« 補償金制度に思うこと | トップページ | 新ゲーム機でわかる任天堂の本気度 »

2005.09.22

東京下町殺人暮色/宮部みゆき

東京下町殺人暮色(amazon)

また久しぶりに宮部さんのミステリー小説を読みました。

東京下町のとある川に見つかったバラバラ死体、そして警察に届く犯行声明。下町に住む、刑事の父親と中学生の息子は、それぞれ事件に関わっていく・・・といった感じのあらすじです。内容は、宮部さんらしく社会的な部分もあり、今回は衝動的に殺人を犯す未成年たちと、下町という人情豊かな場所とを対比させて、より話を面白くしているんだと思います。

ただ、なんというか全体的にぼやけた感じで、犯人像がわかりにくいというか、はっとさせられる感じがありませんでした。あと、宮部さんが書く子供は、ちょっと気持ち悪いほど素直すぎる傾向がありますよね。

|

« 補償金制度に思うこと | トップページ | 新ゲーム機でわかる任天堂の本気度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/6070014

この記事へのトラックバック一覧です: 東京下町殺人暮色/宮部みゆき:

« 補償金制度に思うこと | トップページ | 新ゲーム機でわかる任天堂の本気度 »