« 硝子の靡風/KOTOKO | トップページ | ライブドアの無線LAN戦略 »

2005.06.14

六輔、その世界史/永六輔

六輔、その世界史―学校ごっこ(amazon)

こんなことを口に出して言ったら、周りから引かれそうな気がするんですが(失礼!)、実は永六輔さんって結構好きなんですよ。
巷ではウンチク爺さんとか説教爺さんみたいなイメージだと思いますが、土曜朝のラジオとか聴いていると、結構毒もはくし、いいかげんなことを言ったりもします。それでも許されるのは、永さんの人柄なんでしょうね。私もそういう爺さんになりたいです。身内からは嫌われそうですが(笑)。

この本は、「学校ごっこ」という、定期的に行われている講座の講義録です。題名には世界史と書かれていますが、中身は歴史・宗教・医療・職人・世相(マスコミ)・教育という6つの章に分かれています。内容は、ウンチクと説教が目白押しで、思わず感心してしまうのですが、その中に、永さんの独自説とかももっともらしく盛り込まれていて危険です(笑)。文中で永さんは「これは学校”ごっこ”なんだから、教師の言うことは疑ってかかるように」と逃げていますけど、その独自説が結構過激だったりして、楽しませてくれます。

本文中で興味を引いたのは「世界職人会議」の節。子供の頃は職人というものにあこがれていたので、今の日本の職人文化に変化がおきているということに、特に関心しました。

永さんのしゃべり口調がそのまま本になっているので、それが気にならない人にはオススメの本です。

|

« 硝子の靡風/KOTOKO | トップページ | ライブドアの無線LAN戦略 »

コメント

こんばんは.
土曜のラジオは私も好きで以前よく聴いていました.
今は大体仕事があるのであまり聞けなくて残念です.
この本もチェックしてみたいと思います(^^)/

投稿: ko-hi | 2005.06.17 00:44

コメントありがとうございます。
ラジオ、面白いですよね。永さんはいろいろ知っていて本当に感心します。
本のほうもぜひ読んでみてください。

投稿: とらお | 2005.06.17 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/4554187

この記事へのトラックバック一覧です: 六輔、その世界史/永六輔:

« 硝子の靡風/KOTOKO | トップページ | ライブドアの無線LAN戦略 »