« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の18件の記事

2006.12.31

くじびきアンバランス

放送終了しました。サイトはこちら

オタク漫画「げんしけん」の劇中劇として作られたアニメが、スピンアウトして作られた作品です。げんしけんはTVAは観ましたが、原作も読んでないし、DVDも観ていないので、そもそもどんなストーリーなのか、学園モノという以外は、よくわかりませんでした。微妙に三角関係のラブコメものだったんですな。Wikipediaを見る限りでは、設定が二転三転しているみたいですが。

「げんしけん」の世界では、アニオタにめちゃくちゃ人気がある(リアルでいうところの「涼宮ハルヒ」みたいなもんか)、という設定だったので、なんとなく期待してしまったのですが、実際は別に普通の内容でした。ちょっと拍子抜け。くじびきという設定も最初くらいしかなかったし。

くじびきアンバランス DVD-BOX  1(amazon)
これはむしろ、げんしけんOVAがつくというほうが売りな気がする・・・。

| | コメント (0)

2006.12.30

2006年F1総集編

今年もまた地上波放送を見逃してしまったので、CSで観ました。

昨年に引き続き、ルノー&アロンソの大躍進、そして皇帝シューマッハの苦悩と引退。シューマッハは、最終戦の大巻き返しなど、まだイケルという場面もありましたが、いままでになかったような凡ミスをするような場面もありましたし、本人もトップドライバーのまま身を引きたかったんでしょうね。放送では、FIFAがルノー&アロンソ潰しをしているようなところもありました。本当なら止めて欲しいところです。昨年はすごかったマクラーレンがボロボロだったのも印象的でした。

そしてスーパーアグリ。まだ「完走すれば御の字」的なところがありますが、何とか一年持ったし、来年への兆しもあるので、がんばって欲しいところです。まずは資金集めかなー。大型スポンサーのついてないマシンを見ると、ちょっと不安になります。

来年からは皇帝シューマッハのいないシーズンが始まるんですね。あまりに存在感が強すぎて、イメージがわかないんですが、どうなるんでしょう。

| | コメント (0)

ドラマ・のだめカンタービレ

放送終了しました。サイトはこちら

ふだん、TVドラマはほとんど観ない私ですが、さすがに「のだめ」とあっては無視できないです。というわけで、全話観させてもらいました。予想以上に楽しめました。

原作ファンとしてとにかく嬉しいのは、全11話の中で、可能な限り原作に忠実に作ったところ。大きな違いといえば、夏休みのニナ・ルッソ音楽祭がなかったことくらい。しゃべるタイミングは違えど、セリフもかなりそのまま使っていたりして、原作好きには嬉しい内容でした。

当初懸念されていた配役も、見続けていくうちに「これはこれでアリ」と思うようになりましたし(特にミルヒー役の竹中直人さん)、役者さんも体当たりで「のだめワールド」を表現されていたのがすごかったです。のだめ役の上野樹里さんと千秋役の玉木宏さんの、ある意味人間捨てた演技が素晴らしい。本当に口尖らせて「ぎゃぼー」とか言うとは思わなかったですよ。ただ、いくらギャグでも、男が女を殴るシーンをリアルにやられちゃうと、一瞬引いちゃいますね・・・。

もちろん音楽を取り扱っている作品だけあって、音楽にも妥協がありませんでした。ただ、音楽を主観的なイメージで表現する場面も多く、そういったものの表現は難しいところですね。黒木君の「ピンクのモーツァルト」とか。

パリ編の前で終わるというのは大方の予想通り。このあと1月からアニメが始まりますが、ここまでまんまドラマが原作に忠実だったから、アニメはパリ編から始めるっていうのも面白いと思うんですけどね。

「のだめオーケストラ」LIVE!「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック(amazon)

一応、DVDはこちら。
のだめカンタービレ (出演 上野樹里、玉木宏)(amazon)

| | コメント (0)

2006.12.29

009-1

放送終了しました。サイトはこちら

石ノ森章太郎原作の「009ノ1」をアニメ化した作品。冷戦時代のスパイアクションものです。

原作とどれくらい合っているのかは分かりませんが、ストーリーは安心して楽しめるクオリティでした。意外と言っては失礼ですが、結構面白かったです。画も石ノ森作品特有のグラマラスでエロチックな感じが良く出ています。主人公の声に釈由美子さん。正直、声優としてうまいかと言われると疑問ですが、感情のあまり入らない演技が、この作品ではクールビューティーな主人公にマッチしていて、良かったと思います。音楽は岩崎琢さん。この人はアレか?と思ったら、予想通り、R.O.Dでも音楽担当していた人ですね。ストリングスの曲がかっこいい。

