ですから、例えば「地デジのコピーワンスは悪」などの極論は決していいません(逆にそのせいで、ネットではコピワン擁護派のイメージがついてしまいましたが・・・)。本書では、放送業界、通信業界、コンテンツホルダー、政府などのそれぞれの言い分、権利や法律、力関係などのところをひとつひとつ説明しながら、解決策やビジネス展開を提案しています。キーワードとしては、IP再送信、アナログ停波、NHK対民放、キー局と地方局、コピーワンス、BSやCS110、ラジオの復権、などでしょうか。とにかくカバーする範囲が広く、これ一冊で、現在の日本の放送業界が抱える問題をまとめて知ることができます。読んでいてとにかくわかったのは、簡単に事は進まない、ということでした(苦笑)。実は私も仕事柄、無関係ではないので・・・。

西さんのBlogにトラックバックさせていただきます。内容は十分にマニアックだと思います(笑)。ただ、自分としてはそのマニアックな部分が知りたかったので、満足でした。

ところで、正月に実家に帰省したとき、親父に「なんで地上デジタルは今までのTVで見れないんだ。白黒がカラーになったときはTVの買い替えなんてしなくても良かったのに。俺は納得しないぞ」と言い寄られてしまいました。どうすればいいでしょう・・・?

「新」メディア進化論―インターネットに押されるテレビ(amazon)

|

« Kanon DVD Vol.1 | トップページ | アップルシード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kanon DVD Vol.1 | トップページ | アップルシード »