« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の23件の記事

2005.07.31

7/30 「ゴンチチの夏祭り」@すみだトリフォニーホール

ゴンチチの夏のコンサートに行ってきました。

今回は、ゲストをたくさん呼んでのにぎやかなコンサートでした。特に今回は、吉田美奈子さん、加藤和彦さん、朝崎郁恵さん、高中正義さんという、日本音楽界を代表する方々が揃って、非常に豪華な内容でした。ここまでの人たちを呼べるようになって、ゴンチチは大きくなったもんだと思いました。そして、どんな人ともセッションできる柔軟さが素晴らしいですね。

ただ、ゴンチチファンとしてちょっと残念なのは、ゴンチチオリジナルの曲の演奏が少なくなること。特に今回は27日にドラマのサントラ盤が出たばかりですから、もうちょっと!という感じはしましたけど。でも何曲かは新曲をやってくれたので、よかったです。

本当は29日も行きたかったんですけど。ゲストが平原綾香さんでしたから。でもこういうときに限って、ふけられない会議入れてくれるんだよなぁ。残念。

ゴンチチのお二人はコンサートのあとはすぐに移動して、今日はフジロックに出演のはず。会場での反応がどうだったのかが興味あります。今年はゴンチチ頑張りますな。

追記。
ヘイサンが詳細なレポートを挙げているのでリンク。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.28

electlyric/bonobos

electlyric
(amazon)

「THANK YOU FOR THE MUSIC」のPVを観て、いいなと思って買って聞いてみました。

フィッシュマンズをはじめ歌モノのダブバンドって、結構いいかもと思って聞き始めても、どこか受け入れられないところがあって、ハマらなかったりすることが多かったんです。でもこれは意外とすんなりと聞けました。なんででしょうね。基準がどこにあるのか自分でも分からなかったりします。

ところで、バンド名って「ボノボ」って読むんですね。ずっと「ボノボス」だと思ってました。CD買って初めて知りましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.26

ハウルのペーパークラフト、途中経過

とりあえず一週間でここまで。
howl_1
howl_2
進捗は半分くらいかな?でかいところは大体完了した感じ。立体的に組むのになかなか手こずりました。のりしろが合ってなかったり、場合によってはのりしろを切ってしまう勇気も必要。

で、実は頭(砲台)はボディとくっついていません。これをくっつけると、もう取り返しがつかない感じがして、なかなか踏み出せない状態です。とりあえず周りの細かいパーツを付けて様子を見ようかと。

今日は台風接近でとっとと帰ってきたので、じっくり作りたいと思います。これでも平日は毎日1~2時間くらい、土日は徹夜に近い状態で作り続けたんですが、やっとこんなもんです。でも楽しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.24

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?/山田真哉

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学(amazon)

最近話題のベストセラーの新書ですね。読んでみました。

内容的には会計学の入門書、と言いたいところですが、入門書にもなっていない、というのが本音です。あえて言えば、サラリーマンならこんな本に書かれている程度のことは、読まずとも知っておくべきではないか?と思える程度の内容です。会計学と聞いてチンプンカンプンな人が、ちょっとした雑学程度に知っておきたければ、この本は適切でしょう。でも、会計がどんなものかを知っている人にとっては、これを読んでさらに会計学を身につけられるわけではありません。

この本がベストセラーになっているのは、ひとえにタイトルのうまさではないかと思います。ちなみにタイトルの「さおだけ屋がなぜ潰れないか?」という疑問については、会計学の点から仮説を立てているだけで、調査結果があるわけでもなく、結論は出ていません。なので、純粋にこの疑問の答えを知りたい人には、この本はオススメしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.22

CMスキップ時代の新しいCM作り

民放の“タイムシフト視聴嫌い”を変えるには?(ITmediaより)

HDDレコーダーのCMスキップ機能について、最近色々な人が見解を出しています。経済影響を調べる人、お金を払う人、もらう人、そしてHDDレコーダーを使う人たちなど(なぜかメーカー側の見解があまり見当たりませんな)。見解内容も、悲観する人、楽観する人、さまざまです。

