« AIR 第5巻 | トップページ | Go spread Argyle tune/ARGYLE »

2005.08.08

音楽は売れても印税は下がる

「iTunes Music Store日本版」をのぞいてみたら・・・(iPod情報局より)

iTMSの悲しい状態。以下引用。

試しにオリコンのシングルランキング(ウィークリー)の10位以内に入っている最新ヒット・ナンバーをiTunes Music Storeで検索してみると、1曲も該当しなかった。これは新聞等で既に報道されているように、国内最大手のソニー・ミュージックエンタテインメントのほか、ビクターエンターテイメント(SMAP、サザンオールスターズ)、トイズファクトリー(ケツメイシ、バンプ・オブ・チキン、ミスター・チルドレン)、BMGファンハウス(スキマスイッチ)といった一部の大手レコード会社が楽曲の提供を見送っているためだ。

この悲しい実態がここに書かれています。

ちょっと気になるiTMSのこの数字(パースペクティブ・アイより)

以下引用。

なんでもオンライン販売とCD販売で、ミュージシャンが受け取る取り分の”割合”は全く同じなんだとか。つまりiTMS-Jで1曲だけヒット曲が売れても、単価が1000円のシングルCDと比べると……。ちなみに某ミュージックエンターテイメントの場合、新人の取り分はたったの1%(売り出し経費などいろいろかかる費用が多いのでしょうがない)。ベテランや人気ミュージシャンほど取り分は大きくなるそうだけど。

これじゃあ売れ線のラインナップが増えないのは当たり前。CDでも売れると判断すれば、わざわざ儲けの少ないDL販売にする理由はないわけで。本田さんも書かれていますが、結局今回のiTMSをはじめとするDL販売の低価格化は、流通経路を削っただけではなく、なぜか印税までも削られている可能性がある、ということですね。

でもこれが本当なら、もっとミュージシャンは自分自身の権利を主張してもいいはず。そういう話を聞かないということは、この話がデマなのか、それとも契約上問題があるのか?

|

« AIR 第5巻 | トップページ | Go spread Argyle tune/ARGYLE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/5371517

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽は売れても印税は下がる:

« AIR 第5巻 | トップページ | Go spread Argyle tune/ARGYLE »