« Black Ant's Life/ゴンチチ | トップページ | Apple怒涛のダメ押し攻撃。そしてソニーは・・・ »

2005.11.16

After Gatesはネットワーク元年?

「産業突然死」の時代の人生論(nikkeibpより)

私はnikkeibpのメールサービスを購読してるんですが、そこですごい言葉を見つけました。経営コンサルタントの大前研一氏の講演からだそうです。

「新しいネットワーク時代の夜明けは1985年にありました。そこから数えて、2005年の今年は、『AG21年』に当たります」と大前氏は話を切り出した。  「AG」の「G」とは、大前氏によればビル・ゲイツ(Bill Gates)の頭文字という。ウィンドウズのバージョン1が公開されて、ビル・ゲイツが表舞台に登場したこの年こそが、ネットワーク時代の「紀元」にあたるというわけだ。  大前氏は、それ以後を「AG」(After Gates=ゲイツ後)、それ以前の時代を「BG」(Before Gates=ゲイツ前)と呼んでいる。

コレ読んで、ちょっとでもWindowsの歴史を知る人は、「エーッ!」と思うでしょう。Windows1.0がネットワークの紀元で、「After Gates」と呼んでいる?なんじゃそれ。Windows1.0なんて使い物にならなかったことで有名だし、そもそもWindows95にTCP/IPが実装されるまでは、Windowsにネットワークもへったくれも無いでしょう。

まじめにこの辺を私の考えで検証したいと思います。

Q.ネットワークの紀元とはいつか?
素直に考えれば、インターネットの祖先、ARPANETが出来た年と考えるのが妥当ではないでしょうか。

Q.Windows1.0が出来たときは何の紀元?
Winodwsの紀元。それ以上でもそれ以下でもなし。

Q.「After Gates」とはいつか?
これは単純にMS社が出来た年でいいんじゃないでしょうか。

Q.じゃあWindows95は?
あえて言うなら「ホームPCの紀元」または「ホームネットワークの紀元」ではどうでしょう。これならそれほど違和感はない気がしますね。

中村正三郎さんのblogでも話題に上がっていたので、トラックバックさせていただきます。なんかアサブロ重いのであとで。

|

« Black Ant's Life/ゴンチチ | トップページ | Apple怒涛のダメ押し攻撃。そしてソニーは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: After Gatesはネットワーク元年?:

» [ネット]新語・流行語大賞狙いか? [きくみる]
世の中には目の覚めるような記事があるものだ。((http://nikkeibp.jp/sj2005/column/a/11/)) 夕方だったので覚める必要もなかったんだけどさ。 「AG」なる言葉があるのだという。ゼファーマの抗アレルギー薬シリーズかと思いきや「After Gates」の意味なのだとか。1985年、Windows1.0をネットワーク時代の紀元として、今年はAG21年に当たる って、おい。  「新しいネットワーク時代の夜明けは1985年にありました。そこから数えて、2005年... [続きを読む]

受信: 2005.11.20 00:57

» 日本のインターネットの歴史 [ネット社会、その光と闇を追うー]
◆社会・経済を変えたネットの10年間            [続きを読む]

受信: 2005.11.21 01:14

« Black Ant's Life/ゴンチチ | トップページ | Apple怒涛のダメ押し攻撃。そしてソニーは・・・ »