私の場合ですと、HDDレコーダーの購入によって、明らかにTV番組を視聴する時間は増えました。しかしほとんどがタイムシフト利用がメインなので、タイムシフトで観ているときはCMスキップをがんがんします。結果として、HDDレコーダーを買う前と、CMを観ている時間はほとんど変わらない気がします。もし私みたいな人ばかりなら、CM視聴時間は変化がないということになります。

ここで、ちょっと視点を変えてみたいと思います。CMを作る側の対策です。

今現在のCMスキップ機能は、人間がCMに入ったことを確認してから手動でスキップする使い方が一番多いと思います。そういう場合、最初の一瞬はCMが目に入ってしまうわけで、そのとき「おっ?」と目を引くものがあれば、CMスキップする手を止めてしまいがちです。つまり、最初のコンマ何秒かで15秒(あるいは30秒)全てを見たくなるようなCM作りが今後重要になってくるんじゃないかと思うわけです。つまり「飛ばされないCM」です。

まあ今までもCMは、質としてそういうところが要求されていたわけですが、これからは今まで以上要求されるんじゃないかと。こういう意見が見当たらなかったので書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

「塊は魂」

みんな大好き塊魂オリジナルサウンドトラック 「塊は魂」(amazon)

来ました!素敵ゲーム「みんな大好き塊魂」のサントラ盤です。

今回も人選が絶妙。前回はちょっとごぶさたな方々を集めた感じですが、今回はグッと平均年齢が下がった感じ(笑)。ていうかこれ今更気がついたんですが、結構レコード会社の中で人を選んでるんですな。基本的にコロムビアのミュージシャン。

今回一番の個人的目玉はやはりキリンジ!これがいかにもキリンジっぽい歌詞と曲だったので、てっきり自分たちで作った曲なのかと思ったら、ナムコの人の作詞・作曲でした。良く出来てます。もちろん元ナムココンポーザーのキリンジ兄もアレンジやコーラスで参加。CDのブックレットにはコメントも残しています。

野宮真貴さんの曲もいかにもそれっぽくていいですね。ピチカートとシンバルスがミックスされたような感じの曲です。あいかわらず歌うまいなあと思ったのはYOUさん。しびれるウィスパーボイス。音楽業界はもっとこの人に歌を歌わせるべきだと思います。もったいない。新沼謙治さんのラップもディスコミュージックでいいっす!

あと、今回ナムコの人が何曲か歌っているのですが、これがなかなかいいです。最初ゲームやってるときに「これだれだ?」と思って聞き入ってしまいました。

エンディングの宮崎吐夢さんは、ちょっと狙いすぎかなぁという感じ。でも演奏のオーケストラがすごい。何だよワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団って。本格的だなぁ。

ということで、今回も素敵ミュージックでした。大満足!買うべき!

GAME Watchでまたメインコンポーザー三宅優氏のインタビュー記事載せないっすかねぇ。期待してるんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

ハウルのペーパークラフトに挑戦中

おなじみオンラインソフト紹介サイト「窓の杜」に、自分で印刷して組み立てるペーパークラフトを紹介する連載があるのですが、そこで見つけたのが、「ハウルの動く城」のペーパークラフト。A4で26枚、部品総数237点という超大作です。ダウンロードページはこちら

この記事見たら、もーうずうずしてたまらんですよ。早速、紙と木工用ボンドを買ってきて、作りはじめました。記事では製作に1週間かかったと書いてあって、最初は「そんなにかかるかよ」と思ったのですが、これは本当にそれくらいかかるかも。これは作りがいがあります。

今回は、わざとA4ではなくB5の紙で作ることにしました。だって全長30cmなんてでかいもの作っても邪魔だし、プリンタのインクだってバカにならないし・・・セコイですかね。

完成したら報告します。

howl_paper

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.18

ゴンチチライブイベント@汐留日テレタワー

ゴンチチが日本テレビの連ドラ「おとなの夏休み」の音楽を担当しているということで、汐留の日テレタワーでライブイベントがありました。

今回は二人だけのデュオ形式。9曲ほど、結構淡々と弾かれて終わりました。どうでもいいけど、お二人の衣装がダブルのスーツでした。ただでさえ暑いのに、もうちょっと涼しげな衣装にすればいいのに・・・。

新曲も2曲ほど披露。一度聴いただけだからなんともいえないけど、悪くはなかったです。27日発売のサントラが楽しみです。ドラマ観たことないけど(笑)。

おとなの夏休み オリジナルサウンドトラック(amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.17

みんな大好き塊魂

みんな大好き塊魂(amazon)

とりあえずクリアしました。内容はGAME Watchの記事を参考にしてください。

素敵ゲームは健在でした。面白い!簡単でハマる操作感覚は前作と全く同じ。課題が増えて、ゲーム性がさらに向上しました。パズルとはいかないまでも、頭を結構使うようなモノもあります。例えば、巻き込み数が制限されている課題は、いかに効率的に塊を大きくできるかが鍵になります。

あと、結構難しかったのがキャンプファイヤーの火種を作る課題。塊は燃えていて、さらに燃えるものを巻き込んで大きくするのですが、放っておくと火が消えてしまうので休みなく巻き込む必要があり、しかも火が消えてしまうようなモノを巻き込んだり場所に行ったりすると、下手すると一発でゲームオーバーという結構シビアなルールです。

爽快感のある課題も増えました。特にサーキットが舞台になっている課題は、塊が制御できないくらいの速度が出て、それだけでも面白いです。

あまり書くとネタバレになりそうなので抑えておきますが、前作「塊魂」のエンディングのオマケが今度は課題になっていたり、最後は宇宙規模の巻き込みになって、スケールも行くところまでいった感じです。でも宇宙規模の課題より、直径1000m級の塊を作る課題のほうがスケールが大きく感じますね。山や島を巻き込む感覚は興奮します。

あと全体的にやりこみ度が高い気がします。課題が多いし、順番は選べるのであまり飽きないです。あと、課題ギリギリの塊だと、王様とファンから厳しいお言葉が返ってきます。これがクヤシイ(笑)。やっぱり王様に褒めてもらえるような塊が作ってみたくなります。

全面的に大満足ですが、前回より悪くなったと感じるのは、あってもなくてもいいストーリー面。前作は目的が一本通っていた感じでしたが、今回は目的がバラバラな感じで、やっていて違和感がありました。でもそんなのどうでもいいですね。あとGAME Watchの記事にもありますが、ゲーム途中のロードが発生するのが、やはり不満。すごい短いから、許せる範囲ではあるんですけど。

音楽についても色々書きたいのですが、これは20日に出るサントラを聴いたあとで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.14

痛い、痛いよ。クラムチャウダー・テトラプル・ジャック

カヒミ・カリィになりたかった(デイリーポータルZより)

私が遅れてもらい損ねた、ニフティBBフェスタで配布していたCDの音源が公開されました。クラムチャウダー・シベリア・アタックの大塚さんとテトラプルトラップFのスペシャルコラボ?です。それにしてもこのデイリーポータルの記事は、タイトルからして自虐ネタって感じで、読んでいて痛いよ、大塚さん・・・。

もうちょっと若ければ、恥も外聞もなく祭りに乗り切れるのに、そしてもうちょっと年をとっていれば、躊躇なく断れたのに。33才という年齢が、常に疑問を抱きながら、夢をかなえるというより、変な責任感で突っ走らざるを得ない状態にさせているんですね・・・。ちなみに私と同い年です。

で、インスタント・ワールズエンドですが、これがなんともピチカートファイブでフリッパーズギター、小西氏で小山田氏な感じで笑ってしまいました。これってピチカートの「ベイビーポータブルロック」じゃん!と思ったら、MP3のタグに「アルバム:デイリー・ポータブル・ロック E.P.」って書いてあってまた爆笑。やっぱ分かってんのね、って当たり前か。

大塚さん、記事では自虐気味ですが、たぶん心の中では喜んでるでしょ?このまま変な雰囲気を出しつつ、どさくさに紛れてどんどん自分の好きな音楽やっちゃってください。「カヒミ・カリィになっちゃいなよ!歌っちゃいなよ!」

レビューのとらおは、クラムチャウダー・シベリア・アタックと大塚さんを応援しています。

クロスレビューに参加できるほどの文才はないけど(こういうのはどうしてもウケを狙っちゃいそうで)、それではつまらないので大塚さんのBlogにトラックバックしちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OUTSET/Tokyo No.1 Soul Set

OUTSET(amazon)

Tokyo No,1 Soul Setの6年ぶりのオリジナルフルアルバムです。それまでのアルバムがどれも名作だったので期待していたのですが、ちょっと期待しすぎたのか、最初聴いたときは「ん、あれ?」って感じでした。なんというか、それぞれの曲の個性が出ていない感じで、どの曲も同じに聴こえちゃいました。よく聴くと確かに違うんだけど、BIKKEの歌い方とか、曲のイメージとかに差があまりないんですよね。6年経って、大人になってしまったのか?といったところです。もっとヤンチャに曲を作ってほしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.13

フタコイ オルタナティブ

フタコイ オルタナティブ DVD-BOX Sara(amazon)

放送コンプリートしました。サイトは色々あるけどとりあえずこちら

姉妹作?の「双恋」タイトル発表の時にすでに企画があった本作品。キャラクターの設定だけを引き継いで、まさに「オルタナティブ」な内容でした。まさにアニオタ狙いの邪道作。緩急付けたストーリー展開や、大胆な構図など、どれもこれも良く出来ているんだけど、なーんかどこかで見た事があるような感じ。よく言えばイイトコドリ。悪く言えばパクリ。でもこういう気合の入った作りにアニオタは喜ぶんですよ。

個人的には沙羅、というか水橋かおりさん萌え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.12

ああっ女神さまっ

ああっ女神さまっ 1(amazon)

放送コンプリート、できませんでした・・・。最終回最後の10分録り損ねた・・・。サイトはこちら

いわずと知れた、有名漫画のTVアニメ化です。原作が連載されてから15年、OVAも映画化もされたあとのTVアニメ化で、「待望の!」というよりは、「今更?」という声のほうが多かった感じですね。あと5年早ければ。
一応私も昔に原作を読んでいたことがあったので、大体今回の話が原作にあるていど忠実につくられているということは分かりました。懐かしさは感じましたが、まあただ、それ以上でもそれ以下でもなく、と言ったところ。新鮮味がないというのが一番の感想です。最終回を録り損ねたけど、それほど残念感がないというのも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.10

AIR 第4巻

AIR 4 通常版(amazon)

AIR DVDの第4巻です。

サブヒロインの話も終わり、いよいよ後半。美鈴が弱っていき、往人が消え、そしてSUMMER編が始まります。何度も書いてますが、やはり展開が速いのが残念。どの登場人物も、それなりの心の葛藤があって決断しているはずなんですけど、結果だけが良く見えてしまうので、なんだかみんな振り回されているように見えます。話の進め方としては妥当だと思うんですけどね・・・。アニメのクオリティはあいかわらずの高さ。

オーディオコメンタリーは、制作側の苦労が分かって面白いんですが、4巻目ともなると、だいたいいつも言っていることは同じなので、さすがに飽き気味というか。制作以外のスタッフの声も聞いてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.09

LOVELESS

LOVELESS 1(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

これは原作を知らない人が観てはいけないアニメでした。最後まで裏側の設定がなんかよく分かりませんでした。特に最終話の終わらせ方はかなり尻切れトンボ。アニメの出来としては悪くなかったと思うので、原作が好きな人は楽しめたんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.07

Wikiサービスはブレイクするか

ライブドア、「livedoor Wiki」ベータサービスを開始(Internet Watchより)

Wikiも、ついにlivedoorがサービス化を開始します。これも広がるんでしょうか。Blogは一言で説明すれば「Web日記」で大体の人は理解できますが、Wikiを一言で説明するいい言葉はありませんかね。これって、利用者が増えるかどうかの、一つの大きな要素だと思うのですが。

私が考えるに、まず一番多く使われそうな用途としては、有名人のファンサイトではないでしょうか。今まではウェブマスターが一人でHTMLをシコシコ書いてましたが、Wikiにすれば、例えばミュージシャンならバイオグラフィー、ディスコグラフィー、ライブ情報、TV/ラジオ出演情報などが、ファン同士の書き込みによってどんどん発展していきます。ウェブマスターがちょっと浮気しても、誰かが更新してくれますしね。

でもアホな私には、それくらいしか使い道が思いつきませんね・・・。サービス化によって、きっとまた考えも付かないような使い方をする人が出てくるんでしょうね。楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.07.06

名古屋の不思議/@nifty編

名古屋コネタ集が出ます!(デイリーポータルZ制作日記より)

ニフティBBフェスタのデイリーポータルコーナーの物販のところで先行販売していたので買いました。「名古屋の不思議」。なぜか作者は「@nifty 編」となってます。DPZの名前なし。

基本的にはすでにDPZでやっていた「名古屋コネタ60本ノック」を再編集したものになってます。文庫本で、中はパートカラーっていえばいいのか?半分くらいカラーページで、「おとなの自由研究」より豪華。

タイトルは「名古屋の不思議」ですが、中身の2/3は食べ物の話。特に最初のほうはカロリー高そうな食べ物のオンパレードで、すきっ腹でも読むだけで胸焼けします(^^;でもうまそうなんですよ。

DPZファンとしては、ネタごとのライターさんの名前が載っていないのがちょっと寂しいですね。あと、古賀さんのオーバーアクションが載ってないのが寂しい(笑)。

この本持って名古屋に行ってみたくなりました。DPZ的名古屋ガイド本として、オススメします。

名古屋の不思議(amazon)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.04

ディスクアニマル四種

HDDレコーダーに録りだめていた、仮面ライダー響鬼をまとめて観ていたら、つい、カッとなって・・・。

P10000890001
ディスクアニマル買っちゃいました。しかも4種類。

P10000950005
こんなディスクが・・・。

P10000940004
ラブリーな動物たちに。ちなみに買ったのはタカ、サル、オオカミ、カエルです。

P10000960006
しかも裏面はすごいネジの数。一枚に4~50本は使ってます。良く出来てる。

面白いんで何度も変形させて遊んでたけど、何だか関節がバカになってきそうなのと、塗装が剥げてきそうなので、変形させたまましばらく飾っておきます。動物に囲まれる暮らし。

やばいなぁ。残りの4つも買っちゃいそうです。オレってダメ大人・・・orz。

ディスクアニマル01 アカネタカ
ディスクアニマル02 ルリオオカミ
ディスクアニマル03 リョクオオザル
ディスクアニマル08 セイジカエル
(全てamazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま ! 麻帆良学園中等部2-A Magic 1 (初回限定版)(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

週刊少年マガジン連載の漫画のアニメ化です。えっとジャンルは「赤松漫画」でいいですか(^^; 女子中学校に赴任した10歳の先生(実は魔法使いの見習い)のお話です。クラスの子全員に声優さんを当てて歌を歌わせたり、放送当初作画のひどさに非難の嵐だったり、主題歌をオリコン一位にしようと祭りが起こったりと、話題の尽きないアニメでした。最後はヒロイン急死というアニメオリジナルの展開で、また騒ぎになりましたが、終わらせ方としては大団円で良かったんではないでしょうか。連載中の漫画のアニメ化って、最後どう終わらせるかはアニメスタッフの手腕によるところが大きいんですが、これは成功している例だと思います。