009-1 vol.1(amazon)

| | コメント (0)

2006.12.28

ギャグマンガ日和

テレ玉で観てましたが、放送終了しました。サイトはこちら

原作は月刊ジャンプ連載のショート漫画です。といっても読んだことはありませんが。ショートなので2話で15分の番組です。なんというか、シュールで王道なギャグマンガですな。それを非常にハイテンポで見せるので、勢いで笑ってしまいます。で、観終わったあとに、じんわり思い出し笑い。要するに面白いのです。

監督は大地丙太郎氏。製作はアートランド。あの「蟲師」のアートランドですよ。長濱さんも何気に参加してますよ。ていうか出演してますよ。Wikipediaを読むと分かりますが、このアニメはプレスコ(音声先取り)で作ってるんですな。で、それを無理やり処理をかけて早口にしてるので、それがテンポの速さを余計に感じるんだと思います。うまい作りです。

名塚佳織さんのキレた演技が最高。エウレカ・・・。

ギャグマンガ日和 上巻ギャグマンガ日和 下巻ギャグマンガ日和2 上巻ギャグマンガ日和2 下巻(amazon)

| | コメント (0)

2006.12.26

もやしもん第4巻

待望の菌漫画、もやしもんの最新巻です。
今回はついに菌フィギュア付きですよ!
061225_210201 061226_201701
オリゼーかわいいよオリゼー。他にも青カビ、黒カビ、ススカビ、O-157もいます。○農印のストラップも付いてます。もったいなくて(というか多分使ってたら壊れるから)使えないけどね。

さて本編。3巻最後に出てきたゴスロリっ娘の正体は?そして沢木に訪れる受難。最後はなかなかきれいに納まっております。そしてあいかわらず、この作品の女の子は美人でエロイな。
ところで、「のだめ」もかもされてますよ!ぎゃぼー!

もやしもん(4) 限定版 もやしもん 4―TALES OF AGRICULTURE (4)(amazon)
限定版(左)と通常版(右)。


061226_202101
い、樹教授!?

| | コメント (0)

2006.12.25

僕の私の塊魂

PSPを買ったならば、やはりこれをやらなきゃダメでしょう!というわけで、マイフェイバリット素敵ゲームのPSP版がBestで発売されたので購入。

今回は、動物達の願いを聞きながら、王様が沈めてしまった?島々を塊で元に戻すというストーリー、ですがそんなのはどうでもいいですね。今回は、大きさ以外に、硬いもの、おいしいもの、熱いものなど、動物の好みに合った塊にすることで評価されるシステムになりました。どうやら物一つ一つにそのあたりの属性データがあるみたいです。とはいいながら、大きさがクリア条件なので、結構気軽に塊を作ってもなんとかなります。

今回購入前の一番の懸念事項は、PS2のときにツインスティックだった操作がどうなるのか、でした。まあ予想通り、左は十字ボタン、右は○×□△ボタンでの操作でしたが、これが想像以上につらい。スティックの時でさえ思い通りに行かないことがあるのに、ボタンでの操作はストレスがたまります。親指が痛くなって、2ゲーム連続ではできません。おかげでなかなかゲームが進まず・・・。

音楽については特に情報がなかったので気になっていたのですが、実際はPS2版「塊魂」「みんな大好き塊魂」からの選曲になっていました。新曲がないみたいなので、正直残念です。まあ、仕方ないかな。

僕の私の塊魂 PSP the Best(amazon)

| | コメント (0)

2006.12.24

のだめカンタービレ第13~16巻

引き続き、のだめ、最新巻まで購入しました。
本当はもっと早く買って読むつもりでしたが、ドラマが始まってからコミックは連日品薄状態で、なかなか手に入らなかったのが実状です。Amazonでも上位に残ってますし。

千秋に、パリの老舗(落ちぶれ)オーケストラの常任指揮者の話が来ます。そして初の演奏はボロボロ。手痛い洗礼を受けます。のだめは徐々にピアノの良さに目覚めていき、オクレール先生の勧めで、初リサイタルを成功させます。そして千秋もオーケストラに地獄のしごき(リハーサル)を強行し、見事2度目の演奏で成功を収めます。このリハーサルから演奏会まででまるまる1巻を費やしていて、オーケストラの裏側というのを面白おかしく表現しています。なんというか、非常にほほえましい。

