« JEROIMO/moLo | トップページ | 気がつくとどんどん年の瀬に・・・ »

2005.12.20

クビキリサイクル/西尾維新

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

書店でずらっと並んでいるのを見て、勢いで買ってしまった一冊。とはいっても、巡回している個人ニュースサイトでも取り上げていたので、存在だけは知ってました。でもジャンルが何かすらも知らずに買ったのは、さすがに衝動買いもいいとこではあります。で、読んでみて初めて推理小説だとわかった次第。

とある大金持ちの女性が、孤島に天才ばかりを呼んでサロンを行っていた。5人のあらゆるジャンルの天才女性が集まったそこで、殺人事件がおきた--という感じのあらすじです。主人公は、招待された天才技術士の女の子の付き添いで来た男子大学生。この主人公がかなりヒネた性格で、「戯言シリーズ」と呼ばれているとおり、とにかく一人でヒネた方向へ妄想を暴走させて、最後に「これも戯言」の一言。話は彼の一人称で進み、友人の天才技術士の女の子と共に事件を解決していきます。

イマドキの人気小説だけあって、設定は奇抜だけどサクサクと読み進められます。全体的にライトな感じです。個人的にはちょっと気に入らない部分もあったんですが、おおむねOKといったところ。愛読している宮部さんの小説と較べるのはちょっと悪いかなぁ。でも犯人の心理描写はもっとほしかったですね。

まあ、実は次の本も読み始めてるんですけど。

|

« JEROIMO/moLo | トップページ | 気がつくとどんどん年の瀬に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/7738616

この記事へのトラックバック一覧です: クビキリサイクル/西尾維新:

« JEROIMO/moLo | トップページ | 気がつくとどんどん年の瀬に・・・ »