で、どうせキャラクターグッズはまだまだ出まくるんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガオガイガーFINAL GGG

勇者王ガオガイガー FINAL Vol.1(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

ガオガイガーは、昔夕方にTV放送していたロボットアニメですね。この作品はカルト的な人気がある作品なんですが、私は全然観てなかったので、特に思い入れはありません。で、今回の放送、熱血ロボットモノというのは知ってましたが、あまりにもピンチと逆転がめまぐるしく起こるので、「ずいぶんせわしないアニメだなぁ」と思って観てました。で、観終わってからネットでいろいろ調べたら、元々は「ガオガイガーFINAL」というOVAがあって、それをTV放送用にリメイクしたんですね。なるほど。それなら展開の速さも納得です。

まあ、結論としては、思い入れのある人以外は、面白さも半減ということですね。

ちなみに、関連する物語として出てきた、「ベターマン」は半分くらい観てました。面白かったという記憶はありますが、どんな話かは覚えてません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.02

ニフティBBフェスタに行ってきた。

東京国際フォーラムで行われた「ニフティBBフェスタ」に行ってきました。
朝から行きたかったけど体調がよろしくなく、結局昼過ぎに目が覚めてから行ったので、会場に着いたのは午後3時過ぎ。眞鍋さんのイベントは終わってました。

デイリーポータルのコーナーはこんな感じで大盛況。
P10000740001
ていうか、やはり遅れていったため、CDももらえず、Tシャツもサイズ的に売り切れ、俺ガチャも空っぽで、かなり出遅れた感じでした。自業自得なんだけど、かなり残念。

でも、
P10000750002
一万回かき混ぜた(そこまで混ぜてない?)納豆や、
P10000760003
周りのリクエストで淡々と絵を描く、ヨシダさんとべつやくさんや、
P10000860009
ラジオ公開録音的なことをしていた、クラムチャウダー・シベリア・アタックのみなさんや、
P10000880010
ライブでフラッシュゲームを作っていた、おぎわらさんなどが見れました。

そのほか、DPZでおなじみのライターさん達がそこらじゅうで見られたので、ちょっとミーハー気分でした。

で、ウェブマスターの林さんにサインを頂きました。
P10000840008
どこにかというと、これ。
P10000900011
「1000円あげるから」で採用されて送られてきた、1000円の商品券が入っていた封筒です。当選者特権ということで。

とりあえず、林さんをはじめ、ライターのみなさんはすげー忙しそうでした。ごくろうさまでした。そしてすげー人でした。DPZ人気あるんだなぁ。今度はやはり個展にしてください。もっと広いところでじっくり見たいので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.01

こみっくパーティーRevolution

こみっくパーティーRevolution DVD-BOX1<初回限定生産>(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

元々はゲームが原作ですが、確かアニメ化は2度目かな?ちょっと今更な感じ。内容は一話完結のパロディアニメでした。つまり元ネタが分からない面白くないと。まあオタク相手に作ってるアニメだろうから、それはそれでいいんでしょうけど。アニメの出来は悪くなかったです。

個人的には、主人公役が菊池正美さんという時点で、もうネタなんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のBBフェスタはDPZがすごいことに!

BBフェスタ東京会場、デイリーポータルゾーンの全貌(デイリーポータルZより)

去年はキムタケさんを観にBBフェスタに行ったわけなんですが、今年は「デイリーポータルゾーン」目的で行きます、BBフェスタ。眞鍋某さんはどうでもいいです。うそ。観たい。

去年は東京以外の会場でデイリーポータルZがコーナーを出して、東京は個展みたいなのをやる、と言っていたので、ずーーっと待っていたんですが、結局一年経って今年のBBフェスタで東京初お目見えになりました。

それにしてもなに?この充実したスケジュール。一日中会場にいろっていうんでしょうか。でも全部みたい。みたいなぁ・・・。せっかくなんで、物販もガンガン買っていきたいところです。

行ったらまた報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »