« Impress Watch10周年 | トップページ | 10/21~22 ゴンチチ燈火コンサート@東京国立博物館 »

2006.10.25

漢検DS

nintendo DS用の漢字学習ソフトです。こういったエデュテイメント系のソフトも、「DSトレーニング」の大ヒットを皮切りに、やたらと出てきましたね。

自慢じゃないですが、私、子供のときは「漢字博士」と言われてました。あ、ここでは「漢字をたくさん覚えている」ほうの博士ではなくて、「間違った変な漢字をたくさん作っちゃう」ほうの博士ですから。いや、ぶっちゃけ、漢字苦手なんス。特に書き取り。なんで、DSで漢字トレーニング系のソフトが出たら欲しいなと思ってました。

で、この「漢検DS」、漢字検定の模擬試験が体験できるのと、漢字のトレーニングができるソフトなんですが、結論からいうと、かなり不満な出来。

まず致命的にダメな点は、文字認識の識字率が悪いこと。「遊」は何度書いても「達」とか「逢」とかになるし(20回くらい書き直した)、「問」は何度書いても「塑」になるし(これは結局諦めた)、これは何の拷問かと。8級くらいでこんなもんですから、もっと級が上がって難しい字になったらどうなるのかと思うと、気が遠くなります。

あと、模擬試験中に、筆順問題として、この線は何画目か、数字を答える問題があるのですが、数字も文字認識で入力するようになっています。そんなのテンキーでいいだろうに。さらに、文字の一部を隠して、ここはハネかトメかを選ぶ問題があるのですが、選択肢「ア」「イ」も文字認識です。そんなの「ア」と「イ」のボタンを用意すればいいだろうに。たぶん実際の漢検に沿った仕様なんだろうと思うけど、そんなどうでもいいところまでシミュレートしなくてもいいよ。識字率も悪い上に、認識時間も遅いので、非常にテンポが悪く、ストレスがたまります。

トレーニングのところも作りはいまいちです。例えば、過去に間違えた漢字は全て記憶させて、何度も反復練習させるような作りにしないと、いつまでたっても覚えられないですよ。あと、間違えた漢字に対する解説、例えば他にどんな読み方や熟語があるか、漢字辞典的な機能も必要でしょう。

他にも、必ず最初は最低の10級からスタートしなければならない点や、1日1回しか昇級試験が受けられない点も意味不明な仕様です。特に、最初から漢字知識の高い人にとっては不満だろうなと思います。

ということで、がっかりなソフトでした。漢検公認だそうですが、漢検関係者も、ソフト仕様だけでなく、ちゃんとプレイした上で認定しないと、赤っ恥かきますよ。

がっかりと言っておきながら、amazonリンクを張るのもどうかと思いますが、一応パケ写が欲しいので。amazonのカスタマレビューもおおむね似た意見が多いですね。
財団法人 日本漢字能力検定協会 公認 漢検DS(amazon)

こちらのほうは「漢検公式」だけど、どうなんだろう?こちらのほうが安いし。amazonは大プッシュ。
財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 200万人の漢検 とことん漢字脳 特典 さらすら感覚特製12cmタッチペン付き(amazon)

|

« Impress Watch10周年 | トップページ | 10/21~22 ゴンチチ燈火コンサート@東京国立博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/12427653

この記事へのトラックバック一覧です: 漢検DS:

« Impress Watch10周年 | トップページ | 10/21~22 ゴンチチ燈火コンサート@東京国立博物館 »