« DODECAGON/キリンジ | トップページ | ちょっと散歩 »

2006.11.01

岩波科学ライブラリー・クマムシ?!-小さな怪物

クマムシという、不思議な生物に関する本です。

クマムシというのは、1ミリに満たない小さな生物ですが、乾燥に強く、一度乾燥すると、暑かろうが寒かろうが真空だろうが高圧だろうが耐え、また水をかければ復活してしまうという、不死身の?生物です。また、ゾウリムシなどの微生物と違い、肢(あし)や顔があり、「となりのトトロ」に出てくるネコバスのような、非常に愛着のある形をしています。

この本は大きく3章に分かれており、筆者がクマムシに興味を持ち、育てていく観察記と、クマムシの研究の歴史、そしてクマムシの不死身伝説の真相と未知の生態について書かれています。ページ数は110ページほど。クマムシについて分かっていることについては、要約だけでしょうがほとんど網羅されている感じで、それでも100ページ程度に納まってしまうということは、いかにクマムシについてまだ未知の部分が多いか、ということを裏付けているのかもしれません。

とにかく理科好きな人にとっては、本を開いただけで知的好奇心をくすぐられることでしょう。この本は飲み会の席で人に薦められたのですが、本を渡されて読み始めたら、これは止まらなくなると思ってすぐに返したくらいです。なんというか、斜め読みができない魅力のある本です。

大型の書店では、平積みで置いてあるんですね。びっくりしました。

クマムシ?!―小さな怪物(amazon)

|

« DODECAGON/キリンジ | トップページ | ちょっと散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DODECAGON/キリンジ | トップページ | ちょっと散歩 »