« planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ | トップページ | 夢使い »

2006.06.26

ココログの潜在的な問題

「ココログ」障害に募る不満 訴訟準備のユーザーも(ITmediaより)

3月にシステムアップデートを実施して、不具合続発。
5月に処理が重くなり、キャッシュシステムを導入して、不具合続発。

なにか手を入れるたびに新たな問題が発生している最近のココログに、ユーザーの不満もかなりたまっています。もちろん私もその一人です。5月からレスポンス対策Blogが立ち上がっていますが、コメント欄にはクレームや罵倒の声が満載で、最近は担当者への同情の声さえ入ってます。特に「他人の記事が見えてしまう」という不具合はタチが悪いです。私、あの「週刊!木村剛」のトップに他人の書いた記事が載ってるのを見たことありますよ。最初「キムタケさん、変わったこと書いてんなぁ」と思ったんですけど、よく見たら記事の固定リンクのURLが全然違うんですよね。赤の他人の記事が自分のBlogに載るのも不快ですが、自分の記事が誰かのBlogに載ってるかもしれないと思うと、それも恐ろしい話です。

そんななか、ITmediaが記事で取り上げ、ニフティ広報からの言葉が掲載されています。

ココログのユーザー数は、4月末時点で約22万人。月間2万人近いペースで増え続けているという。ユーザーの内訳は、ベーシック、プラス、プロが約14万人、フリーが約8万人。「これほど大規模なTypePadユーザーは世界にも類がない」(同社広報室)

世界に類がないからどうなのか?レスポンスが悪くても、許してほしいということなのか?
これって結局、ニフティがBlogシステムに(大規模ユーザー向けではない)TypePadを採用したのが、そもそもの間違いだったと認めているようなもんじゃないですか。いまさらそんなことを言われても、利用者はどうすればいいんでしょうか。

「システムの改善に努める」と言うけれど、対策するたびに不具合を起こし、中には「お願いだから、これ以上システムをいじくらないで」と言っているユーザーもいて、すっかり信用を失っている状態です。まだデータが消えるという、最悪の自体にはなっていないのは不幸中の幸いですが、それでも不具合で勝手にデザイン壊しておいて、それをユーザーに直させるなんてひどい。直す身にもなってくださいよ。7月下旬にまたシステムをアップデートするそうですが、私もものすごい不安です。

他の方もおっしゃられていますが、私も、既存ユーザーへの誠意のひとつとして、新規登録の凍結くらいは最低限やってほしいです。いまさらそれが問題の解決にならないのかもしれませんが、それくらいの覚悟を態度で示してほしいんです。

ちなみに、返金はともかく、せめてしばらく無料化することくらいはやってほしいと思うのですが、これもTypePad開発元のSix Apartに金を払い続けている以上、期待できそうにありません。ニフティが自前でシステムを作っているなら、自分たちの判断だけの話なので、まだ可能性はありますが。これも、システムを外から買った弊害のひとつといえます。

(Six Apartにとっては、ココログはTypePadのいい実験台なんだろうなぁ。そうなると我々ユーザーはモルモットですね。つまりココログは実際はまだβ版ということですよ。金取っておきながら!)

とにかく、TypePadというシステムを引きずっている限り、根本的な改善も誠意ある対応も、望めそうにありません。
やはり本気で引っ越しの検討を考えた方がよさそうだなぁ。面倒ですが。

|

« planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ | トップページ | 夢使い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/10690305

この記事へのトラックバック一覧です: ココログの潜在的な問題:

« planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ | トップページ | 夢使い »