この作品のいいところは、なんやかんや言って、苦労した人がちゃんと報われているところですね。読んでいて元気になります。

のだめカンタービレ (13)のだめカンタービレ (14)のだめカンタービレ (15)のだめカンタービレ (16)(amazon)

ドラマももうすぐ終わりですね。


| | コメント (0)

2006.12.23

12/21 ゴンチチクリスマスコンサート@東京オペラシティ

061221_213901

ゴンチチ恒例のクリスマスコンサートでした。
場所は初めての東京オペラシティコンサートホール。三角屋根の家をそのままホールにしたような、面白い形をしたホールです。

コンサートは2部構成で、第一部はゴンチチ二人だけのシンプルなコンサート。途中でクリスマススペシャルとして、「ホワイトクリスマス」と「きよしこの夜」を演奏しました。「きよしこの夜」は一度演奏したあと、皆で歌ってみては、という三上さんの粋な提案により、客席での大合唱となりました。非常によかったですね。あと、相変わらずですが、「枯れ葉」の三上さんの演奏はすごい。

第二部は桑野聖カルテットとの演奏に、ゲストでオーボエ奏者の宮本文昭さんが参加されました。オーボエの生演奏を初めて聞きましたが、あんなにやさしい、厳かな音がするとは思いませんでした。ゴンチチとはライブイマージュで一緒になったことはあるそうですが、こういった競演は初めてのようです。宮本さんは来年3月でオーボエ奏者としての活動は終了されるそうで、そういった意味でも貴重なライブでした。松村さんが、宮本さんはしゃべらせると止まらない人だから、と抑えていたのが面白かったです。

| | コメント (0)

2006.12.17

よつばと!第6巻

あずまきよひこ先生の「よつばと!」第6巻です。

夏休みまでで連載が終わる、と自分で勝手にしていた予想は見事外れて、9月に突入してしまいました。今回の目玉はなんといっても自転車ですね。子供の頃、変なテンションで、後戻りできないほど自転車で遠出しちゃうことってありますよね。

さて、この先話はどうなっていくんだろう。お隣さんの登場回数は減ってしまうのかな。で、アニメ化マダー?

| | コメント (0)

2006.12.16

開設3周年

2006年12月13日で、本Blogも開設3周年を迎えました。3年間に書いた記事数は760本です。2周年のときに560本と書いていたので、この一年間でちょうど200本書いたことになります。

3年間もやっていると、第三者への公開だけでなく、自分自身の行動ログとしても役に立ってきますね。例えば、何か買い換えようと思ったときに、前に買ったときはどういうことに着目していたのかとか、買って失敗したこととかを振り返ることができるし、コンサートの感想とかを振り返るのも楽しいです。実は何気に、自分のBlogを読み返すのって好きなんですよ。暇さえあれば読み返してます。

ところで、Blogに対するブーム的なものは一段落して、ネットサービスの一つとしてかなり定着しましたね。また、Blogを足がかりに、SNSやGoogleサービスなど、Web2.0というキーワードも話題になりました。おかげでなんでも「2.0」とつける、恥ずかしい宣伝文句が流行ってしまいましたが・・・。スタンドアロンなソフトウェアを使うためのPC、という今までの概念を超える使い方が、いつの間にか浸透しつつあるのを感じますね。

Blogの炎上騒ぎについては、一時期に比べれば落ち着いた間はあります。炎上のメカニズムや防止方法、対処方法などもいろいろなサイトに書かれていたりします。それでも目に付く炎上騒ぎは、客観的に見れば起きても仕方がないものが多いですね。今まで雑誌媒体でしか書いたことのないライターさんとか(非を認めないからタチが悪い)、クチコミマーケティングを甘く見ているやらせBlogとか。まあ、そういう世間に不快感を与えるようなものは、完全にはなくならないと思います。私も気をつけないと。

そういえば、最近このBlogではトラックバックの受付を止めることにしました。もともとBlogのトラックバックの仕組みには疑問をもっていたし、案の定、最近はスパムばかりなので。もし純粋に本来の意味でのトラックバックをしたいという方がいたとしたら、本当に申し訳ないと思います。

ということで、ニフティのひどい運営などがありますが、「自分自身が愛読者」である限り、まだBlogは続けるつもりです。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2006.12.14

TANITA歩数計FB-720

061213_215201 061213_215302

一時期がんばって痩せたけど、最近またちょっとリバウンド気味。理由は分かっているんです。休日にガッツリ食って引きこもりすぎ。これはヤバイ、外に出て歩くようにしないと。そうなると、何かモノサシがほしいなぁ、ということで歩数計を買ってみました。TANITAの歩数計FB-720です。ビックカメラで3580円で購入。

この歩数計、なんといってもグッとくるのが「3Dセンサー搭載」というところ。最近デジカメの手ぶれ検出やゲーム機の傾き検出など、加速度センサーは小さくなって、結構いろいろなところに入っています。この歩数計も、たぶんそのへんの技術を流用しているのでしょう。歩数計というのは腰につけるもの、という固定観念がありますが、この歩数計はこの3Dセンサーのおかげで、ポケットやカバンに入れておいても動作します。目に見えるところに着けるのはかっこわるいですからね。これは素晴らしいと思います。非常に小さくて軽いし。

機能的にはシンプルで、歩数、距離、徒歩時間、消費カロリー、脂肪燃焼量が表示されます。毎日午前3時にリセットされ、過去7日間の歩数がさかのぼって確認できます。累積記録を残す機能はありません。

とりあえず使ってみましたが、基本デスクワークなので、出張もない日は一日5000歩くらいしか歩きません。脂肪燃焼量がたった数グラムですよ。休日はもっと歩こう・・・。

| | コメント (0)

2006.12.12

MDR-EX85SL

061212_211301 061212_205701

ソニーのカナル型ステレオイヤホンです。
今まで、MDR-EX71というやつを使っていたのですが、ケーブルの皮膜が破けて中のコードが見えるくらいになってしまいました。まだ切れていないので使えることは使えるんですが、出先で切れたらストレスたまりそうなので、新しいのを買いました。ビックカメラで4980円で購入。

ソニーがMDR-EX90というハイエンド機種を出しましたが、このEX85はその廉価版。形状はそのままに部品のコストダウンを図った機種です。AV Watchの記事はこちら
この形状は、今までのカナル型の使用感と大型のドライバーユニットが特徴です。確かに形状的には今まで違って違和感がありますが、つけてみるとそうでもありませんでした。ただ、カナル?の中から聞こえてるんじゃなくて、明らかにその後ろから聞こえている感じはあります。EX90のレビュー記事にもありますが、音漏れは大きそうです。

音質については、私はどうも音質オンチ(なんだそれ?)みたいなので、ぶっちゃけ明確に違いを言い表せないんですが、確かに低域重視というわけではなく、全域にわたってよく聞こえている感じがします。不満はないです。

むしろ、ケーブルの持久力のほうが気になりますね。長く使いたいですから。

密閉型インナーイヤーレシーバー ホワイト MDR-EX85SL W
密閉型インナーイヤーレシーバー レッド MDR-EX85SL R
密閉型インナーイヤーレシーバー ブラック MDR-EX85SL B
密閉型インナーイヤーレシーバー バイオレット MDR-EX85SL V(amazon)

| | コメント (0)

2006.12.10

12/10 ゴンチチファンイベント「ゴンチチと真冬のハワイ!!」

061210_122001

今日はゴンチチのファンイベントでした。銀座のハワイアンレストランにて、ロコモコのバイキング料理と、ゴンチチお二人の話、本人達所蔵のお宝がもらえる質問大会、そしてミニライブでした。料理は美味しかったし、ゴンチチお二人が身近に感じられる、いいイベントでした。
お客さんからのリクエストで、さわりだけ、ジョビンの名曲「Wave」を演奏したんですが、それがなかなか良かったです。ただ、今の松村さんにとって、ボサノヴァの曲はみんな「塩と太陽」(ゴンチチの持ち曲。本人達がやっているラジオのオープニング曲で、ライブでもよくやる曲)になってしまうという、と言っていたのが面白かったです。

追記
参加者全員にスペシャルDVDがプレゼントされました。中身は15分くらいの映像で、コンサートのリハーサルやラジオ・テレビ出演の舞台裏などでした。

| | コメント (0)

2006.12.09

12/9 Saigenji@モーションブルーヨコハマ

061209_161601

P10004250001

Saigenjiのライブ、行ってきました。
モーションブルーは、初めてSaigenjiライブを観に行ったとき以来の二度目。あいかわらず男ひとりでは入りにくいオサレ感。本当は今回知人を誘ったんですけど、ふられちゃったんですよね・・・。saigenjiはいつもながら良かったですが、なんかあまり声が出てなかったような?気のせいかな。

それにしても、10曲くらいかな?で、4200円だから、音楽聞くのだけが目的だとすると、あまりコストパフォーマンスは良くないですね。特にクアトロライブとかと比べると。まあ、あの雰囲気代というか、そういうのがあるというのは分かっているんですけど・・・。

| | コメント (0)

2006.12.07

ココログ長時間メンテナンス失敗

「12/5-12/7ココログメンテナンス」について

ココログがサーバー負荷分散のため、3日間にもおよぶ超長時間メンテナンスを実施しました。で、その結果が「失敗」・・・。正直、かなりショックです。7月のメンテナンスでだいぶよくなったのですが、そのときからデータベース分散が根本対策だと言ってました。つまり半年くらい前から、今回のメンテナンスに合わせて、いろいろと前準備をしてきたはずです。それでも失敗してしまったのですか。そうですか。

別にメンテナンス自体が悪いとは思ってませんが、それにしても、今回腹立たしいのは、メンテナンスの告知があまりにも少なすぎないか?ということです。実際、今回のメンテナンスの期間を事前にどれだけのユーザーが知っていたのか、非常に疑問です。ログイン画面に告知が出ていたことも知っていますし、Blogにお知らせ表示があるのも知っています。でも今回の3日間の停止っていうのは、そんな程度じゃない、もっと重大なことでしょう。ニフティはBlogサービスを軽視しすぎです。

Blogを仕事で使っている人もいるでしょうし、毎日の更新を、また毎日更新されるBlogを読むのを楽しみにしている人がたくさんいるはずです。もうBlogサービスはインフラなんですから、停止するということに対して、もっと神経質になって欲しいです。

だいたい、ココログマガジンなんていうメールマガジンを用意しておきながら、なぜそれを使わないんでしょうか。くだらない情報はいいから、号外でもそういうものを使って、もっと積極的にメンテナンス情報は告知すべきです。

一応レスポンス問題お知らせブログにトラックバック。スタッフの方々、ユーザーの叫びをちゃんと聞いてください。

| | コメント (0)

2006.12.04

ゲーム機のゲーム以外のところ

PS3とXbox 360の「ネットワークAV家電」としての可能性 (AV Watch)

ちょっと古い記事ですが、なるほどなぁと思ったので紹介します。

Wiiと違って、PS3とXbox360はゲーム機という部分では、同じ路線を進んでいるものだと思っていたんですが、ゲーム機以外の部分では、だいぶ違うということみたいです。確かにPS3はサーバー的にコンテンツを取り込めるし、Xbox360は、PCをサーバーとしたクライアント的な役割が強い気がします。でもそう考えると、PS3のOSはXbox360と比べると、やはり弱いですね。サーバーOS並みの強固さが欲しいです。逆にXbox360はWindowsXP譲りの安定したOSを持ちながら、ゲームしながらバックグラウンドでネットワークアクセスするくらいしか使い道がないのがもったいない。もっといろいろ出来てもいいのに、と思います。

PS3が家電屋のゲーム機、Xbox360がOS屋のゲーム機とすると、Wiiはおもちゃ屋のゲーム機かな。OSは安定してそうだけど、拡張性は期待出来そうにない気がします。

| | コメント (0)

2006.12.03

スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団

DS用のゲームで、GBA用ゲーム、「スライムもりもりドラゴンクエスト」の続編です。
最近PSPメインになってしまっているので、DSの稼働率を上げようと思い、買ってみました。前作プレイして面白かったので、これならハズレはないだろうと思ったので。

スライムが主人公のアクションゲームで、しっぽ団に連れ去られた仲間を100匹集めるというストーリーや、敵やアイテムを持ち帰って成長させるというやりこみ要素は一緒ですが、今回の新要素はサブタイトルにもある「戦車」。持ち帰ったアイテムを弾にして、戦車で敵と打ち合うというイベントが要所で起こります。これが面白い。弾の特性を見極めて打つ順番を変えたり、アイテム同士を錬金してより強い弾を作ったり、同じ敵をたくさん持ち帰えると、その敵が戦車要員になったりと、なかなか幅広い楽しみ方が出来ます。とはいってもそれほど難しいものではなく、手持ちのアイテムで普通に成長させて行けば、あとはゴリ押しで勝てますけど。

アクションゲームの基本的な部分は前作のままで、それが手抜きな感じもしますが(音楽も前作と一緒というのが・・・)、前作とは違うやりこみ要素もあるので、それなりに楽しめました。タッチスクリーンを活用できていなかったのが、ちょっと期待はずれでしたけど。あとちょっと簡単すぎるかな。

スライムもりもり ドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団(amazon)

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »